TOP > > 流産しませんか?妊娠初期に下痢が起こりやすい理由とその予防法

流産しませんか?妊娠初期に下痢が起こりやすい理由とその予防法

妊娠中はさまざまな不調を伴いがちです。そのひとつに下痢があります。特に妊娠初期に下痢しやすくなったという人は意外と多いものです。

妊娠初期には流産のことが気になってしまいますが、下痢をして赤ちゃんに影響はないのでしょうか。

下痢で流産することはない

妊娠初期は胎盤がまだ安定していないので流産しやすい時期です。昔から妊娠初期に下痢をすると子宮を刺激して流産を引き起こしやすくなる、と言われることもありました。

下痢をすると腸が収縮することで子宮も収縮する場合もあります。ただし下痢による影響で流産につながることはないので安心してください。

もし下痢を伴って流産が起こった場合には、下痢自体が原因ではなく別の理由で流産に至ったと考えられます。初期の流産の場合、ほとんどは胎児の染色体異常によるもので、お母さんの体調が原因ではないのです。

なぜ下痢しやすくなるの?

ではなぜ妊娠すると下痢しやすくなるのでしょうか。考えられるのは自律神経のバランスの乱れやホルモンバランスの変化による影響です。

妊娠すると妊娠を維持して出産に備えるために女性ホルモンの分泌量は大きく変化していきます。特に妊娠初期に分泌量が急増するプロゲステロンには消化器系の機能を低下させる作用があり、人によっては便秘や下痢が起こりやすくなってしまうのです。

また、自律神経のバランスの乱れによって腸の機能も乱れやすくなり、下痢が起こりやすくなってしまいます。

妊娠初期の下痢を防ぐには

ただでさえ心身の不調を感じやすい妊娠中は、できれば下痢もしないように防ぎたいものです。日頃から体調を整えるように心がけましょう。

体を冷やさない

冷えは妊婦さんの大敵です。しかし妊娠中はホルモンバランスや自律神経のバランスの乱れによって冷えやすくなるので、温かい服装をしたり冷たい物をとらないようにして冷えを防ぐようにします。

消化の良い物を食べる

妊娠初期は胃腸の機能が低下しやすいので消化の良い物を食べるようにします。辛い物や油の多い物は胃腸を刺激するので控えましょう。

妊娠初期には多くの人がつわりを経験しますが、食欲がない場合でも水分は少量ずつこまめにとるようにしましょう。つわりを抑え、嘔吐や下痢がある場合の脱水も防ぎます。

腸内環境を整える

乳酸菌をとって腸内環境を整えるようにしましょう。ヨーグルトは口当たりが良く消化が良いので妊娠初期におすすめの食品です。整腸剤も妊娠中に飲んで差し支えない物が一般的ですが、使用上の注意をよく確かめてから服用するようにしましょう。

ストレスを解消する

妊娠中はどうしても妊娠や出産に対しての緊張や不安を感じやすいものです。特に妊娠初期は不安を感じたり情緒不安定になることの多い時期です。

精神的なストレスから自律神経のバランスが崩れて下痢を起こす場合があるので、なるべく精神の安定を保つように心がけます。リラックスする時間をもうけるようにして、なるべく心身を休めるようにしましょう。

下痢の原因は胃腸炎など腸の病気という場合もあります。中には治療が必要な病気もあるので、症状が気になる場合にはすぐに受診することをおすすめします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る