TOP > > 妊娠中は湿布使用に要注意!妊娠後期に使えない湿布があった

妊娠中は湿布使用に要注意!妊娠後期に使えない湿布があった

妊娠しておなかが大きくなると、体重が増えたり重心のバランスがとりにくくなるために、どうしても腰痛が出やすくなります。そんな時、痛み止めの湿布を使いたくなるかもしれません。

妊娠中は、飲み薬については勝手に飲んだりせずに注意して使われているでしょう。でも湿布くらいなら医師に相談しないで使ってしまっても平気だと思っていませんか?しかし実は、湿布の種類によっては妊娠後期に使ってはいけないというものもあるんです。

妊娠後期に使ってはいけない湿布とは?

全ての湿布が妊娠後期に使ってはいけないというわけではありません。使っても問題ないものも多くあります。使ってはいけないのは「ケトプロフェン」という成分を使った湿布です。

製品名としては、モーラス、ミルタックス、タッチロン、フレストルなどがあります。薄いテープ剤と昔ながらの厚みのあるパップ剤とありますが、どちらも使ってはいけません。成分名がそのまま製品名になっているケトプロフェンテープというものもあります。

また湿布だけでなくエパテックやセクターという製品のゲルやローションなども使わないでください。実は、これらの湿布を妊娠後期に使ってはいけないと決まったのは、2014年3月のことです。ですので中には、以前子供が生まれる時に使っていたということがあるかもしれません。

そんな場合も心配しないでください。ケトプロフェンが問題になるのはおなかの赤ちゃんのある血管に対してで、生まれてきたお子さんに今後心配なことが起きてしまうことはありません。

この湿布は何が問題なのか?

では、この湿布を使うとどんな問題が起きてしまうのでしょうか?まず、おなかの赤ちゃんには胎児期にのみ存在する血管があります。これは肺動脈と大動脈をつなぐ血管で、「動脈管」と呼ばれます。

肺動脈とは心臓から肺へと向かう血管で、肺で酸素をもらってまた心臓に帰ってきます。大動脈は酸素をたくさん持って全身へ向かう血管です。肺動脈の血液はまだ酸素不足の状態で、大動脈の血液は酸素たっぷりの状態です。

生まれてからは、これらの血液が混ざり合うことはありません。しかしおなかにいる赤ちゃんは肺で呼吸をしているわけではなく、胎盤を通して酸素をもらっています。つまり血液は肺を通らないで、そのまま全身へ流れていってよいのです。

肺を通らず全身へ流れるようにさせているのが「動脈管」です。これはおなかにいる赤ちゃんだけが持っている血管で、生まれた後12時間くらいで自然に閉じてしまいます。おなかにいる時にこの血管が閉じてしまわないように働いているのが「プロスタグランジン」という物質です。

痛み止めは、この「プロスタグランジン」が作られるのを邪魔してしまうのです。「プロスタグランジン」が不足してくると「動脈管」を開いたままにしておけなくなります。「動脈管」が閉じてしまうと、おなかの赤ちゃんの生命は危険にさらされます。

特に妊娠後期ほど、「動脈管」が閉じやすくなっているのです。以前から痛み止めの飲み薬は妊娠後期に使ってはいけないことになっていました。長年、湿布は問題ないとされてきたのですが、最近になってケトプロフェンの湿布でも問題になるかもしれないことが分かってきたのです。

湿布も指示を守って

妊娠後期にはケトプロフェンの湿布は使わないようにしてください。妊娠中期の使用では羊水を減らしてしまうとされ、慎重に使うようにという指示が出てます。これ以外の成分の痛み止めの湿布では、今のところは特に問題はないようです。

ただ今後、新たな指示が出されるかもしれません。注意していただきたいことは、痛みが出た時に湿布くらいよいだろうと人からもらって使うことです。また痛みがひどいからといって、一度に何枚も貼り過ぎてはいけません。飲み薬と同じように、湿布も医師の指示に従って使うようにしてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る