TOP > > ストレスの多い日本人に急増!この症状は逆流性食道炎?

ストレスの多い日本人に急増!この症状は逆流性食道炎?

日本人に増えている逆流性食道炎

「逆流性食道炎」はもともと日本人には少ない病気でしたが、最近はこの病気にかかる人が日本人にも増えています。逆流性食道炎というのは、胃液が胃から食道へ逆流するために起こる病気です。

なぜ逆流性食道炎が日本人に増えているかというと、ストレスや食生活の変化も原因になっているようです。逆流性食道炎とは、どのような病気なのでしょうか?

通常は逆流しないはずの胃液が…

まず、逆流性食道炎の原因になっている胃液について説明しましょう。胃液というのは胃の中で分泌されている消化液です。私達が食事から取り込んだ食物を消化したり菌を殺菌する役割があります。

胃液は胃酸という塩酸と酵素液からできています。胃液が食物を溶かすのは胃酸が強い酸性による作用です。しかし胃自体は胃液によって溶けることはありません。これは胃が胃液を分泌する時に胃粘膜を出し、胃壁を胃液から保護しているからです。

胃が弱ると胃液から胃壁を守る機能が低下し、胃液によって胃壁に炎症を起こすことがあります。これが胃潰瘍です。ひどい時は胃液によって胃に穿孔を起こすこともあるくらいです。

胃とつながっている食道には、胃のように胃液から自らを保護する機能はありません。もし胃液が胃から逆流してしまうと食道に炎症を起こしてしまうので、下部食道括約筋によって胃の入り口(噴門部)を閉めて胃液が逆流しないようにしています。

食事をして食物が食道から胃に入る時は噴門部を広げ、食事以外では噴門部を閉めているのです。ところが、何らかの原因でこの機能が弱まってしまうと胃から逆流しないはずの胃液が食道へ逆流してしまうようになるのです。

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎には次のような症状があります。

・胸焼け
・酸っぱいげっぷが出る(呑酸)
・みぞおちや胸の痛み
・咳
・喉の痛み
・声の枯れ
・腹部の膨満感
・嘔吐
・横になると胃液が逆流してくる

逆流性食道炎の要因

「脂肪の多い食事」

脂肪が多いと下部食道括約筋がゆるむことや胃液の分泌が増える点から、胃液が逆流しやすくなります。日本人は食文化の欧米化により、肉やバターといった高脂肪の食事をとることが増えてきたために逆流性食道炎にかかる人が増えてきました。

「たんぱく質・甘い物の摂り過ぎ」

甘い物も脂肪同様に胃酸を分泌させるので食べ過ぎは良くありません。たんぱく質は胃に長くとどまるために胃液が食道に逆流しやすくなります。

「ストレス」

ストレスによって食道の機能が低下するために発症しやすくなります。

「肥満の人・妊婦」

胃が圧迫されるために胃液が逆流しやすくなります。

「加齢」

加齢によって下腹部括約筋がゆるみやすくなり、胃液の逆流が起こりやすくなります。

「背中の曲がっている人」

前かがみの姿勢によって胃が圧迫され胃液が逆流しやすくなります。

「ピロリ菌を除菌した後」

胃にピロリ菌がいると胃液が少なくなるために逆流性食道炎にかかりにくいとされていますが、ピロリ菌を除菌すると一時的に胃液の分泌が増えて逆流性食道炎を発症しやすくなる場合があるともいわれています。

ただし、必ず発症するわけではありませんし、むしろピロリ菌を除菌することのほうがメリットが大きいので除菌を控える必要はありません。

逆流性食道炎の対策

症状に心当たりのある人は受診して検査を受けることをおすすめします。問診のほか内視鏡検査などで逆流性食道炎かどうかが分かります。治療には胃酸を抑制する薬や胃の粘膜を保護する薬などが用いられます。

治療を受ければ症状は改善されますし放置しておくと重症化したり食道がんなど他の病気を引き起こすこともあるので、逆流性食道炎は放置しないできちんと治療を行いましょう。日常生活で発症を防いだり症状を改善するには

・脂肪分、たんぱく質、甘い物を過剰摂取しない
・辛い物・酸っぱい物といった刺激の強い物を控える
・カフェインを多く含む物を控える
・姿勢を良くする
・肥満を解消させる
・食後すぐ横にならない
・お腹を圧迫するような服装を避ける

といった対策を心がけるのが効果的です。逆流性食道炎の症状は、他の消化器の病気の症状と似ているので、自己判断では判別しにくいものです。他の病気からきている症状という場合もありますのでいずれにしても受診することをおすすめします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る