TOP > > 老眼は目の「老い」。老化の進行を遅らせるためにすべきこと

老眼は目の「老い」。老化の進行を遅らせるためにすべきこと

体の衰えは気付きやすいものですが、目も同時に老いて行くことを考えるきっかけはあまりないのではないでしょうか。最近なんとなく近くが見づらくなったなと感じたら、疲れ目ではなく老眼の始まりの可能性もあります。早めに出来る予防対策とはどういったものがあるのでしょうか?

老眼は想像以上に早く始まっている

老眼と聞いてイメージする年代はいくつくらいでしょう?多くの人が高齢者の老眼を想像していると思いますが、おおよそ40才前後には老眼が始まるのが当たり前とされています。

しかし40代というと働き盛りでハツラツと過ごしているため、なかなか自分が老眼だと気付かなかったり、受け入れられなかったりする人が多いようです。

しかしこの「老眼」、なんと10代からすでに始まっているのです。焦点を合わせる調整力の低下が30年ほどもかけてゆっくり、ゆっくりと進行し、40才前後に達して始めて自覚症状として現れるのです。

老眼を進行させるものとは?

老眼を進行させるのはズバリ、加齢です。

年を取ると肌や筋肉が衰えるように、眼球の中にある水晶体や毛様体なども同じように衰えて行きます。さらに現代では目を酷使する機会も多いため、眼球を健康な状態に保つことが難しい環境にあるとも言えます。

肌や筋肉の老化はケアで食い止めることも可能ですが、眼球の中をケアすることは難しいために、老眼にならないで一生を過ごすことはほぼ不可能なのです。

老眼であることを認めよう

老眼=お年寄り、というイメージが定着しているがために、変化を受け入れられずに対応が遅れるケースがとても多いのですが、まずは自分が老眼であることを認めなければ正しい対処は出来ません。

老いを嫌い、拒否する風潮が強くありますが、症状を無視しても良いことは何もありません。目の不調が続いたら早めに眼科を受診しましょう。

進行を遅らせるために出来ること

ピント合わせ体操を行う

日頃、焦点を合わせる距離はどうしても生活範囲内にとどまってしまいます。特に最近では携帯を見つめる時間が増えたために、焦点を結ぶ距離が近づいてばかりになりがちです。

近くの物を見たら遠くの物を見る、この繰り返しがピントを合わせるトレーニングになります。見えない物に無理に焦点を合わせるのではなく、力を入れずにぼんやりと見つめるのがコツです。

見えないからと言ってどんどん手元の物を遠ざけない

物を遠ざけて見れば見るほど、例えば新聞であれば字も遠ざかって小さくなってしまいます。そのような物を目をこらして見つめるのは、目の疲れを招いて老眼の進行を促すことになりかねません。

早めに老眼用のメガネを作る

メガネを使うと早く老眼が進行する、という密かなウワサがありますが、これはメガネをかけ始めると、外した後との差が大きいために「より見えなくなった」と感じがちなだけで、実際には無理に裸眼や老眼用ではないメガネで物を見続ける方が悪化が早いのです。

目や目のまわりの筋肉をよく動かす

老化に繋がる大きな原因は血の滞りです。眼球を8の字に動かすストレッチや、ギュッと強く目をつぶる目のまわりの筋肉のトレーニングを意識して行いましょう。体を動かすと体温が上がるのは血がよく流れるからですが、目や目のまわりも、動かすことで血流を促すことが出来ます。

40代がこれほど元気で若々しくなった時代には、「老眼=老い」というイメージそのものがもはや古いのかもしれません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る