TOP > > 若い人でも発症?老眼鏡の世話になる前に知っておきたい老眼の特徴

若い人でも発症?老眼鏡の世話になる前に知っておきたい老眼の特徴

遠視とは違う老視(老眼)

目の屈折異常が起こると、近視、遠視、乱視が起こります。

近視

遠くに焦点が合いにくくなり、近くはよく見えるが遠くが見えなくなる。

遠視

近くに焦点が合いにくくなり、遠くはよく見えるが近くは見えにくくなる。

乱視

焦点が合わせにくく、ものが二重に見えたりぼやけて見える。

これらは角膜を通して網膜に合わせられるべき焦点が網膜に合いにくいことで起こるものです。屈折異常は生まれつきの目の形状や、目の使い過ぎによることで起こります。

眼鏡やコンタクトレンズを使うことで視力矯正をすることができます。眼鏡の視力矯正が必要な症状には「老眼」もあります。老眼は遠視のように近くのものが見えにくいのが特徴です。

老眼も遠視も凸レンズの眼鏡をかけることで視力矯正ができるので同じようなものかと思われがちですが全く別のものです。老眼というのは正しくは老視といい加齢に伴う老化現象です。一方、遠視は小児にも多いです。

また、遠視は屈折異常によるものですが、老眼は加齢によって水晶体の弾力性が失われること自体が原因になります。ですから近視の人も加齢によって老眼が加わります。

老眼は何歳から?

老眼は早くて30代半ば頃、通常は40代半ば頃から始まるとされています。ただし、水晶体の老化は誰でも20代から始まっています。老眼の発症や進行には個人差があります。

最近新聞の小さな字が見えにくくなった、とか、近くのものを見る時に無意識に遠ざけるようになったという場合は老眼が考えられます。老眼かどうかは自分でチェックすることもできます。近くのものを見る時にぼやけて見えるまで目に近づけます。何cmまで近づけられますか?以下は世代別の目安です。

子ども…数cm
20代…10cm
30代…15cm
40代…20cm~

この距離が25㎝を超えると老眼にあたります。老眼は進行していきますので、高齢者はさらに手元のものが見えにくくなります。老眼は老人がかかるもの、というイメージがあるかもしれません。しかし、近年は20代~30代の若い人にも老眼が増えているとされています。

増えている若年性老眼

30代以下という若い世代に発症する老眼を「若年性老眼」といいます。若年性老眼が増えている背景には、目を酷使する環境にさらされている若者が多いことがあげられます。

パソコン、ケータイ、ゲームなど長時間使うことは目に負担を与えます。「まだ若いから」と油断していると若年性老眼が始まってしまいます。老眼を防ぐために若いうちから目を大切にしましょう。

一度老眼になると元には戻りません。老眼鏡をかければ近くのものが見えやすくなりますが、老眼によって目が疲れやすくなったり老眼鏡をかけなければならないなどの不便が生じるので、老眼予防に徹したいものです。

こんな症状は老眼の始まり?

老眼が始まっても、その症状が老眼によるものとは気づきにくい場合があります。

・夕方になると見えにくくなる
・夕方になるにつれ目の疲れがひどくなる
・頭痛、肩こり目の奥の痛み、が起こる

などの初期症状が起こりやすくなります。近くのものにピントが合いにくくなり目が物を見ようとする際に負担がかかるので眼精疲労が起こりやすくなるのです。放置したまま過ごしているととその症状がひどくなるので、早めの対応がのぞましいです。

老眼を防ぐには

加齢に伴う現象ならば老眼になるのは仕方がないのではないか、と思われるかもしれませんが、若い時からのケアで目の機能を若々しく保つことはいくらか可能です。特に40代以下で老眼鏡のお世話になるということを防ぐために、ケアを心がけましょう。

「目の疲労を放置しない」

目を酷使すると眼精疲労が起こります。長時間もの見る時はこまめに休憩をとるようにしましょう。まぶたをホットタオルなどで温めて血行を促進させるのは眼精疲労に効果があります。ストレッチやツボ指圧もおすすめです。

「規則正しい生活を行う」

不規則な生活は心身のために良くありません。目の健康のためにも睡眠をしっかり取ったり、適度な運動を行うことは必要です。

「栄養バランスのとれた食事をとる」

栄養バランスのとれた食事は心身の調子を整えます。また、ビタミンAは目のために欠かせない栄養素です。ブルーベリーのアントシアニンなどのサプリメントも目に良いようです。

「紫外線を避ける」

紫外線は肌や目にダメージを与え老化を早めます。日焼け止め、帽子、UVカットサングラスで目を保護しましょう。

「目のストレッチ」

目のストレッチやアイトレーニングの3Dアートは毛様筋を鍛え老眼を予防する効果が期待されています。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る