TOP > > その症状、本当に風邪?風邪と間違えやすい肺炎の症状と見分け方

その症状、本当に風邪?風邪と間違えやすい肺炎の症状と見分け方

咳きこむ女性

風邪と言えば「誰でもかかる病気」、肺炎と言えば「生命の危険がある病気」と言うイメージで語られることが多いですね。しかし「風邪をこじらせて肺炎になった」と言うこともよく耳にします。

実際に風邪と肺炎の間には共通要素も多く見られますので、注意しておかないと肺炎を見落としてしまうかもしれません。一般人に風邪と肺炎を見分けることは大変困難です。

それでも、受診のタイミングを計っておくことで肺炎を見落とさないようにすることはできますし、症状から疑わしいということを見つけることもできます。治療が遅れないようにするコツを見てみましょう。

風邪も肺炎も総称なので内容が複雑になる

風邪は「かぜ症候群」としてまとめられる呼吸器感染症のことです。症候群とは、いくつかの共通の症候( =症状)が見られるという状態を指しています。頭痛・発熱・くしゃみ・鼻水・鼻づまり・咳・痰・のどの痛みは、いずれも症候です。

肺炎は「肺に炎症が起こっている状態」の総称です。もちろん感染によって炎症が起こることが多いのですが、アレルギーによる肺炎も存在しますので、必ずしも感染だけによるものとは言いきれません。

風邪はウイルスで始まることが多い病気

風邪は80%~90%くらいがウイルスによって引き起こされます。その中でも、成人の場合ライノウイルスによるものが最も多くなっています。子供の場合はアデノウイルスやパラインフルエンザウイルスが多く見られます。

コロナウイルスについては、一時期問題になったSARSやMERSの原因ウイルスもこのグループに含まれています。風邪はこれらのウイルスが鼻やのどに侵入することで起こる病気です。

風邪の原因になるウイルスとその割合グラフ

この割合は、研究によって比率の違いがある場合もありますが、多い方からの順番ではだいたいこの様な傾向があるものだとして見て下さい。

風邪は、おとなしく寝ておけば自然に治る病気です。栄養と安静を意識して、充分な水分を摂って寝ておいて下さい。ただし、重症化した場合はお薬による治療が必要になりますので、後でお話しする目安を超えたら受診して下さいね。

風邪は上気道から下気道にまで症状が及ぶことがある

風邪は最初上気道の症状として始まります。上気道とは鼻とのど(咽頭・喉頭)の部分です。くしゃみ・鼻水・鼻づまり・発熱・全身のだるさ・のどの痛みなどが出ます。

これが進行して、炎症が下気道(気管・気管支)にまで及ぶと、咳や痰の排出といった症状も現れてきます。ここまでの症状であれば、、自宅療養で問題ありませんし、特にかぜ薬も必要ありません。

しかし、例えばウイルスによって傷んだ気道に細菌が二次感染して、膿や血液が混じったような鼻汁や痰が出始めた場合は、抗生物質などによる治療も視野に入れなくてはいけません。

そうした場合には必ず医療機関を受診して下さい。最初から膿混じりの痰が出る場合は、肺炎の可能性も考えなくてはいけませんので、この場合も病院へ出かけて下さい。

受診した方がいい風邪の症状

39℃以上の発熱がある場合は受診して下さい
普通のかぜでは39℃以上の発熱はそれほど見られません。インフルエンザなど重症化しやすいウイルスによる感染症である可能性があります。また、肺炎に進展してしまっている場合も高熱が出ることがあります。

また39℃以下であっても、38℃以上で他の症状がいろいろ出たり、1つでも他の症状がひどい場合には受診されることをお勧めします。インフルエンザには抗ウイルス薬がありますし、細菌性の気管支炎や肺炎の場合には抗生物質が有効です。

鼻汁が濁ったら受診して下さい
先にお話しした通り、鼻汁や痰に透明感がなく、膿や血液が混じっているような場合には細菌による二次感染が疑われます。また、炎症が激しすぎてのどや鼻の奥が切れていることもありますね。

そうした場合は、症状を抑えるためだけのお薬であっても、病気全体を重症化させない効果がありますので、必ず受診して下さい。

のどがひどく腫れたり激しい痛みが出たら受診して下さい
細菌の二次感染によってのどがひどく腫れたり、激しい痛みが出る場合があります。また、二次感染がなくても、腫れがひどい場合にはその後から二次感染が引き起こされる可能性が高くなっています。

