TOP > > 生理痛に即効性のあるツボ!辛い時はセルフ指圧でスッと緩和

生理痛に即効性のあるツボ!辛い時はセルフ指圧でスッと緩和

woman is good tone of stomach

毎月の生理はただでさえブルーなのに生理痛まで起こると「女性って損だなあ」とため息が出てしまいそうです。

しかしそこは前向きにとらえ、少しでも早く生理痛が楽になるようケアを行なっていきましょう!今回は生理痛をやわらげるツボを一気に紹介していきます。

鎮痛薬と違って胃が荒れたり眠くなるなどの副作用がない上、お金もかかりません。是非、生理痛に良いとされるツボを覚えておいてくださいね。

最後に、指圧で痛みがやわらぐメカニズムについても解説いたします。

ツボ指圧で生理痛をやわらげるときのポイント

生理痛は不要になった子宮内膜が経血と一緒に体外へ押し出される時、子宮が強く収縮して起こる痛みです。

  • 下腹部痛
  • 腰痛
  • 冷え
  • 脚の引きつる感じ
  • 吐き気

などを伴うこともあります。

あまりにも生理痛の強い時は婦人科の受診をおすすすめしますが、多くは生理痛が辛いと感じた時にツボを押すことで痛みをやわらげることもできます。

生理中の症状はデリケートなので、指圧は基本的な方法と注意点を確認した上で行うと良いでしょう。

指圧する前の注意点

指圧はいつでも手軽に実践できますが、次の場合は気分が悪くなったり、症状が悪化したりする場合があるので、指圧は避けてください。

指圧してはいけない時

  • 飲酒時
  • 食後1時間以内
  • 発熱時
  • 鎮痛剤が効かないほど生理痛の強い時
  • 病気や怪我をしている時

基本的な指圧の方法

冷たい手指でツボに触ったら体が冷えて逆効果。事前に、両手をこすり合わせるなどして温めてから指圧を行ないましょう。

ツボの位置は実際に押してみないと分からないので、まず「大体この辺かな」と思う場所に親指の腹を垂直に押し当ててみます。

そこから少しずつずらしていき、最も「痛気持ちいい」と感じる場所を見つけてください。

一カ所のツボにつき「一押し3~5秒」を3~5回繰り返します。指圧中の呼吸はゆっくりと大きく。ツボを押す時は息を吐き、指を離す時に息を吐きます。

ツボを強く押し続けたり、一つのツボを長時間押したりすると皮膚や筋肉に炎症を起こしてしまい逆効果なので、押し過ぎには注意してくださいね。

基本的な方法と注意点さえ押さえておけば、指圧はそう難しいものではありません。痛い時にさっと押すのも良いし、リラックス時や入浴後に押すとさらに効果が高まりますよ。

次は場所ごとにツボを紹介していきます。

生理痛・腰痛に!お腹・腰にある生理痛のツボ

お腹・腰のツボを紹介します。お腹のツボは近くに集まっているので、複数のツボの上に手のひらを当て、同時にやさしく指圧するのもおすすめです。

またお腹や腰のツボは指圧するだけでなく、温めるのも大変効果的です。使い捨てカイロを当てるのも良いでしょう。

気海

気海(きかい)は、へそから指2本分(約3㎝)下がった場所にあります。気が集まる場所で、押すとエネルギーがみなぎると言われています。

生理痛に効くツボ気海

効能
生理痛、腰痛、腰の冷え
押し方
人差し指、中指、薬指の3本の指でやさしく押します。

関元

関元(かんげん)は、へそから指4本分(約5~6㎝)下がった場所にあります。丹田(たんでん)と呼ばれることもあり、ここに力を入れると体中にエネルギーがみなぎるとも言われているツボです。

生理痛に効くツボ関元

効能
生理痛、冷え性、ホルモンバランスの乱れ、むくみ
押し方
人差し指、中指、薬指の3本の指でやさしく押します。

中極

中極(ちゅうきょく)は、関元から指1本分下で恥骨上端の指1本分上がった所にあります。中=体の中央、極=端から端を貫く柱、という意味を持つツボです。

生理痛に効くツボ中極

効能
生理痛、冷え性、腰痛、膀胱炎、男女の生殖機能アップ
押し方
両方の親指または人差し指を並べて中極をやさしく押します。膀胱を刺激する場所にあるツボなので、トイレで排尿を済ませてから指圧してください。

腎兪

腎兪(じんゆ)は、ウェストの一番細い場所、へそから左右へ指2本分(約3~4cm)外側にあります。腎兪とは、「腎臓を癒すツボ」という意味です。

生理痛に効くツボ腎兪

効能
腰痛、腰の冷え、生理痛
押し方
腰に手のひらを当てると、自然と親指が腎兪の位置に当たります。親指の腹をゆっくりまわすように腎兪を揉みながら押すと良いでしょう。

