TOP > > 生理前の体調不良【PMS】に効果を発揮するアロマオイル

生理前の体調不良【PMS】に効果を発揮するアロマオイル

生理前になると、気持ちが不安定になる、身体の調子が良くない。そんなPMS(月経前症候群)の症状に悩む女性が増えています。でも、忙しい現代女性はなかなか休むこともできませんよね。そこで取り入れていただきたいのが、アロマです。

専用の道具などを用意しなくても、お風呂に入れたり、マグカップで代用したり、手軽に生活に取り入れることができます。PMSに効果があるとされているアロマオイル6つと、活用方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

PMSに効くとされているアロマオイル

アロマオイルは、心と身体の両方に作用します。その分、使用しない方が良い期間などもあります ので、取り扱いには注意も必要です。

バジル

バジルのアロマオイルには、女性ホルモンに似た働きをする作用があります。生理不順や少量月経に効果があり、生理痛の緩和にも役立ちます。また、心の不安定さにも効果を発揮します。

ヒステリックなど昂ぶってしまった気持ちを静めてくれますし、落ち込んで沈んでいる時には気持ちを高めてくれます。てんかん体質、妊娠中、敏感肌の方は、刺激が強いので使用しないようにしましょう。

肌への刺激が強いため、肌につける際には濃度に十分注意してください。おすすめの使用方法は、芳香浴・アロマバス・マッサージ・スキンケアです。

ラベンダー

自律神経を整え、痛みを和らげるため、生理痛に効果があるとされています。リラックス効果が高く、深い眠りに導いてくれるため、イライラして眠れない時にもおすすめです。血流が良くなり体が温まるため、生理時に起こる身体の諸症状(腹痛や頭痛、冷え、肩こりなど)にも効果を発揮します。

芳香浴、アロマバス、マッサージ、スキンケアに加え、ペットマッサージなどにも使用できます。大好きなペットとともにリラックスタイムを送れるなんて、癒しの効果が高まりそうですね。

クラリセージ

クラリセージには、スクラレオールという成分が含まれているため、PMSや生理不順、更年期障害、無排卵といった症状に効果があります。スクラレオールは、エストロゲンという女性ホルモンに似た構造をしているため、女性特有の症状を和らげます。

集中しなければいけない時(車の運転や機械の操作など)、飲酒の前後、妊娠中と生理中の方は、使用しないようにしてください。おすすめ使用方法は、芳香浴・アロマバス・マッサージ・スキンケアです。

ローズ

ローズのアロマオイルは、ホルモンバランスを整えてくれるため、PMS・生理痛・生理不順・更年期障害を和らげてくれます。イライラや不安に襲われた時に使用すると、心を穏やかに癒やしてくれるため、幸せな気分に導いてくれます。おすすめの使用方法は、芳香浴・マッサージ・スキンケア・アロマバスです。

ペパーミント

気持ちがモヤモヤしている時には、ペパーミントを使用してみましょう。スッキリとするはずです。またイライラやヒステリックな感情を落ち着けてくれる効果もあります。

血行を良くする効果もあるので、生理時に起こる身体の痛みや肩こり、冷えなどの症状も和らげてくれます。妊娠中、肌が敏感な方は使用しないようにしてください。おすすめの使用方法は、芳香浴・アロマバス・マッサージ・スキンケア です。

フェンネル

女性ホルモンのエストロゲンに似た成分を含むため、生理痛や生理不順、更年期障害、PMSなどの症状の緩和に効果を発揮します。また、PMSや更年期の気分のムラ(怒り、イライラ、緊張、不安)なども改善してくれるとされています。

刺激が強いため使用する際には濃度に注意しましょう。また、妊娠中の方は使用を避けてください。おすすめの使用方法は、芳香浴・アロマバス・マッサージ・スキンケアです。

アロマオイルを生活に取り入れてみよう!

使用してみたいアロマオイルはありましたでしょうか?次はさっそく使ってみましょう!アロマディフューザーなどがない方もご安心ください。ここでは簡単に日常に取り入れる方法をご紹介します。

アロマバス

普段シャワーだけという方も、湯船に浸かってみましょう。ぬるめのお風呂に上記の精油などを1~5滴垂らします。肩や腰のこわばりがほぐれますよ。ただし、精油の入れすぎには注意してくださいね。

芳香浴

アロマディフューザーなどがなくても、ハンカチやティッシュ、コットンなどに、精油を1~2滴垂らすことで、どこでも芳香浴をすることができます。シミになることがありますので、ハンカチを使用する際には気を付けましょう。

部屋で寛いでいる時には、マグカップを使用する方法もあります。お湯を入れたマグカップに精油を1~2滴垂らし、湯気を吸いこむように深く呼吸してみましょう。この際、咳を誘発する恐れがありますので、喘息の方は注意してください。

マッサージに使う

慣れてきたら、マッサージにも挑戦してみませんか?仙骨や下腹部を中心にオイルを塗る方法と、足のすねをマッサージする方法がおすすめです。PMSで悩む方は、排卵前の2週間、毎日オイルを塗りマッサージすると、症状が緩和されると思います。

【マッサージオイルの作り方】
① キャリアオイル(月見草オイルなど)10mlをビーカーに入れる。
② そこに精油を2滴入れる。
③ かくはん棒でよく混ぜる。

これで出来上がりです。濃度は1%以下になるようにしましょう(顔に使う際には、0.5%以下)。精油は1滴で約0.05mlなので、10mlのキャリアオイルに対して、2滴程度で身体に使用できるマッサージオイルができます。

オイルはそのまま使うと冷たいため、手のひらで温めてからマッサージするようにしてください。またオイルは、余ったら遮光瓶にいれて保管することができますが、なるべく早く使い切りましょう。

というわけで、PMSに効果のあるアロマオイルと、その活用方法についてのご紹介でしたが、いかがでしたか?PMSの症状は、つらくなってからではなく、排卵前から対処することで予防の効果が高まります。ぜひ、あなたの日常にアロマを取り入れ、いつもイキイキと輝いている女性でいてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る