TOP > > 秋に咳が止まらない!その正体はカビによる夏型過敏性肺炎だ

秋に咳が止まらない!その正体はカビによる夏型過敏性肺炎だ

「コンコン、コンコン 夏風邪を引いたかな?」と思ったのは、夏がまだ始まった6月の終わりのことです。体調はそこまで悪くはないのですが、なかなか咳が止まらずに、気が付いたらもう9月になっていました。

うがいや咳止め薬を試してはいますが、なかなか治まる気配もありません。それどころか最近は咳だけでなく、熱や息苦しささえ感じることがあるのです。考えてみれば昨年も同じような状況だったのかも知れません。

きっと今回よりも症状が軽かったので、はっきりとした記憶ではないのですが、冬には治っていたような気がするのです。皆さんはこのような症状に心当たりはありませんか?ありふれた体調不良の一例とも思ってしまいますが、この症状はある肺炎により引き起こされていたのです。

秋まで咳が続く症状は夏型過敏性肺炎の疑いあり!

毎年のように梅雨の時期から秋深くまで咳で悩まされている人がいます。始めは「コンコン」と乾いた咳をしているのですが、稀に高熱やだるさなどの症状も出ます。

また就寝時においても咳が止まずに、熟睡できないこともあるようです。夏型過敏性肺炎はカビや埃などが原因で起こる病気で、カビが増える初夏から空気が乾燥する冬前くらいまで多く見られる病気です。

夏型過敏性肺炎は一種のアレルギー性の肺炎で、カビ、ダニの死骸、埃などアレルギー物質を吸い込むことで発症します。したがって旅行や外出、仕事先などアレルギー物質が存在しない場所では発症せず、自宅に帰った後から症状が現れることが多いのです。

夏型過敏性肺炎の予防はトリコスポロンをやっつけることから

夏型過敏性肺炎の原因はアレルギー物質なのですが、中でもカビの一種である「トリコスポロン」には注意する必要があります。このカビは湿気が多い台所や窓周り、シンク下などに生息しており、細かい胞子を大量に飛散させます。

この胞子を慢性的に吸い込むことで、アレルギー反応が起こり夏型過敏性肺炎を発症させるのです。特に家庭の主婦層は水周りにいることが多く、トリコスポロンに接しやすい環境にあることから、カビ対策には十分は注意が必要だと思います。夏型過敏性肺炎を予防するためのポイントを紹介します。

■自宅の築年数が古く、台所の下部が湿っぽい場合はカビが生息しています。空気の入れ替えや扇風機などで空気を循環させて乾かすことが重要です。あまりに古いシンクは交換することも念頭に入れて下さい。
■自宅の基礎部分がいつも湿っぽい場合は、床下に大量のカビが生息しています。床下換気装置を付けるなど対策を行いましょう。
■窓周りが湿っぽい場合もカビが多く生息しています。窓を二重サッシにかえたり、フィルムを貼ったりして結露を防止しましょう。
■畳はカビの温床となります。特に畳裏は普段は目に届かないのでカビが発生している可能性があります。畳のメンテナンスは十分に行いましょう。また湿っぽい家の場合は和室をフローリングにリフォームするのも効果的です。
■寝具にもカビは発生しています。寝具は洗えるものは洗い(布団も)、洗えないものは日光や布団乾燥機を使用して、十分に殺菌しましょう。
■浴室の乾燥を十分に行いましょう。換気扇は一日中回すようにして、空気を常に循環させることが重要です。ドアの閉め切りはカビの発生を助長させますので注意して下さい。
■洗濯する場合は直ぐに洗濯物を干すようにしましょう。洗濯物を放置しているとカビが発生する原因です。洗濯したら放置しないで乾燥させるようにしましょう。
■紙パック式ではなく、サイクロン式の掃除機を使い丁寧な掃除を心掛けて下さい。特に掃除機でカビやダニが舞い上がらないように注意が必要です。
■湿度計を室内に設置して、湿度が60%を超えるようなら除湿するようにしましょう。

空気清浄機を使用するのも有効なのですが、まずはカビを発生させないことが大切なのです。古い家は地面からの湿気が入り込むこともあり、なかなかカビの発生を抑えるのが難しい場合があります。

症状が酷い場合には引越しやリフォームを検討するのも必要だと思います。健康には代えられないのですから。秋になってもなかなか咳が止まらない貴方。もしかしたら夏型過敏性肺炎を患っているかもしれません。早速自宅にカビが発生していないかチェックしてみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る