お医者さんに診てもらって、予防的な意味でも抗生物質が有効になるかもしれません。処方された場合は、症状が軽減しても、必ず全量を飲み切って下さい。中途半端に飲むと抗生物質が効かない耐性菌が生まれる可能性があります。

咳が激しくなったら受診して下さい
上気道に発生した炎症が気管や気管支と言った下気道に及んでくると咳が激しくなりやすいです。こうした場合、咳によって気管支などが傷つき、そこに細菌の二次感染が起こりやすくなります。

また、二次感染が気管支の奥の肺にまで波及してしまうと、肺炎になることもあります。こうしたことを防ぐ意味でも、咳がひどくなったら受診してお薬をもらってください。

咳止めだけであっても、気管支などが傷つくことを防げますので、肺炎の予防にもなると考えられます。

風邪は鼻やのどから、肺の奥へ向かって徐々に侵攻してくると言うイメージです。ですので、肺の手前の気管支にまで炎症が及んだら、すぐに受診しなくてはいけません。

重症化しやすい可能性のある人は風邪でも早めの受診が必要

ただの風邪であっても、重症化しやすいリスクを持っている人はいます。そうした人は、軽い風邪だと思っても念のため早めに受診した方がいいですね。

「風邪は万病のもと」と言うのは、多くの病気の初期症状がかぜ症候群と似ているから生まれた言葉ですが、実際に風邪から波及して重症化する病気も少なくないのです。

高齢者や小さい子供は早めの受診が勧められる

子供の場合は体力がないということもありますし、まだ「獲得免疫」が少なくて、病気に対処しきれない可能性があるからと言うことも理由として挙げられます。

人間の免疫には生まれながらに持っている「自然免疫」と言うものがあります。これは身体が異物と判断したものを問答無用で退治してしまう機能で、ナチュラルキラー細胞などがこの働きを担っています。

一方で、一度かかった病気に対して、その病原体の特徴を記録しておくことで、次からはその病原体に対する専門部隊を展開するのが「獲得免疫」です。予防接種で得られるのは、この獲得免疫の方ですね。

子供の場合、まだ獲得免疫の種類が少ないため、かぜ症候群のような物であっても重症化する場合がありますから、早めの受診が勧められるのです。成長とともに様々な病原体と出会う機会が増えますから、獲得免疫も自然に増えてゆきます。

一方、高齢者の場合、健康な成人に比べると体力が全般的に落ちてきています。免疫機能が万全であっても、それの裏付けになる体力が落ちていると、ただの風邪であっても重症化しやすくなる可能性は否定できません。

ですので、65歳を超えたら充分警戒しておいて下さい。もちろん健康診断などで全く異常を指摘されることもなく、65歳になったばかりだという人の場合は杓子定規に受診する必要はないと思います。

そこは人生経験を積み重ねた方々の経験と知恵で判断してください。でも、くれぐれも自分の体力を過信することのないようにだけは気をつけて下さいね。

基礎疾患のある人は少しの風邪でも必ず受診して下さい

まずは呼吸器系の基礎疾患のある人は、特に注意が必要です。例えば気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)を持っている方の場合、風邪を引くことは大きなリスクになります。

すぐにかかりつけのお医者さんに出掛けて、発作が起こらないようにお薬を増やしてもらうなどの対応をお願いしておきましょう。

また、糖尿病の人も免疫力が落ちていて、ただの風邪が重症化しやすくなっていたり、細菌による二次感染が起こりやすくなっていたりします。この場合も、すぐにかかりつけのお医者さんに診てもらいましょう。

さらに自己免疫疾患などでステロイド薬の内服を行っている人の場合も、免疫力の低下から風邪が重症化しやすい状態にあります。ステロイド薬の内服を行っている人は、風邪に限らず感染症には十分な注意が必要です。

狭心症や心不全など慢性の心疾患を持っておられる方も、風邪には注意が必要です。必ず受診して心臓に悪影響を及ぼさないように手当てを受けておいて下さい。

妊娠中の人は風邪を引く前に手当てをしましょう

妊娠中は風邪を引くことにも予防接種を受けることにもリスクが伴います。しかし、インフルエンザは血清型によって妊娠中の人は重症化しやすい可能性が示唆されています。

また、インフルエンザワクチン自体は妊娠中に使用しても安全であるとされていますので、普段診てもらっている産婦人科医院で相談して、流行期に入る前に予防しておくことが重要です。

