TOP > > プール熱はプール以外でも感染する!大人も注意すべき感染経路と症状

プール熱はプール以外でも感染する!大人も注意すべき感染経路と症状

調子の悪い家族

プール熱という感染症をご存知ですか?子どもだけがかかる感染症というイメージが強いかもしれませんが、実は大人でも感染するケースが増えてきています。

その感染経路はプール以外にも銭湯やジム、公共のトイレなど、非常に身近なものだったのです。

感染しないためにも、私たちはどういう対処をすべきなのでしょうか?

感染はプール以外でも!アデノウイルス感染症「プール熱」の特徴

プール熱という名称は知っていても、その症状や感染経路を詳しく説明できる方は少ないと思います。そこでまず最初にプール熱の基礎知識を紹介していきます。意外と知られていないプール熱の事実が沢山あるのでは…?

そもそもプール熱とは何なのか?特徴と症状を知ろう

プール熱とは夏の時期に流行するウイルス性の感染症で、正式名称は「咽頭結膜熱」(いんとうけつまくねつ)と言います。

その原因ウイルスはアデノウイルスというもので、夏季のプールで感染するケースが多いことからプール熱と呼ばれるようになりました。

主な症状

  • 発熱
  • 咽頭炎(のどの腫れや痛み)
  • 結膜炎(目の充血やかゆみ)

 
39~40℃の高熱が3日以上、長くて1週間ほど続くのが特徴です。

のどの痛みが酷い場合には扁桃腺炎になるケースもあるので注意が必要です。一見風邪と見分けがつかないような症状ばかりなので自己診断は難しいでしょう。

個人差もありますが、熱が出たりお腹を壊す場合もあります。水も飲むのが辛く食事を受け付けない時は脱水症状になりやすいので、特に子供がかかったときお母さんはこまめに水分補給をさせるよう心がけてください。

のどの腫れや痛みは咽頭炎からきています。他にものどの渇きや違和感、異物感がある場合や、咳が続くといった場合がみられます。

結膜炎とは白目とまぶたを覆っている膜(結膜)が炎症を起こし、目が赤く充血したりかゆみを起こしたりする症状です。目やにが出たりまぶたが腫れたり、ということも起こります。

冬でもウイルス感染することがあるので油断禁物!

プールの水を介して感染するケースが多い為、プール熱という名称がついたこの感染症ですが、だからといってプールのみで感染するというわけではありません。他の場所でも感染する可能性は十分にあるので注意が必要です。

アデノウイルスは1年を通して活動しているので、寒い時期に感染する可能性もゼロではありません。感染のピークは夏季なのでその時期には特に注意する必要がありますが、冬季も油断は禁物なのです。冬季にプチ流行した事例もあります。

大人でも感染する可能性がある

プール熱に掛かりやすいのは、乳幼児~小学生くらいの年代の子どもたちです。これは原因ウイルスに対しての免疫がない為です。また幼稚園や小学校などで集団生活を送る子どもたちは同じものを共有する機会が多いのでウイルスに感染しやすいのです。

しかし、プール熱は大人でも感染するケースがあるので注意が必要です。 過去にプール熱に掛かったからもう大丈夫、ということもありません。アデノウイルスには沢山の血清型があるので免疫のないウイルスに感染すればプール熱になる可能性があります。

子供がプールで感染するものと考えられがちですが、大人もかかるし冬でもかかるしプール以外でもかかるし!という感染症なのです。

原因となるアデノウイルスには型が多数あるので、免疫ができづらく常に注意しておくべきと言えるでしょう。

プール熱の原因は?飛沫感染、接触感染の感染経路とその対処法

プール熱の感染経路は、

飛沫感染 くしゃみなど
接触感染 直接触れたり物を介する

の2種類があります。では具体的に大人のプール熱の感染経路にはどのようなものがあるのでしょうか?対策法とともに紹介していきます。

感染経路1. プール熱に掛かった子どもから感染する

大人がプール熱に感染する経路は、プール熱に掛かっている自分の子どもからというケースが大変多いです。プール熱に掛かった子どもの嘔吐物や便の処理、食器を共有することにより感染します。もちろん咳やくしゃみによる飛沫感染も考えられます。

苦しんでいる子どもの看病に必死でつい油断をしてしまうかもしれません。ですが両親もプール熱に感染、結果的に家族全員がダウンしてしまうなんていうことになったら大変ですよね。そこで以下の対策法をおすすめします。

  • 嘔吐物や便に直接触れない
  • タオルや食器を共有しない
  • 子どもに直接触れない
  • 手洗いを徹底する
  • マスクを着用する
プール熱に掛かると、涙が止まらなくなったり目やにがつきやすくなります。直接手で取ることはせずティッシュや綿棒を使用しましょう。使用したティッシュや綿棒は使い回しせずにすぐ捨ててください。

感染経路2.銭湯やスポーツジムで感染する

不特定多数の人が利用する銭湯やスポーツジムなどでプール熱に感染するケースもあります。 プール熱に掛かっているお子さまが直接利用している可能性、2次感染に気づいていないそのご家族が利用している可能性などがある為です。

スポーツジムのプールに入らなければ大丈夫と思うかもしれませんが、ジム内のマットやトレーニング器具を介して感染することもあります。スポーツジムは多くの人が素足で移動したり汗が落ちやすいので感染リスクが高いとお考えください。

銭湯やスポーツジムのプールは極力利用しないというのが一番の対策になります。特にプール熱が流行する夏季は避けたほうが無難です。トレーニング器具等に触れた後はしっかりと手洗いをしましょう。