生理痛や冷え性に効くツボがいっぱい!足にある生理のツボ

婦人科疾患の代表的なツボ「三陰交」「血海」に加え、足には生理痛のツボがたくさんあります。

陰簾

陰簾(いんれん)は、内太もものそけい部から指3本分下がった少し前側にあります。陰=陰部、簾=隅っこという意味があり、太ももの内側にあるツボを意味します。

生理痛に効くツボ陰簾

効能
生理痛、おりもの、内太ももの痛み、男女の生殖機能アップ
押し方
そけい部から約4~5㎝下がった所の骨と筋の間に、親指の腹をぐっと押し込みます。

五里

五里(ごり)は、陰簾から指1本分下がった所にあります。箕門(きもん)というツボから5寸離れたところにあるためにこの名前が付いています。

生理痛に効くツボ五里

効能
下半身の冷え、筋肉のこわばり
押し方
そけい部から約5~6㎝下がった所を陰簾と同じように、親指で指圧します。

血海

血海(けっかい)は、内太ももの脚を伸ばした時に膝の上にできるくぼみから指3本上の所にあります。血海とは、血の集まる所を意味しています。

生理痛に効くツボ血海

効能
生理痛、下半身の冷え、イライラ、更年期障害
押し方

血海は押すと圧痛があるので、位置が見つけやすいツボです。膝の上をつかむようにして親指を血海に当て、指の腹で少し強めに押します。

三陰交

三陰交(さんいんこう)は、内くるぶしから指4本分上がった所にあります。ツボの通り道が3つ交わることから三陰交と呼ばれています。

婦人科系の疾患に関連し、押すと強く痛む人は子宮や卵巣に何か問題の起きている可能性も考えられます。

生理痛に効くツボ三陰交

効能
生理痛、冷え性、ホルモンバランスの乱れ、不妊症
押し方
両手で足首をつかみ、両方の親指を三陰交に当てて深く押します。

復溜

復溜(ふくりゅう)は、足の内くるぶしの中心から指2本分上がった所にあります。複=再び、溜=水流という意味があり、気の流れが再び戻ってくる場所という意味を持ちます。

生理痛に効くツボ復溜

効能
婦人科系の疾患、冷え性、足のむくみ
押し方
片方の手で足首をつかみ、親指を内くるぶしの上に当てて強めに押し込みます。

太谿

太谿(たいけい)は、内くるぶしの後ろ、アキレス腱手前のくぼんだ所にあります。太=勢いのある様子、谿=渓流を意味し、足の裏にあるツボ「涌泉」から湧き出たエネルギーが流れ込む場所という意味を持ちます。

生理痛に効くツボ太谿

効能
生理痛、冷え性、腰痛
押し方
足首をつかみ、親指を内くるぶしの後ろに当ててゆっくり押し込みます。

照海

照海(しょうかい)は、内くるぶしの指1本分下がったくぼみにあります。照=明るい光、海=エネルギーの集まる場所を意味し、照海は眼疾患を治し視界が明るくなる、という意味を持ちます。

眼疾患だけでなく、婦人科系の疾患にも効果のあるツボです。

生理痛に効くツボ照海

効能
生理痛、おりもの、不眠、眼疾患
押し方
足首をつかみ、親指を内くるぶしの下に当て、親指で上に引き上げるように少し強めに押します。
足首には婦人科系の疾患に関連するツボが集まっています。靴下を履いたり足湯をしたりして足首を温めるのも、指圧と同じような効果がありますよ。

手・腕のツボ

手や腕にも生理痛のツボがあります。手のツボは人前でもさりげなく指圧できるので、覚えておくと便利です。

合谷

合谷(ごうこく)は、親指と人差し指の骨が交差する所から少し人差し指側のくぼみにあります。合=親指と人差し指が出会うこと、谷=指と指の間を意味しています。

「万能のツボ」とも言われ、さまざまな痛みをやわらげる効果を持っています。

生理痛に効くツボ合谷

効能
生理痛、腰痛、冷え性、むくみ、イライラ
押し方
合谷にもう片方の手の親指の腹を当て、人差し指側のほうへ押しこみます。

生理痛が手や足の指圧で消える理由は?

最後に、指圧がさまざまな痛みや不調をやわらげる理由について説明しておきましょう。「内臓が痛いのに、関係ない手や足のツボを押して痛みが消えるのは不思議」だと思う人も多いのではないでしょうか。

私達の体には皮膚に刺激を与えると、反射的に自律神経の作用によって心拍数や血流など体の変化が起こる仕組みになっています。これを「体性-内臓反射」と呼び、その良い作用が整体や鍼灸などの療法に活用されています。

ツボ(経穴)は体に張りめぐらされている「経路」という道の上に点在し、全身に361カ所が確認されています。経穴を押すと経路を通して具合の悪い所に刺激が伝わり、瞬時に筋肉のこり神経の痛みがやわらぐのです。

この経穴は、誰がどうやって決めたのでしょう。実は、数千年にはすでに経穴のようなものが発見されていたことも分かっているのです。

「痛い所がある時に偶然どこかを押したら、痛みが和らいだ」「具合の悪い時に人が無意識にさすったり押したりする場所がある」といった発見の積み重ねが膨大なデータとなって、現在のツボ理論に至ったといわれます。

経穴のほとんどは、筋肉の負担で起こる「筋膜性疼痛症候群」のトリガーポイントと共通しているといわれています。(トリガーポイント=押して痛ければ、関連する場所に何らかの疾患があると判断できる点のこと。)

ツボ理論を用いた指圧や鍼灸は医学的にもその治療効果が認められ、2006年にはWHOによって361穴の経穴が正式に確定しています。

ツボを押した時の痛みは、体調によって常に変化しています。トリガーポイントであるツボを押した時にいつもより痛む時は、そのツボに関連する部位の調子が悪いということです。

逆に不調のある時は、関連するツボを刺激することで自律神経が反応し、瞬時に遠く離れた場所の不調をやわらげることができる、というわけなのです。

指圧に併せて体調を整えることも忘れずに

いかがでしたか。生理痛のツボはたくさんありますが、ツボ同士が同じ場所に集まっているので、まとめて覚えやすいのではないでしょうか。

生理痛がひどすぎる場合は子宮内膜症なども原因に考えられるので、指圧に頼らず婦人科を受診してください。

多くの人はホルモンバランスの乱れや血行不良で生理痛が起こっているので、ツボの刺激が有効です。併せて、規則正しい生活を心がけたり体を温めたりして体調を整えることも忘れないでくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る