また、他の風邪についても「うがい・手洗い」や、外出時のマスク着用など、可能な限り積極的に予防してゆくことが重要です。それでも風邪をひいてしまった場合は、産婦人科医院を受診して、治療について相談するのがベストですね。

妊娠中でも使うことのできる風邪薬がありますから、それを処方してもらえるでしょう。

風邪で受診する目的は「重症化予防」です。自分に弱点があると感じておられる方は、「風邪かな」と思ったら早めに受診されることをお勧めします。

肺炎は細菌感染で起こることが多く風邪よりはウイルス性が少ない

肺炎と言うのは、気管支がどんどん細く分岐していった先にある、肺実質(肺胞などのガス交換機能を持った部分)に炎症が起こる病気をまとめて呼んでいる名前です。

感染症としての肺炎でウイルス感染によるものは全体の1/3程度です。つまり、風邪から波及することはあっても、ウイルスそのものによる部分は限定的だということになりますね。

細菌性の肺炎の大半は肺炎球菌によってもたらされる

肺炎は人間の身体に常在している黄色ブドウ球菌やインフルエンザ菌(インフルエンザウイルスではありません)などの細菌や、環境中にいる肺炎球菌、副鼻腔炎でよく見られるモラクセラ・カタラーリスなどの細菌感染によって起こります。

特に肺炎球菌は、高齢者の肺炎の原因の大半を占めている重要な位置づけにあります。高齢者に対して、肺炎球菌ワクチンによる予防接種を呼びかけるポスターを見たことのある人も多いでしょう。

肺炎球菌は、高齢者の20人~35人に1人くらいの割合で常在していて、咳などによる飛沫感染が懸念されるものです。特に高齢の方は聴力の問題などで接近して話すことが多いので、ワクチンによる感染予防は重要になるでしょう。

細菌性の肺炎 症状

  • 突然の発熱
  • 体がだるい
  • 突然の咳

が現れます。さらに血や膿の混じった痰や胸の痛みを訴える場合もあります。胸の痛みは胸膜炎を発症している可能性があります。

高齢者になると

  • 息切れ
  • 精神状態の変化

が見られる場合もあるので、家族の方は注意しておいてあげましょう。

さらに肺炎球菌によって髄膜炎が起こると、強い肩こりや頭痛、いつもうとうとしているといった症状が現れることもありますので、発熱に続いてこの様な症状が出たら、すぐに受診して下さい。

感染性の肺炎に共通する症状

肺炎を起こす細菌には肺炎球菌やインフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌、モラクセラ・カタラーリス、肺炎桿菌など様々なものがありますが、症状はいずれも似通っています。

注意しておくべき症状は突然の発熱に伴う、色のついた痰の出る咳です。他にも全身のだるさを伴う場合もありますね。さらに、

  • 胸の痛み
  • 息苦しさ

がある場合は重症の可能性がありますので、一刻も早く受診して下さい。

高齢の方の場合は、

  • 食欲不振
  • ボーっとしがち
  • 呼吸が早い
  • 元気がない

などの場合も肺炎を疑うことがあります。

一方、発熱がないとか微熱程度だとか言う場合で、咳が長引いてしまう場合には、肺炎ではなく結核の可能性が出てきますので、2週間を目安に咳が治らない場合は軽症でも必ず受診して下さい。

非定型肺炎と言う変わり者もあるのでこちらも注意

これまで紹介してきた肺炎の症状は、いわば「お約束の症状」でした。しかし、感染性の肺炎の中にはそうしたお約束の症状を表さないものがあり、「非定型肺炎」と呼ばれています。

例えば、クラミジアの仲間による肺炎には3種類があります。

1つは有名なオウム病から発展した肺炎です。オウム病の一つの形態として、呼吸器症状が強いものはインフルエンザに似た症状が出ます。

オウムに限らず、鳥との接触機会があった人が、インフルエンザの季節でもないのに

  • 高熱
  • 全身のだるさ
  • 筋肉痛
  • 関節痛
  • 頭痛

などに見舞われた場合は、すぐに受診して鳥類との接触があったことを伝えて下さい。

肺炎クラミドフィラによる肺炎も、定型肺炎とは異なる症状である場合があります。この病原体による病気は、風邪と同じのどや鼻の炎症・急性副鼻腔炎・気管支炎にとどまる場合もあります。

