TOP > 肺炎

肺炎の特徴と対策

肺炎とは、肺に炎症を起こした状態のことを言います。高齢者の死亡原因第一位の肺炎。肺炎の原因となるものには、細菌、ウィルスを吸い込むことで起きるものと、アレルギーや薬の服用によって起きるものとがあります。

肺に炎症が起きるため、咳や痰、喘鳴などの呼吸器に症状が出て、発熱や食欲低下、水分不足による脱水などを引き起こします。症状が悪化すると、呼吸困難に陥る為、人工呼吸器をつける必要があったり、重症化すると命を落とす危険があります。

また、高齢者に多い、誤嚥性肺炎は、高齢による嚥下機能障害のために、寝ている間に、病原体が唾液と共に気道から肺に入って、炎症が起きます。治っても、繰り返して再発することが多く、治療もですが、予防も大切なことです。

こちらのカテゴリでは、肺炎の特徴について、肺炎の原因について、肺炎の症状について、などをご紹介しています。

肺炎にかかりやすい人というのは、免疫力が低い人です。高齢者や幼児がかかりやすいのは、免疫力が低いからです。また、ステロイド剤を使用されている方も、かかりやすいとされています。一日三食の食事をしっかりとって、免疫力を上げて応戦しましょう。

・肺炎の特徴とは
肺炎にかかりやすい人には特徴があった!5つの特徴を徹底紹介

肺炎の原因とは

肺炎にもいろいろあり、マイコプラズマという細菌によって起きるもの、ウィルスやカビを吸い込むことによっても起きます。肺炎の原因が何かを知ることは、その病気と向き合う上で大切なことです。肺炎になったら、まずは原因究明から。

・肺炎にもいろいろあるのです
肺炎の原因っていったい何?4つの原因とその対策について
実は4つの種類に分かれていた!?肺炎の種類別特徴について

肺炎の症状とは

肺炎と風邪の症状は良く似ています。そこで、ついつい見過ごしてしまいがちで、気づいたときには重症化している。ということも多く見られます。咳が眠れないほどひどくなってきた、全身に倦怠感がある、胸が痛い。などの症状があれば、肺炎を疑いましょう。
・風邪と肺炎の違い
その症状、本当に風邪?!風邪と間違えやすい肺炎の症状と見分け方

肺炎は、風邪と間違いやすく、気づいたときには重症化している。ということも多く見られます。肺炎がどのような症状なのか、肺炎の治療はどういうことをするのか、肺炎の予防接種に保険は適用されるのか、肺炎の正しい知識を得ておきましょう。

・肺炎の知識
知っておきたい肺炎の疑問!5つのQ&Aで疑問を解決!
死亡原因第4位!肺炎について知っておきたい4つの事

肺炎の予防方法

肺炎は、予防することが出来る病気です。手洗い、うがいを徹底すること。高齢者に多い誤嚥性肺炎の原因となる口の中の細菌を増やさないために、しっかり歯磨きをすること。禁煙も望ましいことです。また、免疫力をアップさせることも、肺炎の予防には効果的です。

・予防法を生活習慣に
肺炎を予防する鍵は日常生活にあった!5つの肺炎予防法

高齢者に多い誤嚥性肺炎ですが、年齢が上がることによって、飲み込む力が弱くなり、口の中をコンロロール出来なくなるために起きます。

また、脳障害を患った患者さんにも、誤嚥はよく見られる症状です。介護をされている方は、食べ物を、患者が飲み込みやすい固さ、大きさにし、必要であればドロドロ食に切り替えるなども、予防になります。また、口の中のケアをしっかりし、清潔に保ちましょう。

・高齢者に多い誤嚥性肺炎
血圧降下薬の中に誤嚥性肺炎を予防する薬あります
誤嚥性肺炎を防ぐために。介護をする人のための安全な食事ガイド

肺炎は、日本人の死亡原因でも4位につけており、とても深刻な病気です。そこで、65歳以上の方や、糖尿病や心疾患のある方などは、肺炎になる前に、肺炎球菌ワクチンを接種しておくことで、菌に対する免疫を備えることが出来ます。

自治体によっては、費用の助成もありますので、市町村の窓口に問い合わせてみられるのもよいでしょう。

・ワクチン接種について
肺炎から命を守る!特に肺炎球菌ワクチン接種を受けたいのはこんな人

肺炎の対策方法とは

梅雨時期というのは、湿気が多い季節です。外に干せないので、洗濯物も室内に干すことになります。ここで気を付けたいのが、カビの発生です。カビが空気中に漂っていると、それを吸い込むことにより、肺炎となります。カビがはびこることのないように、除湿器やエアコンをつけ、湿度に気を付けましょう。

・カビが原因!?
梅雨の洗濯は部屋干しが良い!でもカビによる肺炎に注意して下さいね

肺炎が招く病気とは

喫煙は、肺炎のリスクを上げるということをご存じでしょうか?長く喫煙していればいるほど、肺の働きが悪くなり、肺炎の進行が早くなることもあります。肺炎は、呼吸が出来なくなり、呼吸困難、そして死へと向かう危険性を持っています。リスクを下げるためにも、煙草は控えられるようにしましょう。

・命にもかかわる肺炎
脳卒中を抜いて死亡原因3位に!タバコをやめて肺炎リスクを下げよう

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る