TOP > > 妊婦の飲酒が赤ちゃん与える悪影響…胎児性アルコール症候群

妊婦の飲酒が赤ちゃん与える悪影響…胎児性アルコール症候群

お酒を飲むとリラックスできて楽しい気分になります。ただし飲み方を間違えると、健康に害を与える恐れもあるため、上手に付き合っていかなければなりません。今回はお酒を飲んだ人の健康だけでなく、もう1つのかけがえのない存在に及んでしまう悪影響を取り上げてみたいと思います。

妊娠中の飲酒について

アルコール飲料のパッケージには必ず注意書きが表示されているように、妊娠中の飲酒は胎児の成長に悪影響を及ぼす可能性があるため、妊婦は飲酒を控えなければなりません。

これは妊婦が摂取したアルコールや代謝物が、胎盤を通して胎児に移行してしまうためです。母親が口にした物の栄養や成分は、子宮内の胎盤からへその緒を通して赤ちゃんの体に送りこまれています。

アルコールとその代謝物は、感受性の高い胎児にとって危険性の高い物質です。胎児は肝臓が未熟でアルコールを上手に代謝することができません。胎児の体にアルコールが長くとどまった状態となり、神経細胞に障害を与えてしまうようになります。

胎児性アルコール症候群とは

妊婦が摂取したアルコールによって胎児に起こる障害は「胎児性アルコール症候群」と呼ばれています。胎児性アルコール症候群の怖さは、胎児に先天性の障害を残したり流産を引き起こしてしまうところです。胎児性アルコール症候群で生まれる赤ちゃんには次のような特徴があります。

低体重児で生まれる

栄養状態が悪くなり、標準より発育の悪い状態で生まれてしまうのです。

特徴的な顔貌を持つ

胎児の顔が作られる妊娠初期にアルコールを摂取すると、特異的な顔貌が形成される恐れがあります。

胎児性アルコール症候群の子どもにみられる顔貌の特徴
・頭が小さい
・上唇が薄い
・短眼瞼裂(眼瞼が狭く目が小さく見える状態)
・人中形成不全(鼻の下の溝が不明瞭)
・上顎低形成(上顎や鼻の下が平らな状態)

中枢神経の障害がある

精神や筋肉の発達が遅れます。成長してから学習障害や行動障害が見られるようになる場合もあります。

この3つの特徴が揃う場合を胎児性アルコール症候群、軽症の場合を含めて「胎児性アルコールスペクトラム障害」と呼んでいます。外見上の特徴はなく、臓器の障害や精神障害が起こる場合もあります。

どれくらい飲酒すると胎児に影響が起こるの?

妊娠中は全期にわたって摂取したアルコールが胎児に移行します。特に妊娠初期の飲酒が胎児の成長に大きな影響を与えるので注意が必要です。重要な器官が著しく成長する期間のため、大きな障害が残りやすくなってしまうのです。

では「妊娠に気づかず、お酒を少し飲んでしまった」という妊婦はどうなるのでしょうか。妊娠初期に飲酒したからといって、必ずしも胎児性アルコール症候群が起こるというわけではありません。1日のアルコール摂取量が15ml以内であれば問題はないとされています。

これは350mlの缶ビール1本、グラスワイン1杯に相当するアルコール量です。ただし1日に15mlのアルコールを4杯以上飲んだ場合には、胎児に影響の出てくる恐れがあり、6杯以上で胎児性アルコール症候群が起こる可能性が高くなります。

少なくとも妊娠が分かったら、「1杯だけ」「1日だけ」でも飲酒は控えてください。お母さんが酔っぱらっている時、小さな体の赤ちゃんまで強制的に酔っぱらった状態にされてしまうのです。赤ちゃんの幸せのために、お酒はしばし我慢しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る