TOP > > 家族を精神科へ受診させる前にやるべきこと

家族を精神科へ受診させる前にやるべきこと

どの家庭でも起こりうる心の病

「こころの時代」と言われる現在、うつ病やその他の心の病気にかかる人は増えて自殺者も多い為、メンタルヘルスに力が入れられています。しかしながら、実際に身近な家族に精神疾患が疑われる時に、どこへ相談すべきか、どんな病院があり、どうやって受診すべきかというのが分からない人が多いようです。

精神科にかかることで、負のレッテルを貼られていた時代がありました。その影響からか、今でも相談することをためらい、隠そうとする家族もいます。今や、心の病はどの家庭でも起こりうることとして捉え、早く対処することが大切です。

「通いやすい」は病院選びのポイント

各地域にある心療内科や精神科病院の一覧が、保健所や、精神保健福祉センターで出してもらえると思います。たずねてみてください。各病院により専門分野や特色があるので、インターネットなどで調べてから病院を決めることをお勧めします。

そして、病院を選ぶ際のポイントの一つとして、家から近い病院や、公共交通機関で通いやすい病院が良いでしょう。通院しやすい環境は、治療継続のためにとても大切です。

ソーシャルワーカーは強い見方!

病院が決まったら、まずその病院に電話をし、初診であることを伝えます。病院によっては、受付からソーシャルワーカーへ電話を繋いでくれるところが多いようです。

もし入院治療をする可能性が高い場合などは、ソーシャルワーカーに病床が空いているかどうかを確認することをお勧めします。ソーシャルワーカーは、入院時や退院時など、本人・家族の色々な相談に乗ってくれる強い見方です。

初診日までにすべきこと

家族が、初診日までにすべきことは、本人の精神疾患が疑われるようになった経緯をまとめておくことです。メモを見ながら話をすると、よりスムーズでしょう。初診では、詳しい情報が求められるのです。

精神科の既往歴だけでなく、他の科での入院歴、通院歴なども尋ねられることがありますが、同伴の家族が、把握していないケースも多いようです。

初めての受診

精神疾患が疑われる本人は、当日になって受診を拒んだり、一人で行くというかもしれません。しかし、より正確な情報を家族から聴取した方が、診察の際もいいと思います。また、もし入院が必要と判断された時は、家族の同意が必要なパターンも多い為、同伴するようにしましょう。

精神科の治療

外来受診は、始めは週1回からスタートする場合もあります。経過を見て、状態が落ち着いてきたら受診回数は減っていくでしょう。精神疾患があっても、今は良いお薬が出ていて予後が良いケースが増えています。

本人も家族も絶望的にならずに、少しでも早く治療を開始しましょう。色々な制度や施設を利用しながら、その人に合った人生を送れるように回復の道を探していけたらいいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る