TOP > > 妊娠中期に起こる便秘や腹痛を防ぐ5つの食生活習慣とは?

妊娠中期に起こる便秘や腹痛を防ぐ5つの食生活習慣とは?

女性の妊娠中期を甘く見てはいけません。比較的母子ともに安定し始める妊娠中期というのは、お母さんの安心もあり、最高潮に体重が増加するタイミングと言われています。

確かにお腹の中の赤ちゃんも栄養を欲しているため、妊婦さんの食欲が高まることは当たり前のことなのですが、それに乗じて食べ過ぎたり、外出が億劫になり運動不足になってしまうことによって、みるみる内に体重が増加していきます。

また、体重増加とともに多くの妊婦さんが悩まれているのが、便秘という症状なのです。この妊娠中期の方の、体重増加や便秘を解消する方法をご紹介いたします。

妊娠中期の便秘を解消する方法とは?

妊娠という経験をしたことがある女性の方であれば分かると思いますが、妊娠中期というのは比較的母子共に安定し、つい気が緩んでしまうこともあり、お母さんの体重が増えすぎてしまう傾向にあるのです。

体重増加の要因として、もちろんこのような気の緩みも影響していますが、他の要因として妊娠中期の便秘というのが、多くの妊娠経験者から聞こえる声なのです。では、このような妊娠中期の便秘にはどのような対処法が有効なのでしょうか?

基本的に、便秘が続く場合の対処法として一般的なのは、運動を取り入れる事によって身体の代謝を上げることや、熱いお風呂に長時間浸かることで身体を内側から温め、腸の動きを活性化させるなどありますが、妊娠中期の女性がこれらを取り入れるには、様々な危険性が伴うため、あまりおススメ出来る手法ではありません。

そんな時に、誰でも簡単に行える便秘対処法として、食生活の改善が挙げられます。

妊娠中期の便秘解消に良い食事法とは?

では、何かと母体に影響を及ぼすので気を使う、妊娠中期の便秘を解消するのに良い食事とは、どのようなものがあるのでしょうか?

・朝一番に、オリゴ糖をかけたヨーグルトを食べることによって、腸の働きを活性化させましょう。
・繊維質のものを食べると便秘によいので、海藻類や根野菜であるゴボウなどもおススメです。
・また、オリーブオイルも便秘解消に効果的です。オリーブオイルを何らかの食材にかけることによって摂取してみましょう。

妊娠中期の便秘を解消する食事以外の対処法

ということで、食事面からの便秘解消に役立つ食材をご紹介しましたが、食事面以外での便秘対処法も何点かお伝えしたいと思います。

・大量の汗をかき、新陳代謝を活性化させるために、意識して多くの水を取るようにしましょう。
・激しい運動は難しいかと思いますが、無理の無い範囲で、ジョギングなどの軽い運動を取り入れましょう。

ということで、食事面やそれ以外で5つの便秘解消法をご紹介してきましたが、自分にマッチした便秘解消法を取り入れて、便秘による必要以上の体重増加を防止し、母子ともに健康な状態で、元気な赤ちゃんを産みましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る