TOP > > 女性の肺がんの原因は女性だから?謎の秘密はホルモンにあった

女性の肺がんの原因は女性だから?謎の秘密はホルモンにあった

一般的に知られている病気で致死率が高いものと言えば「ガン」だと思います。皆さんもご存知と思いますが、ガンにはガン細胞が出来る場所によって名称も違い「胃ガン」「大腸ガン」「すい臓ガン」など臓器単位で名称も違います。

この中でも特に呼吸器である肺で発症する「肺ガン」は、致死率も高く増加傾向にあるようです。

肺ガンは男性に多い病気と思われている人も多いのですが、ガンの種類による死亡件数を見てみると、肺ガンは男性で1位、女性で2位となっており、性別による差はあまり関係ないように思えます。

特に女性の肺ガンが最近増加傾向にあることが問題であり、将来的には男女共にガンの死亡原因のトップになるとの指摘もあります。なぜ、女性に肺ガン増加しているのでしょうか?その秘密とは意外なものだったのです。

肺ガンの原因はタバコなの?実は女性特有のアレだった

「肺ガンの原因は何でしょうか?」と多くの人に質問してみますと、大多数の人が「タバコによる喫煙」と答えるでしょう。タバコに含まれている成分でタールやニコチンは、肺ガンの原因として有名であり、<肺ガン=タバコ>とまで言われています。

専門医に確認してもタバコは肺ガンの原因になることは間違いないようで、政府の喫煙抑制キャンペーンなども良く見かけます。しかし、このような状況は男性にのみ当てはまることで、もしかしたら女性は該当しないかも知れないことが分かってきたのです。

最近も話題になったのですが、女性で肺ガンを発症した人の多くが非喫煙者だと言うのです。このような人は何が原因で肺ガンが発症したのかも解らずに、原因不明として扱われてきたのですが、最近ではその原因は女性ホルモンが関係しているとされています。

女性ホルモンで肺ガンのリスクが増加する

このように肺ガンの原因と言えば「喫煙」とされてきましたが、最近では「女性ホルモン」も喫煙と肩を並べる肺ガンリスクとなっています。特に女性で月経期間(月経が始まってから閉経するまでの期間)が長くなれば、そのリスクも向上すると考えられているようです。

また病気などで女性ホルモン治療を受けた人にも同様のリスク向上があります。

さらに女性の中には肺細胞の中に女性ホルモンを吸着しやすい受容体細胞を持っている人もおり、そのような人は刺激によって細胞がガン化しやすいことも指摘されています。

とっても女性らしい貴女は大豆で予防しましょう

もしこの記事を読んでいる貴女がとても女性らしい人だとします。そのような人は肺ガンのリスクが高いということを理解して下さい。毎年の健康診断で問題ないからと言って安心してはいけません。実はこのタイプの肺ガンはX線では見つかりにくい特徴もあるのです。

それでは予防法としては何が有効なのでしょうか?肺ガンの進行は静かに進むことが特徴で、気が付いた時には重度のガンになっていることが多いようです。

まずは早期発見に努めるようにしましょう。先程も言いましたが、通常のレントゲンでは見つかりにくいこともありますので、2年おき位にCTスキャン検査を受けることをオススメします。CT検査では細かいガンも、見つかりにくい奥のガンまで写りますので安心です。

次に食べ物ですが、大豆イソフラボンは肺細胞がガン化するのを防ぐ作用があり、豆腐、納豆、豆乳などの製品でその効果が見られます。もともと大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きを行い、ホルモンの調整に効果があると言われてきました。

そのような作用から大豆食品は女性にとって特に有用な食材とされており、「美容」「月経異常」「更年期障害」などの改善にも推奨されています。

肺ガンは日々の予防と早期発見が重要な病気です。毎日の大豆食品と健康診断で肺ガンのリスクを低下させましょう。

ちょっと言い忘れていましたが、大豆イソフラボンの効果は喫煙者にはあまりないようです。喫煙者はまず禁煙から始めて下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る