TOP > 思春期

誰もが経験する思春期

子どもから大人に変わり、生殖活動ができるようになることを人間社会では思春期と呼んで、大きな節目としています。思春期は不安定な時期でもありますからいろいろなことが起こってもおかしなことではなく、病気でもなんでもありません。

思春期とは

思春期を誰もが過ごしてきたことは間違いないですが、思春期は第二次成長が始まってから終わるまでの間、生殖活動ができるようになる時までとされています。一般的に14才前後が思春期を迎える時期として最も多いと言われています。

思春期には様々な変化が起こります。まずわかりやすいところでは女性と男性では体つきが変わります。男性は筋肉が発達していき、ガッチリとしていきますし、声変わりをして低い声に変わります。女性は女性らしく丸みをおびた体に変わります。

見た目の変化もそうですが、ちょうど精神的にも子供と大人の境目ということもあって非常に不安定な時期でもあります。ですから反抗期があったり、青春と言われる恋愛があったりするのです。

・思春期は大切な期間です
思春期は「育てられる子」から「自ら育つ個」への成長の時

思春期をどう受け入れるか

思春期は今大人になっている人たちでも当たり前のように過ごしてきた時期です。思春期の時代に悪さをした人もいれば、特に大きな変化はなかったという人もいて、千差万別です。しかし病気でもなんでもありませんから、いかに大人への過程を受け入れるかが大事です

・ストレスをのりこえるために
思春期に入るまでに必要な適度なストレスを乗り越える体験とは

子どもから大人になるために必要なことである、と理解して周りの大人達が上手に導いていく必要があるでしょう。特に反抗期の対応は難しいかもしれませんが、子ども自身も自分自身の変化を受け入れるのに苦労しているのです。その苦しみをわかってあげることが第一歩かもしれません。

・第二の思春期って?
20代前半の人に送る第二の思春期の健康対策と過ごし方

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る