TOP > > 知っておきたい肺炎の疑問!5つのQ&Aで疑問を解決!

知っておきたい肺炎の疑問!5つのQ&Aで疑問を解決!

肺炎は、誰もがかかり得る病気です。しかし実際には、今までの人生で一度も肺炎に感染した事が無い人も大勢いらっしゃいます。その為、肺炎に関して分からない事が多いと言う人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、多くの方が疑問に思う肺炎に関する事を、Q&A形式で5つご紹介します!

Q:肺炎になるとどんな症状が現れる?

A:肺炎という病気を知っている人は多いです。しかし、かかった事が無い人も多い病気でもあります。その為、どのような症状が出るのか、ご存じない方も多いです。では、肺炎にかかると、どのような症状が現れるのでしょうか?

まずは高熱、咳、頭痛、胸痛、倦怠感などが多いと言われています。しかし高齢の方は、肺炎に感染しても倦怠感だけで、熱や咳が一切出ない事もあるようです。その為、倦怠感が続く人は、一度呼吸器科などで肺炎の検査をする事をお勧めします。

Q:肺炎の原因は何?

A:肺炎の原因は、主に細菌やウイルスである事が多いです。これ以外にも、カビや誤嚥などがきっかけで肺炎にかかる事もあります。原因は様々ですが、いずれの場合も、免疫力が低下している時に感染しやすいと言われています。

ですから、日ごろから栄養バランスの良い食事やストレスを溜めない事などを心掛けて、免疫力の低下を抑えてください。

Q:肺炎球菌ワクチンは保険外治療?

A:肺炎予防に受ける人の多い肺炎球菌ワクチン。今のところ、保険外治療となっています。その為、予防接種にかかる費用は、各医療機関によって異なります。しかし、各自治体などで独自に助成を受けるシステムを設けている場合もあります。

ですから、まずは各自治体にお問い合わせください。もしかしたら、格安価格で肺炎球菌ワクチンの接種が受けられるかもしれません。

Q:どうすれば肺炎の予防が出来る?

A:肺炎の予防方法には、免疫力アップ、口腔内の衛生、禁煙、手洗い、うがい、マスクの着用、予防接種などが効果的です。肺炎にはいくつか種類があるのですが、ウイルスや細菌が原因の肺炎には、特に手洗い、うがい、マスクの着用などが効果的です。

外から帰ってきた際には、必ず手洗いとうがいを心掛けてください。また、高齢者などは免疫力が低くなりがちです。そのため、規則正しい生活を送り免疫力をアップさせたり、肺炎球菌ワクチンを受けるなどして、しっかり肺炎予防に努めてください!

Q:肺炎は必ず入院する必要がある?

A:以前は肺炎にかかると、ほぼ全員が入院治療を受けていました。しかし現在では、効果の高い薬が開発された事もあり、重症化していない肺炎患者さんは、通院治療で大丈夫になっています。では、通院の場合、どのような治療が施されるのでしょうか?

肺炎の治療は、主に投薬治療です。肺炎の原因となる細菌やウイルスに効果的な抗生物質(抗菌剤)が処方されます。それを一定期間服用する事で、肺炎の症状が治まります。また、熱のある人には解熱剤など、症状に合わせて薬が服用されます。

以上が肺炎に関する5つのQ&Aです。ぜひお役立てくださいね!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る