TOP > > 致死率100%!?狂犬病に感染した人の症状と予防接種の重要性

致死率100%!?狂犬病に感染した人の症状と予防接種の重要性

Fotolia_41495025_Subscription_XXL

現在の日本では狂犬病予防の注射が義務付けられています。犬を飼っている方は必ず注射を受けさせているはずです。今回は意外と知られていない狂犬病について解説していきます。これを機により狂犬病予防の注射への理解を深めましょう!

なんと致死率はほぼ100%!まず始めに狂犬病の脅威を知ろう

まず狂犬病とはどんな病気なのか、そして国内における狂犬病の歴史と現状を紹介していきます。

狂犬病とはどんな病気なのか

狂犬病とは狂犬病ウィルスによる感染症のことを言います。狂犬病という名前が付いていますが感染源は犬に限りません。ウィルスを保有する主な動物は野生の犬・猫・コウモリ・キツネ等になります。

狂犬病は全ての恒温動物に感染する可能性があります。もちろん人間にも感染します。ウィルスを保有する動物に噛まれたり引っかかれたりすることで感染することが分かっています。

狂犬病の怖さは脅威の致死率

狂犬病の怖いところはその致死率です。感染後に発症してしまうと、その致死率はほぼ100%に達するのです。100人狂犬病に感染して生還するのは1人いれば奇跡くらいの確率になります。

狂犬病の現状は?予防接種が義務付けられた日本では安全なのか

shutterstock_1101152092

現在、日本では狂犬病の予防注射が義務付けられています。よって過剰に心配する必要はありません。ですが過去には狂犬病との壮絶な闘いがあったのです。

日本の狂犬病事情

1950年以前の日本では狂犬病に感染するケースが多く見られました。前項でも説明したように致死率が高い感染症なので、感染者のほとんどが死亡するという悲惨な現状でした。

その後、昭和25年に狂犬病予防法が施行され飼い犬への予防注射が義務付けられました。これにより国内で狂犬病に感染・発症する事例は急激に減り、1957年を最後に国内での感染は確認されていません。

国内での感染リスクを心配する必要はないものの、予防注射が徹底されていない海外での感染リスクはゼロではありません。2006年に日本人がフィリピンで狂犬病に感染、帰国後に発症して死亡したという事例があります。

海外の場合はまた話が違う

海外では狂犬病の注射が義務付けられていない国も多く、感染のリスクがあることを頭に入れておきましょう。特に東南アジアやアフリカに旅行する際は注意が必要です。

現在も全世界では毎年5万人ほどの人が狂犬病で命を落としています。日本ではあまりピンとこない話かもしれませんが、世界に目を向けると未だに深刻な問題であることが分かると思います。

発熱から10日前後で死亡に…狂犬病に感染した場合の経緯とその症状

shutterstock_1071458122

実際に人間が狂犬病を発症するとどのような症状が起こるのでしょうか? 狂犬病の恐ろしさを知って、より予防注射への理解を深めていただけると幸いです。

潜伏期

人間が狂犬病にかかった場合の潜伏期は、およそ20日~2ヶ月ほどと言われています。中には半年以上経ってから発症するケースもあるそうです。では次に発症後にどのような経緯を辿るのかを紹介します。

前駆期

発症後、2日~10日間の間を前駆期と言います。この期間には風邪のような軽い症状が現れ始めます。前駆期の主な症状には以下のものがあります。

  • 微熱
  • 食欲不振
  • 倦怠感
  • 吐き気・嘔吐
  • 頭痛

急性神経症状期

前駆期の後に急性期が訪れます。これはの期間によっても異なりますが発症の3日後~10日後くらいになります。期間にすると2日~7日間ほど続きます。主な症状には以下のものがあります。

  • 不安感
  • 水分をほしがる
  • 脱水症状
  • 麻痺

昏睡期

前駆期と急性期を経て、呼吸困難により死亡します。発症から死亡までの期間は10日前後のケースが多いとされています。致死率はほぼ100%、治療法もない恐ろしい病です。

ちなみに急性期を経ないまま、いきなり全身に麻痺を起す『麻痺型』というタイプの狂犬病もあります。

どこで?どうやって?狂犬病の予防注射についての基礎知識

shutterstock_2034537852

予防注射はどこで受ければいいのか? これから初めて犬を飼おうと思っている方に、狂犬病の予防注射の基本知識を説明していきます。

予防注射が必要な理由とは?

国内での感染は何十年も発症されていない中、本当に予防注射が必要なのかと疑問に感じる方もいると思います。ですが狂犬病の予防注射は義務ですので必ず受けさせるようにしましょう。

犬を飼う場合には地区町村への登録、さらに年に1度必ず狂犬病の予防注射を受けさせることが義務付けられています。犬を登録した際には犬の鑑札が発行され、予防注射を受けさせた際には注射済票が発行される仕組みとなっています。

回数やタイミング

狂犬病の予防注射は、生涯で1度受ければ良いと思い込んでいる方も多いのではないでしょうか? ですがこれは間違いです。現在、日本では1年に1度必ず予防注射を受け、それを生涯継続していくことが義務付けられています。

予防注射は毎年4月~6月に受けるということが決まっています。この期間以外に犬を飼い始めた場合は30日以内に接種する必要があります。また何らかの事情で4月~6月の期間を逃してしまった場合は、動物病院で迅速に受けさせましょう。

注射を受けるにはどうすればいいのか

狂犬病の予防注射を受ける方法は主に2通りあります。

①まずは市の集合注射を利用する方法です。これは公民館や地域の施設など、決められた場所に飼い犬を連れて行って集団で注射を受ける方法です。

②もうひとつは動物病院で接種する方法です。事前に体温を測ったり、細かいケアが行われるので時間や金銭的な余裕がある方は動物病院を利用することをお勧めします。

分からないことがあるようなら、市町村や行きつけの動物病院に相談するようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る