TOP > > 死亡原因第4位!肺炎について知っておきたい4つの事

死亡原因第4位!肺炎について知っておきたい4つの事

肺炎は、日本人の死因第4位に位置する、恐ろしい病として知られています。そこで今回は、肺炎について知っておきたい4つの事をご紹介します。肺炎は急にかかる病気ですから、あらかじめ知っておきたい情報をチェックしておくと、もしもの時に心強いですよ!

肺炎は季節を問わずいつでもかかる!

1つ目の肺炎について知っておきたい事は、「季節を問わずいつでもかかるリスクがある」という点です。例えばインフルエンザは冬、食中毒は梅雨から夏など、季節によって流行する病気も多いですよね。

でも、肺炎は季節を問わず1年を通して発病のリスクを抱えています。ではなぜ、肺炎は季節を問わず、いつでもかかるリスクがあるのでしょうか?

それは、肺炎にかかる原因の一つに、免疫力の低下があるからです。つまり、体力が低下した時や、疲れている時にかかりやすい病気なのです。そのため、季節に係わらず、年中肺炎にかかるリスクはあるという訳なのです。

家庭で出来る肺炎予防法がある!

2つ目の肺炎について知っておきたい事は、「家庭で出来る肺炎予防法がある」という事についてです。肺炎の原因は、肺炎球菌などの細菌やウイルスが肺に入り込む事で発症する病気です。ですから、手洗い、うがいを徹底させる事が大切ですよ。

そして、免疫力をアップさせる事も肺炎予防に効果的です。肺炎の原因となるウイルスや細菌は、免疫力が低下した時に体内で活動を活発化させます。その為、免疫力をアップさせる事が、肺炎予防に効果的なのです。では、どうすれば免疫力がアップするのでしょうか?

免疫力アップの為には、十分な睡眠時間、バランスの良い食事をとるなど、生活習慣を整える事が大切です。肺炎に感染しない為にも、ウイルス対策と免疫力アップを心掛けてください。

肺炎の治療はどんなもの?

3つ目の肺炎について知っておきたい事は、肺炎の治療方法についてです。熱や胸の苦しみ、倦怠感、咳などが続く場合は、肺炎の可能性があります。そういった場合は、病院で治療を受けた方が良いです。

肺炎にお勧めの科は、呼吸器科や内科などです。こういった科にかかる事で、肺炎の適切な治療を受ける事が出来ますよ。では、呼吸器科や内科では、いったいどのような肺炎治療が施されるのでしょうか?もちろん病状やドクターの考えなどによって、治療方法に違いはあります。

重度な患者さんは入院治療が必要ですし、軽度でしたら通院治療で問題ありません。ただ、いずれにせよ、病院での肺炎治療は投薬が主軸となります。肺炎はウイルスや細菌が肺に入る事で感染する病気です。

そのため、抗菌剤、つまりは抗生物質の投与が行われます。また、咳がひどい人には咳止め、高熱が出ている人には解熱剤などが処方されます。病院にかかる事で、肺炎の症状は早く治まりますし、咳や熱などの症状からも早く解放されますよ!

肺炎の症状って何!?

4つ目の肺炎について知っておきたい事は、症状についてです。肺炎という病名は知っていても、症状を詳しくご存じない人も多いです。肺炎の症状は、高熱、咳、呼吸困難、胸の痛み、倦怠感、筋肉痛、関節痛、頭痛などたくさんあります。

しかし、高齢になると熱や咳を伴わない肺炎にかかる事もあります。倦怠感だけが長期間続き、熱や咳が無い場合、病院に行かない人も多いです。しかし、肺炎にかかっている事もあるのです。ですから、体調不良が長く続く時には、病院で一度検査を受けた方が安心ですよ!

このように、肺炎について知っておきたいことは、たくさんあります。万が一肺炎にかかった際には、ぜひお役立てください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る