その場合は乾いた咳ですが、肺炎に進展すると痰が出ます。他の症状は高くない発熱と長引く咳ですので、先にお話しした結核の疑いのある場合と似ています。咳が長引くようであれば、熱が低くても受診して下さい。

クラミジア・トラコマチスによる肺炎は、この菌に感染したお母さんから生まれた赤ちゃんが産道感染することで起こりますので、今回は省きます。

子供に多いマイコプラズマ肺炎も非定型肺炎

子供の肺炎としてよく話題に上るマイコプラズマ肺炎ですが、肺炎としては変わった症状が起こることがあるので見落とさないように注意が必要です。一方で比較的軽症に終わることも少なくない病気です。

マイコプラズマは細菌ですが、非常に小さく一般的な細菌とは性質が異なり、効く抗生物質も限られていますので、マイコプラズマ肺炎であると言う診断を早くつけることが重要です。

この病気は頭痛・発熱で始まります。発熱に伴って、全身のだるさが現れることもあります。その症状が出てから3日~5日後に咳が始まります。最初は痰が絡まない乾いた咳であることが多くなっています。

その咳は、日を追うごとにひどくなってきて、熱が下がってからも3~4週間ぐらいと長く続く傾向があります。幼児と言っても就学直前くらいの年齢から児童期を超えて青年期にかけての人では、終わりごろにかけて痰が出てくることが多いです。

この病気の特徴は呼吸器症状以外の症状が多くあることです。必ずしも全部の症状が出るわけではありませんが、バラエティに富んでいますので、惑わされないようにしなくてはいけません。

例えば、

  • 鼻の症状
  • 耳の痛み
  • かすれ声
  • 腹痛や下痢

などが出ることがあります。さらに、皮膚にブツブツができることもあります。

呼吸器症状では、喘息のような喘鳴(ぜんめい:ぜーぜー・ひゅーひゅーと言う呼吸音)が現れるケースも半数近くに上っていますので、喘息と勘違いされるかもしれませんね。

その他にも内臓に合併症が現れるケースもありますので、発熱に数日遅れて咳が出始め、しつこく続くようであれば受診することが大事です。咳の出始めで受診するのも悪くありません。

レジオネラ肺炎は死亡率の高い非定型肺炎

入浴施設や家庭用の24時間風呂、家庭用・業務用の超音波加湿器などが感染源になって発生することが知られているレジオネラ菌感染症の劇症型は、非常に重い肺炎を起こすことが知られてます。

この病気は中高年の男性に多く、女性の数倍~10数倍の患者数が記録されています。症状としては他の肺炎と区別しにくいこともあるのですが、粘り気がないのに膿や血が混じる痰は特徴的です。

公共入浴施設に行ったとか、超音波加湿器を常用しているとか、さらには家庭で24時間風呂を使っているといった人が、

  • 突然の発熱
  • 体のだるさ
  • 頭痛
  • 筋肉痛
  • 食欲不振

に見舞われた場合には注意が必要です。

発熱の2~3日後に咳が出だした場合は受診しましょう。その後、先にお話ししたような痰が出始め、熱が38℃を超える高熱となります。

悪寒や胸の痛み、呼吸困難に続いて、下痢・四肢のふるえ・幻覚・昏睡と重症化してゆくこともあります。

この病気は高い数値の統計では30%の致死率が報告されている例もありますから、特に中高年の男性は、先にお話ししたようなリスクは避けるように注意しましょう。

近年、結核の再流行も懸念されていますね。ツベルクリン検査も全員に実施することはなくなっているようです。抗菌剤で治療できる病気ではありますが、高齢者の方は特に注意しておいた方が良い病気ですよ。

肺炎には感染性ではないものもある!誤嚥性、薬剤性、アレルギー性肺炎

例えば、高齢者の誤嚥性肺炎は細菌による感染ですが、その原因は本来吸いこむべきではない飲食物などを呼吸器に吸いこんだことによる肺炎です。ですので機械性肺炎に分類されることもあります。

一方、他の病気で使っているお薬が原因で起こる肺炎もありますし、アレルギーのような反応によって肺炎が引き起こされる場合もあります。いずれにしても早期の受診が必要です。

誤嚥性肺炎は高齢者の大きな課題

誤嚥性肺炎は、物を飲み込む時にうっかり気道の方に入ってしまったという現象から始まります。若い人が慌てて物を飲んだ時に「妙なところに入った」と咳き込むのも誤嚥の一種ですが、高齢者の場合、もう少し事態は深刻です。

