TOP > > 梅雨の洗濯は部屋干しが良い!でもカビによる肺炎に注意して下さいね

梅雨の洗濯は部屋干しが良い!でもカビによる肺炎に注意して下さいね

今年も梅雨の季節がやってきましたね。ジメジメとした空気は重く、呼吸をするのも面倒くさい感じがしてきます。このような梅雨の時期は洗濯物も大変で、湿度が高いことから洗濯物がなかなか乾かなくなるのです。

皆さんは梅雨時期の洗濯物はどうしていますか?現在では乾燥機付きの洗濯機も普及しているのでそれを利用している人もいると思いますが、まだまだ部屋干しに頼っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、この部屋干しがちょっと危険な問題を発生させていたのです。

洗濯物の部屋干しに隠された危険を探る

毎年のように梅雨時期に見られる部屋干しですが、これによりちょっと困った状況が生まれます。それは室内の湿度の上昇になります。つまり、洗濯物を部屋で干すということは、洗濯物に含まれた水分が部屋に拡散されることを意味します。

洗濯物に含まれた水分は蒸発することで部屋全体の湿度を上昇させ、壁や天井などを湿らせてしまいます。このことが重大な健康被害へ繋がるのです。

このような住宅環境において最も注意する必要があるのがカビになります。カビの発生には温度、栄養そして湿度が必要であり、梅雨の時期はそれらが最もそろう季節に該当するのです。

特に住宅内はカビが生息しやすい環境があり、湿度が上がることで一気にカビが大量発生してしまうのでしょう。部屋干しを行うことは室内にカビを発生させる原因になっていたのですね。

部屋干しが原因の肺炎が増加中

最近の住宅は高気密化が進んでおり、昔と違って外気が入りにくくなっています。その影響もあり部屋干しによるカビ被害は年々増加の傾向にあるように思えます。カビによる健康被害で考えられるのはアレルギーではないでしょうか?

カビのアレルギーは咳や微熱が特徴など花粉症にも似た症状ですが、放置することで呼吸器や肺に影響を与えることになります。

長期間、カビが生息する環境で生活していると気管支や肺に入り込むことになるのです。その結果、細胞が破壊され気管支不全や肺炎などの重篤な病気を発症させる可能性があるのです。

肺炎は日本人の死亡原因の上位であり、毎年多くの人が死亡しています。これらの中にはカビが原因で肺炎を発症した人も含まれているのです。たかがカビと考えずに日々対応したいものですね。

部屋干しをするのなら注意してほしいポイント

「そうは言っても梅雨時も洗濯しないと困っちゃうし、部屋干しするとカビも怖いし」と思っている貴方。絶対に部屋干しをしてはいけないという訳ではないのです。行う際に注意してもらいたいポイントを紹介しましょう。

◆梅雨時でも窓を開けて換気をして下さい。梅雨の時期には窓を開けない人が多いようです。しかし、小雨程度では窓を開けて換気した方が湿度を下げる効果がありますので、なるべく窓を開けて空気を換気しましょう。

◆エアコンや除湿機を使用しましょう。部屋干ししている部屋ではエアコンや除湿機を使用して湿度を下げる工夫をして下さい。

◆掃除を徹底しましょう。特に家具の裏やベッドの下。エアコンの送風口やフィルターなどが掃除のポイントになります。

またジメジメした季節がやって来ます。今年の梅雨はカビに注意を払って部屋干しを行って下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る