TOP > 老眼

老眼を遅らせよう

加齢により、近くの物が見えにくくなる症状のことです。眼は、水晶体と呼ばれるものがその厚みを調整することで、近くの物を見るためのピント合わせをしています。この水晶体が、加齢とともに硬くなってしまい、ピントを調整することが難しくなるために、老眼の症状が現れます。

本や新聞のような、小さな文字が見えにくくなる。眼が疲れやすくなり、頭痛や眼の奥が痛む、肩こりがし、吐き気を伴う。などの症状が現れたら、老眼を疑うべきでしょう。40歳くらいから症状が始まるという方が多く、個人差はあるものの、誰もがなる症状です。物が見えにくいため、メガネやコンタクトレンズで調整を補うとよいでしょう。

また、眼の疲労回復などに効果があるとされている、カシスやルテイン、ブルーベリーなどを摂取されるのもおススメです。

こちらのカテゴリでは、老眼を予防する方法、老眼の進行を遅らせる方法、若い人に増えている老眼について、などをご紹介しています。

老眼を予防するために

老眼は40歳くらいから起きる症状とされていますが、パソコンやスマホが日常生活に溶け込んでいる現代、眼の酷使による若い世代の老眼も増えています。初期症状の段階で気づくことができれば、老眼の進行を遅らせることも可能です。自分でセルフチェックをしてみましょう。

・セルフチェックで早期発見
老眼予防はお早めに。アラフォー必見!初期症状のチェック方法

人が持っている五感の中でも、視覚というのは、とても重要なものです。眼で見るものが脳へ伝わり、刺激となって、アンチエイジングにもなるからです。

老眼は必ずみんながなるものですが、老眼を予防することは、若さを保つことにもつながります。少しでも先延ばしが出来るよう、予防に努め、前向きに楽しく過ごすようにしましょう。

・眼とアンチエイジング
老眼に負けたくない!目の老化を防いで前向きに生きましょう

老眼の対策方法とは

老眼と聞くと、お年寄りの人がなるもの。と思いがちですが、老眼の症状が現れるのは、40歳前後が最も多いという統計があります。老眼を進行させるものは、ずばり加齢なのですが、老いを嫌う風潮があるため、認めることが出来ない方が多いのも事実です。

ですが、老眼は必ずみんながなるものです。老眼であることを自覚し、進行を遅らせることが出来るように対策をとりましょう。

・認めることは大事なこと
老眼は目の「老い」。老化の進行を遅らせるためにすべきこと

若い人に増えている老眼

老眼はお年寄りがなるものと思いがちですが、近年、パソコンやスマホ、ゲームの普及により、眼を酷使することが増え、若い世代の方たちにも老眼が増えています。若年性老眼と呼ばれるものです。

老眼は一度なってしまうと、もう元には戻れません。自分が老眼かどうかは、気づきにくい点もありますが、夕方になると物が見えにくくなる、頭痛や肩こり、目の奥が痛むなどの症状がある方は、予備軍と考えていいでしょう。

一度、眼科に行き、検査をされることをおススメします。

・若い人に急増している老眼
若い人でも発症?老眼鏡の世話になる前に知っておきたい老眼の特徴

若い世代に増えている老眼の症状として、「夕方老眼」や「週末老眼」と呼ばれるものがあります。

これは、一日の終わり、一週間の終わりに、疲れが蓄積して現れる症状のことです。これらの症状を防ぐためには、パソコンやスマホを見る時間を制限することが一番効果があるのですが、仕事などの関係もあるため、一概に減らせばいいというものでもありません。

そこで、意識して瞬きの回数を増やしたり、数秒間眼をつぶる、蒸しタオルで眼を温めるなどの対策をとられるとよいでしょう。眼精疲労対策としても効果があります。

・夕方老眼と週末老眼
若い人に増えている夕方老眼や週末老眼の予防と対策について

毛様筋ストレッチ

眼で物を見るときに、ピント合わせの役割をする水晶体。その水晶体の厚みを調整する、水晶体のまわりの筋肉を毛様筋と呼びます。

この毛様筋が硬くなると、水晶体の調整がうまくできずに、物が見えにくくなるのです。そこで、この毛様筋のストレッチをご紹介します。

・イチローに見るトレーニング
40代からの老眼対策!イチロー式毛様筋ストレッチ
30代で急増する老眼!!毛様体筋を鍛えて老眼年齢を遅らせよう

老眼は、加齢による現象であり、誰もがなる症状です。ですが、老眼だからと諦めてしまうと、その進行はどんどん進んでしまいます。予防と進行を遅らせるためにも、眼球のストレッチなど、出来ることには取り組みましょう。

また、日常生活の中で、紫外線に当たらないようにする、眼の疲れを感じたら休憩を取る、眼を温めて血行を促進するなど、些細なことではありますが、これらに気を付けられるだけで、老眼の進行はずいぶん違ってくるはずです。

・あきらめないことが大事
自分で手軽にできる!老眼を回復させるためのトレーニング

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る