TOP > > 早期発見が重要!子供が肺炎にかかった時の症状と対処法

早期発見が重要!子供が肺炎にかかった時の症状と対処法

抵抗力の弱い子供が肺炎になった場合、重症化するリスクが高いことをご存知ですか?幼い子供は自分で症状を訴えにくいので、周囲の大人が気をつけてあげなくてはいけません。今回は、子供が肺炎にかかった時の症状と対処法を紹介します。

子供の肺炎

肺炎は、肺に炎症が起こる病気の総称で、特に死亡原因の上位を占めている恐ろしい病です。子供やお年寄りなど抵抗力の弱い人は、重症化するリスクが高いのも特徴です。

一言に肺炎といっても、細菌性肺炎、ウイルス性肺炎など沢山の種類があります。今回は子供に多い肺炎と、その特徴をまとめてみました。このような症状があったら要注意です。

マイコプラズマ肺炎

一度は名前を聞いたことがある肺炎だと思います。この肺炎に注意してほしいのは学童以上のお子様です。

マイコプラズマ肺炎とは マイコプラズマ菌が感染することで起こる肺炎で、幼稚園や小学校など、小集団の中で大流行する傾向があります。小学生以上のお子様をお持ちのご家庭は、特に注意する必要があります。

主な症状は、長引く咳と高熱です。痰の少ない咳が長く続くようであれば、このマイコプラズマ肺炎を疑ってください。風邪とよく似た症状なので、発見が遅れるケースが多いので注意しましょう。非常に感染力が高い肺炎なので、うがい・手洗いを欠かさない、マスクを着用させるなどの予防策が有効です。

ウイルス性肺炎

ウイルスによる肺の炎症で『かぜ症候群』に分類されます。大人の場合はただの風邪で済むことがほとんどですが、抵抗力の弱い子供やお年寄りは、重い肺炎にまで重症化してしまうケースが多いのです。主な症状は発熱、喉の痛み、乾いた咳、食欲低下などです。

他の肺炎に比べ、比較的症状が軽いのが特徴です。特に乳幼児の場合は、症状がほとんど出ず食欲も普段と変わりないというケースが多くみられます。普段から風邪にかからないように、栄養管理、うがい・手洗いを徹底することが有効な予防法になります。

細菌性肺炎

細菌性肺炎は細菌による肺の炎症のことを指し、ウイルス性肺炎よりも急激に症状が出て、重症化しやすいのが特徴です。ウイルス性肺炎と違い痰が絡んだ激しい咳が出るのが特徴です。

クラミジア肺炎

子供に多い肺炎として、クラミジア肺炎があります。これはクラミジアという細菌によって起こる肺炎で、。成人した大人にはほとんど見られません。症状としては高熱が出ることは少なく、乾いた咳が長く続きます。

ほとんどの場合は軽い症状で済み、自然治癒する場合も多いので、感染自体に気づかないケースも多く見られます。お子様をお持ちの方は知識として頭の片隅に入れておきましょう。

肺炎の対策法

前項で、子供に多い肺炎とその特徴を紹介してきました。次に肺炎の予防法と対策を提案していきます。

すぐにできる予防法

肺炎は、種類によってその症状も予防法も異なってきます。ですが全ての肺炎に言えることは、ウイルスや細菌を体内に持ち込まないことです。次のような風邪対策を行うことで、自然と肺炎の予防にも繋がります。

  • うがい・手洗いの徹底
  • 喉を乾燥させない
  • マスクの着用
  • バランスの良い食生活
  • 適度な運動

ワクチン接種による予防

肺炎の原因の1つである肺炎球菌感染症には、専用のワクチンがあります。肺炎球菌感染症は、肺炎球菌という細菌によって起こる病気で、特に学童以下の子供には抵抗力がなく、重症化する危険性があります。

そこで、小児用肺炎球菌ワクチンをお勧めします。このワクチンを打つことで、肺炎だけでなく、細菌性髄膜炎なども予防することが可能です。小児用肺炎球菌ワクチンが受けられるのは、生後2ヶ月からになります。

接種の回数やスケジュールは、現在の年齢、初めてワクチンを接種する年齢によっても異なってきます。医師としっかり相談しながら、接種スケジュールを決めていきます。発熱などの副反応があることなども説明があると思いますので、理解した上で検討してみましょう。

肺炎を疑ったら

長引く咳や高熱など、肺炎特有の症状が出たらなるべく、早めに小児科を受診しましょう。通常の風邪であれば、数日すれば症状が落ち着いてきますが、肺炎の場合は悪化したり、症状がダラダラと続くので、それが1つの目安になると思います。

呼吸困難など重篤な症状が出ている場合は、もちろん症状の経過を待たずに早急に小児科を受診します。前もって深夜診察をしてくれる病院を、探しておくことも重要です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る