TOP > > 出生前診断にはメリットとデメリットが・・・どんな時に受けるのが良いか

出生前診断にはメリットとデメリットが・・・どんな時に受けるのが良いか

出生前診断とは

妊婦は産婦人科で定期的に妊婦健診を受けて赤ちゃんの成長を確認していますが、それ以外に出生前診断(出生前検査)を任意で受けることもできます。出生前診断というのは赤ちゃんに主に染色体異常などや先天的な異常がないか調べる目的の検査になります。

2013年4月からは「新型出生前診断(無侵襲的出生前遺伝学的検査)」が国内で行われるようになりました。従来の検査と異なり母体に負担を与えないので受けやすい検査とされます。しかしその検査結果が命の選別を助長してしまうのではないか、と懸念されています。

出生前診断のメリット

出生前診断で染色体異常や心臓疾患などの先天的な異常が見つけられることがあります。

出生前診断によって赤ちゃんの異常を早期発見でき、それが治療可能な場合には妊娠中に対処することで赤ちゃんやお母さんを救える場合も出てきます。

また、お母さんが心の準備をすることもできます。検査結果に異常がなければお母さんは安心して出産に備えることができるでしょう。

異常がないという結果がのぞましいのでしょうが、もし異常があった場合にも妊娠中から子どもを育てていくための心の準備を始めることができます。(ただし、赤ちゃんの先天異常をすぐに前向きに受け止めるということは難しいことでもあります。)

出生前診断のデメリット

出生前診断のうち絨毛検査と羊水検査は流産を引き起こすリスクを伴います。流産が起こる確率は羊水検査で0.5%、絨毛検査で2%ほどといわれています。

また全ての先天異常を見つけることはできません。新型出生前診断では3種の染色体異常以外の先天異常は見つけられません。赤ちゃんの異常を正確に見つけることは難しく、検査で陽性反応が出ても実際には正常な場合もあります。なおかつ検査料は高額です。

そして異常が見つかった場合の親の精神的な負担が大きく、出生前診断を受けたことが人工中絶につながりやすいという倫理的な問題が深刻となっています。

どんな時に受けるのが良いか

一般的に出生前診断というのは、赤ちゃんに異常が起こる確率が高いのではと心配される場合に行われています。

日本産科婦人科学会では指針によって検査の対象者を次にように限定しています。

  • 高齢出産の人(35歳以上)
  • ダウン症候群、13トリソミー、18トリソミーのいずれかの赤ちゃんを妊娠・出産したことがある人
  • 赤ちゃんがダウン症候群、18トリソミー、13トリソミーのいずれかという可能性が高い時

35歳を境にしてそれ以降は年齢が上がるごとに、赤ちゃんの先天異常の起こる確率は高くなっていくとされています。妊婦健診の超音波検査で赤ちゃんに異常が見つかった人は、より詳しく調べるために出生前診断を受けることができます。

赤ちゃんの命を選別する検査ではない

検査を受けることや結果の受け止め方に対しては賛否両論なのですが、それぞれの妊婦さんに事情があるということも頭におかなければなりません。

当然、赤ちゃんの命を選別するための検査ではないので、出生前診断を受ける前には夫婦でよく相談して検査の必要性を判断する必要があります。それには検査前と検査後に医療機関でカウンセリング(遺伝カウンセリング)を受けて正しい情報を入手し、どう判断すべきかよく検討することがのぞましいです。

遺伝カウンセリングというのは遺伝性の病気についての悩みや不安を軽くするための相談です。高齢出産者や病気のある家族の遺伝が気になる人は、遺伝カウンセリングを行っている医療機関に問い合わせて相談されることもおすすめします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る