TOP > > 逆流性食道炎には治療が必要!お勧めの科と治療内容について

逆流性食道炎には治療が必要!お勧めの科と治療内容について

逆流性食道炎は、年々増え続けている病気の一つです。また、患者数が増えたことで、「逆流性食道炎くらいなら、病院に行く必要がない」と考えている人もいます。

しかし、逆流性食道炎は、しっかり治療しておいた方が良い病気なのですよ。そこで今回は、逆流性食道炎にかかった際のお勧め科と、病院での治療内容をご紹介します。

逆流性食道炎にかかった際のお勧め科について!

逆流性食道炎は、脂分の多い食生活を好んでいる人、太っている人、高齢者などがかかりやすいと言われています。また、妊娠中の女性も、胃を圧迫されやすい事から、逆流性食道炎にかかる人が多いです。

でも、いざ逆流性食道炎にかかった場合、いったい何科を受診したらよいのでしょうか?やはり胃腸科、消化器科が専門と言う事になります。

また、内科も逆流性食道炎の治療に適しています。逆流性食道炎が疑われる方は、胃腸科、消化器科、内科などを受診してみて下さい!

逆流性食道炎の治療方法について!

胃もたれ、胸やけ、胸の痛み、声のかすれなど、逆流性食道炎の症状が出た方は、胃腸科、消化器科、内科などを受診して、治療を受ける必要があります。でも病院では、いったいどのような治療が、行われているのでしょうか?

もちろん病状やドクターの考えによって、治療方法は異なります。そこで逆流性食道炎の治療として、良く用いられる方法を3つご紹介します。

1つ目の治療法は、「薬物療法」です。逆流性食道炎の治療は、薬物療法が主軸となります。食道の粘膜を保護する薬や、胃酸を中和する薬、胃酸の分泌を抑制する薬などが用いられます。逆流性食道炎は、以上のような薬を服用する事で、比較的早く症状が落ち着きます。

しかし、症状が落ち着いたからと言って、くすりの服用を中止すると、逆流性食道炎の症状が再び現れる事が多いです。その為、自己判断で薬の服用を中止する事は控えて下さい。薬に関しては、ドクターの指示に従う事が大切ですよ!

2つ目の治療法は、「手術」です。ただ、逆流性食道炎の治療で、手術が行われることは、それほど多くありません。薬が効かない方など、かなり重症化した方が行う事が多いようです。また、最近は体に負担の少ない、腹腔鏡を用いた手術が増加しています。

3つ目の治療法は、「食事療法」です。逆流性食道炎は、食生活と切っても切れない関係にあります。その為、食生活の改善は、必須となります。では、どのように改善すれば良いのでしょうか?

肉などの脂っぽいものを控える、野菜をたくさん食べる、アルコールやカフェイン飲料など、刺激の強いものは避けるなどです。このように食生活の改善をする事で、逆流性食道炎がスッキリ治る人も多いですよ。

以上のように、逆流性食道炎の治療は、薬物療法、手術、食事療法などがあります。病気の症状に合わせて、いずれかの治療が施されることが多いです。逆流性食道炎が疑われる方は、早めに治療に取り掛かって、嫌な胸やけや胃もたれを解消させましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る