TOP > > 逆流性食道炎とストレスの意外な関係と逆流性食道炎の予防法について

逆流性食道炎とストレスの意外な関係と逆流性食道炎の予防法について

若い頃は平気だったのに、年齢を重ねてから脂っこいものを食べると胸焼けすることがあります。こういう時、自分も年をとったのかな?なんて思ってしまいますが、特に脂っこいものを食べたわけでもないのに、胸焼けのような症状を感じることがあります。

さらに吐き気はしないものの、酸っぱいような胃酸が上がってくるような感覚もあります。あまりにも頻繁に続く時は、もしかしたら逆流性食道炎の可能性があるかもしれません。

逆流性食道炎が起きる原因

一般的に逆流性食道炎になる原因は、食べてすぐ横になるとか、大量に食べる、姿勢が悪いなど、ある程度自分でも原因が思い当たるものです。しかし、なかには特に思い当たる原因がないのに、常に胃から食べたものが逆流しているように感じることがあります。

経験したことがある人ならわかると思いますが、常に胸がムカムカしてしまうので、食事をするのが怖くなってしまうこともあります。

他にもあった逆流性食道炎の意外な原因

逆流性食道炎という状態は、下部食道括約筋というあまり聞きなれない部分に問題が起きることで胸焼けや酸っぱいものがこみ上げてくるようになります。

食事で食べたものは飲み込み、食道を通り胃に収まりますね。この時胃から食べたものが逆流しないようにフタのような役目をしているのが、下部食道括約筋です。

例えば食べてすぐ横になった時、本来上を向いているはずの胃も横になってしまうので、下部食道括約筋があっても食べたものが逆流しやすくなります。お腹いっぱいになるまで食べ過ぎてしまった時も、胃から食べたものが逆流しやすいのでこれもなんとなく理解できますね。

しかし下部食道括約筋を緩ませてしまうのは、他にも原因があるのです。一番多い原因がストレスだと言われています。

過度のストレスを受けると胃酸がいつもより多めに分泌されるのですが、この状態を胃酸過多といいますね。胃酸過多になっても胃壁は胃酸に強くできているので問題ないのですが、下部食道括約筋はそれほど胃酸に強くありません。

ストレスから胃酸過多になることで、下部食道括約筋の機能を低下させてしまう、これがストレスで逆流性食道炎になりやすい原因なのです。

ストレス解消法が症状を悪化させる?

この場合は原因となるストレスを解消することが一番なのですが、ストレス解消法にもちょっとだけ注意が必要です。

人によってストレス解消法もいろいろですが、お酒でストレスを解消しようとしてしまう場合は逆流性食道炎を悪化させることもあるので注意しましょう。

実はアルコールも種類によっては、胃酸過多になりやすいのです。アルコール度数が高いお酒ほど胃酸も多く分泌されてしまうので、ストレスを解消するはずがかえって逆流性食道炎になりやすい状態を作ってしまいます。

お酒を飲めば嫌なことが忘れられるという部分もありますが、飲む場合はあまりアルコール度数の高いものは避け、量もほどほどにしておくのが良さそうですね。

逆流性食道炎になってしまったら

ストレス以外にも逆流性食道炎になる理由がいくつかあります。

加齢による機能の低下、運動不足、甘いものの食べ過ぎ、脂っこいものの食べ過ぎ、カフェインの摂り過ぎなどがあります。

生活習慣や食生活の見直しをすることで、症状が改善されることもあります。また初期の状態であれば市販の薬でも症状が改善されることもありますが、長引く場合は念のため病院に行って診察をしてもらうことをおすすめします。

逆流性食道炎も病気の一種なので、適切な治療をしなければ症状が悪化していきます。胃酸は食道にかなりのダメージを与えるので、炎症を起こし食べることもままならなくなる可能性もあります。

なかにはただの逆流性食道炎だと思い込み軽く考えていた人が、実は食道がんだったというケースもあるので、長引く場合は早めに対処することも大切です。

ストレス解消法も自分にあった方法を見つけていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る