高齢者の場合、知らず知らずのうちに飲食物の一部が肺の方に流れこんでいって、本人や周囲の人がそれに気づかないと言うケースがあります。特に問題になるのは、唾液が知らない間に肺の方へ行ってしまうと言うケースですね。

この場合、咳き込んだりすることもないので気づかれにくいのですが、唾液には細菌も含まれていますので、それによって感染してしまうことがあります。(不顕性誤嚥)

具体的な対策はお医者さんと相談しなくてはなりませんが、本人やご家族が行える対策として3つのことがあります。

  • 今、飲食しているのだということをしっかり意識において飲食する
  • 食後2時間程度は、身体を起こして椅子などに座っておく
  • 口腔ケアをしっかり行っておく
テレビを観ながら食事をするなどの習慣は、食べているということから意識が離れるため誤嚥を起こしやすくなります。食べ物を見て、味わって、咀嚼して飲み込むということをしっかり意識することで食事を楽しめますし、誤嚥を防げます。

食後すぐ体を横にすると、逆流が起こって、それが気道の方に入ることがありますので、食後2時間程度は身体を起こしておきましょう。

そして、口腔ケアをしっかり行い、特に歯周病を対策することで口の中の雑菌を減らせます。そうすることで唾液の流れ込みによる感染も減らせるでしょう。

薬剤性肺炎は薬の副作用で起こる

お薬の副作用の中には「間質性肺炎」と呼ばれるものがあります。普通の肺炎は、空気を取り込む肺胞の部分である「肺実質」に炎症が起こっていますが、間質性肺炎は、肺胞を仕切っている隔壁に炎症が起こる病気です。

「階段を登ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる」、「空咳(からせき)が出る」、「発熱する」、などがみられ、これらの症状が急に出現したり、持続したりするような場合で、医薬品を服用している場合には、放置せずに医師、薬剤師に連絡をしてください。

受診する際には、服用した医薬品の種類、服用からどのくらいたっているのか、息切れ・呼吸困難の程度などを医師に知らせてください。

なお、間質性肺炎を起こす可能性がある医薬品、すなわち、抗がん剤、抗リウマチ薬、インターフェロン製剤、小柴胡湯(しょうさいことう)、アミオダロンなどでの治療を受ける方は、

あらかじめ、担当医から使用する医薬品の種類、その特徴、効果、間質性肺炎を含めた副作用とその監視のための検査計画などの説明があると思いますので、その指示に従ってください。

抗がん剤から漢方薬まで幅広いお薬にこの副作用の可能性が指摘されていますが、場合によっては市販薬でも起こりうる病気ですので、異常があったら思い当たるお薬を持って受診して下さい。

アレルギー性の肺炎には喫煙が関係することもある

何らかの物質がアレルゲンとなって、好酸球と言う免疫細胞を集めてしまうことで発生する好酸球性肺炎はアレルギー性の病気です。症状としては発熱・全身のだるさ・咳と言う、一般的な肺炎のものです。

一方で、喘息のような喘鳴が現れることもあります。アレルゲンはカビなどが考えられますが、不明なまま治療せざるを得ないことも少なくありません。

ステロイド薬はよく効きますが、完治するまでに長い時間がかかることもあるので、副作用には注意が必要です。

また、発症から数日でひどい咳と呼吸困難が現れ、肺のレントゲン写真が全部真っ白に写ってしまうような急性の肺炎があります。

これは、若い人で喫煙を始めたばかりの人に多く見られることから、たばこに含まれる何らかの物質によるアレルギーと考えられています。

まだたばこを吸っていない人は、こうした危険性があることも踏まえて、喫煙をしないようにした方がいいですね。

風邪と肺炎は紙一重なので重症度で判断して受診する

ここまで見てもらって判る通り、風邪と肺炎が非常によく似た病気ですし、完全に別の病気として切り分けることもしにくいものです。

ですので、最初の方で紹介した「受診した方がいい風邪」に当てはまったらお医者さんに行くと言う基準で判断されるのがいいでしょう。

もう一度簡単に繰り返すと「38℃~39℃以上の熱」「色のついた痰や鼻水」「ひどい喉の痛みや腫れ」「ひどい咳」の、どれか一つに当てはまったら受診することで、肺炎であっても早期に対処できるでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る