TOP > > 若い人に増えている夕方老眼や週末老眼の予防と対策について

若い人に増えている夕方老眼や週末老眼の予防と対策について

老眼になると近くの物が見えにくくなったり、細かい文字が見えにくくなるので、老眼鏡が必要になってきますね。これは視力に関係なく、目の老化現象なので誰でもいつかは経験する事ですね。

しかし今、まだまだ老眼鏡とは程遠い年齢の人達の間で、夕方老眼や週末老眼などの現象が増えているといいます。若いのに老眼になってしまうというのも悲しい事に思えてしまいますが、この背景にはインターネットの普及も大きく関係しているようです。

夕方老眼や週末老眼の原因

パソコン、携帯、スマートフォンを使う時は、どうしても画面を凝視してしまうので、無意識に目を酷使してしまいます。

老眼の場合はピントを合わせる機能が衰えるのが原因ですが、実は目を酷使する事で眼精疲労を起こし、それが蓄積される事で若い人も夕方老眼や週末老眼になってしまうと考えられています。

老眼の他に夕方とか週末と付いていますが、これは1日の終わり、1週間の終わりに疲れがたまってしまうので、目の疲れが老眼と同じような状態を作り出してしまうのです。

目を酷使してしまった時、目の奥に痛みを感じたり、目を開けているのも辛い事があります。パソコンやスマートフォンの画面を凝視してしまうと瞬きの回数も減っていくので、さらにドライアイという問題も出てきます。

これを解決するためには、パソコンやスマートフォンを使う時間を減らすのが一番ですが、仕事で必要な場合はそう簡単にはいきません。

夕方老眼や週末老眼にならない工夫

まずパソコンやスマートフォンを使う場合は、意識して瞬きの回数を増やしましょう。可能であれば数秒間でも目をつぶったままにしておけば、ドライアイを防ぐ事はできます。夢中になると画面を凝視してしまうので、意識して瞬きしてみてください。

仕事の場合は仕方ない部分もありますが、集中力が続く時間もある程度決まっています。集中力が途切れた時は休憩を挟む事もありますね。この時に背伸びをしたり目の周りをマッサージするのも効果的です。

眼精疲労も、見方を変えると目の筋肉を使いすぎた事で起こる筋肉疲労です。足が筋肉痛になった時には少し筋肉を休めると痛みも徐々に和らいでいきますね。

目には足のように湿布を貼るというわけには行かないので、休憩させる事も意識してみましょう。

夕方老眼や週末老眼の解消法

夕方老眼や週末老眼だけでなく、中年以降の老眼、眼精疲労、ドライアイなど幅広く活用できるとても簡単な対処法を紹介します。

蒸しタオルを目に当てて温めるのが一番の対処法だとされていますが、蒸しタオルを用意できない時もそれに変わる方法があります。

私自身も目を酷使してしまうのですが、毎回蒸しタオルを用意するのが面倒だったので、代わりにチャック式のビニールパックを使っています。この場合は熱い物にも耐えられる種類を選ばないと熱さで破けてしまう事もあるので注意してください。

チャック式のビニールパックにポットのお湯を2センチくらい入れます。あまり入れすぎると火傷してしまうので量は少なめの方がおすすめです。チャックをしっかりとしめたら、目の上にタオルを乗せてその上からビニールパックを当てます。

この時仰向けに寝転がるとやりやすいと思います。タオルが厚すぎると熱が伝わらないので、少し薄めのタオルで調節してみてください。初めての場合は腕などで確認してからの方が安全です。

じんわりと暖かくなると目の痛みも和らいでいきます。時間としてはあくまでも私の方法ですが、最初にタオルを当てぬるくなったと感じたら、今度はティシュペーパーやキッチンペーパーをタオルと交換します。

ビニールパックには保温効果はないので時間が経つと少しずつ冷めていきますが、まだ暖かいのでこれでも十分温パック効果を実感できます。

最終的にはビニールパックを直接目の上に乗せますが、ほどよく冷めているので熱すぎる事もなくちょうどいい温度です。お湯が冷めぬるくなったと感じたら終了です。

この方法なら毎回タオルを濡らして温めてという手間もかからないし、会社でもポットとビニールパックやハンカチがあればできるので昼休みにもできますね。ビニールパックも繰り返し使えますし、とても簡単で便利なのに、しっかりと効果を実感できるのでおすすめです。

ビニールパックを使った温パックの後は、目の痛みも疲れも取れてとてもスッキリします。今日からでも実践できるので是非お試し下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る