感染経路3.会社の共有物やトイレで感染する

会社の給油室にある湯のみ、もしくは文房具などの共有物を介してプール熱に感染するケースもあります。 特にお子さまがいる方が多い職場は注意が必要です。そのお子さまがプール熱に感染していて、本人も知らず知らずのうちに2次感染している可能性があるからです。

そしてもう1つ気をつけてほしいのがトイレです。トイレを使用しないというわけにはいかないので便座シートを活用したり手洗いを徹底するようにしましょう。注意はしてほしいのですが神経質になりすぎる必要はありません。

不特定多数の人が使用する湯のみ、食器、文房具などは極力使わないようにしましょう。職場に使い捨てのコップなどが備え付けてあると嬉しいですが、ない場合は自分で用意することをおすすめします。マイ水筒も良いですね。

感染経路4.友人との食事タイムに感染する

女性同士の食事風景にありがちな「一口分けて」という会話ですが、これもプール熱の感染経路になる可能性があります。 友人がプール熱に感染していた場合、食べかけのものをもらったり同じフォークを使用するのは危険行為です。

特にお子さまがいる世代、ママ友同士の食事では注意が必要です。ほんの一口だけという油断が感染に繋がります。元々他人と食事を分け合ったりするのが苦手な方もいますが、逆に平気な方も沢山います。誘われても上手い言い訳をして断れるのがベストです。

断れる雰囲気ではなかったり、断ったら場の空気が悪くなりそうな時もあると思います。いつも「一口分けて」と言ってくる友人と食事する際は、口をつける前にお互いの分を取り分けておくのが良いかもしれません。

大人がプール熱に掛かってしまったら?感染後にすべきこと

熱で寝込む男性イラスト

成人してから子どもが掛かる病気になった場合、子ども以上に重症化するケースが多いと言われています。ですがプール熱の場合は子どもより軽い症状ですむことが多いので過剰な心配はいりません。いざ感染してしまったら次のことを行いましょう。

感染を疑ったらとりあえず病院へ

プール熱は風邪によく似た症状なので自己判断が難しいと思います。家庭内にプール熱に感染している子どもがいる場合、自分にも移った可能性を思いつくと思いますが、それ以外の場合はいきなり「プール熱だ」と断言できる人はいないでしょう。

感染の可能性を疑ったら迷わず病院を受診することをおすすめします。プール熱は

  • 内科
  • 耳鼻咽喉科
  • 眼科

などで診断が可能です。受診しやすいという点から内科をおすすめしますが、目の症状が酷い場合は眼科でも良いと思います。

ちなみに子どもの場合は小児科をおすすめします。お子さまの不調や病気の診断はほぼ小児科で可能ですので、何かあったらとりあえず小児科を受診するようにしましょう!

2次感染防止の為に!できる限り会社を休む

子どもがプール熱に感染した場合、症状が治まって2日後からの登校が許可されています。これは熱が下がってもウイルスが持つ他人への感染能力が完全に落ちていない為です。大人の場合はこのような決まりはありません。

ですが他人への感染に配慮するためにもできる限り会社を休むことをおすすめします。もちろん休めない環境の方も多いと思いますが、会社側に事情を説明して理解を求めるようにしましょう。期間については医師と相談しながら決めるのがベストです。

家族に移さない為に!タオルや食器などの共有はしない

自分がプール熱だと判明したら家族に移さないよう十分に気をつけてください。家族と沢山触れたり話したい気持ちは分かりますが、プール熱が治るまでは我慢が必要です。最低限以下のような対策を行いましょう。

  • タオルやマットの共有をしない
  • 口移しや食器の共有をしない
  • スキンシップや長時間の会話を避ける(マスクの着用を推奨)
  • 手洗いを徹底する
  • 家族にも手洗いをしてもらう
  • お風呂には一番最後に入りお湯はその都度捨てる
  • 洗濯物を別にする

こう並べてみると、家庭内で必要になってくる対策はかなりの数があります。洗濯物まで別にするのは過剰だと思う方もいるかもしれませんが、洗濯機で洗っても感染する可能性があるので分けてくださいね。それだけ感染力が強いウイルスなのです。

とにかく2次感染を避けるために、あらゆるものの共有をしないようにしましょう。

風邪っぽい症状にあわせて涙が出たり目やにが多く出るという場合はすぐに病院へかかりましょう。言わずもがな、お子さまがいるご家庭は特に注意してくださいね。

プール熱の治療法と、病院を受診して検査を受ける判断は?

プール熱のようなウイルス性疾患は根本的な治療法はなく、熱を下げる、咳やくしゃみを鎮めるといった対処療法が中心となります。

特にこれらの病気は高熱が続くため、解熱鎮痛剤の選び方が一番のポイントとなります。

最近はアスピリン等とライ症候群発症の関係が指摘されたり、インフルエンザ脳症に一部の鎮痛解熱剤を投与して死亡率が高まるとの報告があったりと、小児に対する解熱剤の選択が難しくなっています。

現在では小児に最も安全なのはアセトアミノフェンと言われていますね。

一般に38~38.5℃以上になると解熱鎮痛剤を飲ませるといいのですが、体温よりも身体状況で判断したほうが良いでしょう。熱が下がらないからといって飲ませてから6時間以内に再び飲ませることは避けてください。

発熱はウイルスから体を守ろうとする反応なので、身体状況がよければそのまま6時間過ぎるのを待ちましょう。

解熱鎮痛剤を1日のうち3回飲ませても熱が下がらず身体状況が悪ければ、解熱鎮痛剤をさらに追加して飲ませるのではなく、病院に再度受診されることをお勧めします。

決してプールに入るのが悪いわけではありません、誤解しないで下さいね。学校のプールはこうした感染がなるべく発生しないように、しっかりと消毒し適切に管理をされていますから、心配は少ないでしょう。
キャラクター紹介
ページ上部に戻る