TOP > > 腰痛?吐き気?イライラ?【タイプ別】生理痛のお手当

腰痛?吐き気?イライラ?【タイプ別】生理痛のお手当

「PMS」という言葉をテレビや雑誌で目にした事はないでしょうか。PMSとは「月経前症候群(Premenstrual Syndrome)」の事で、生理の始まる3~10日前ごろから体や心に不調が現れます。身体的症状でいえば、腹痛・腰痛・頭痛・肩こり・むくみ・肌荒れ・便秘や下痢・動悸などです。

精神的症状でいえば、イライラ・憂鬱・眠気・苛立ちなどの仰うつ症状です。女性の8割以上の方が経験をしているというPMS。しかしデリケートな問題ですし、「病気ではない」となかなか理解され難いのも現状ではないでしょか。

そもそもPMSが起こる原因は、はっきりと解明されていません。しかしひとつ言えるのは、生理は月に一度、子宮の中を掃除する大切なイベントなのです。

たっぷりの睡眠でストレスのない生活を心がけよう

PMSにストレスは大敵です!ゆったりした気持ちで生理期間を過ごせるように、正しい生活習慣を心掛けてみてください。睡眠不足は思考をネガティブにし、ストレスを貯めやすい状態にします。

睡眠前にゆったり湯船に浸かり、頭の中をリフレッシュさせてください。上質な睡眠をとるために、睡眠前に軽いストレッチをするのもおすすめです。

「冷え」は痛みを増加させる?!外から中から「冷え」対策

PMSだけでなく「冷え」は万病の元。とくに生理前になると、ホルモンの影響から体が水分を貯め込みやすくなり、余分な水分が溜まると冷えが生じます。さらに生理中は血液が体外に出されるために余計冷えていってしまうので、生理前や生理中は普段よりも特に「冷え」の対策が必要になります。

腹巻きや靴下などの対策だけでなく、暖かい飲み物や食べ物を摂り、体の中から温めるようにしましょう。きつい下着や服も血流の邪魔をする事で冷えの原因になります。

おすすめは「足湯」です。生姜をガーゼなどにくるんでお湯に入れると、より効果が感じられます。45℃くらいの、お風呂よりも熱めのお湯に10分ほど足をつけているだけで、うっすらと汗をかくほど体が温まってきます。マクロビオティックでは生姜の足湯は毒素の排出にもなると言われています。

【症状別対処法】 腹痛、お腹の張り/腰痛、臀部痛

腹痛や腰痛は生理痛の中でも最も多い症状です。子宮の収縮や冷えなどが原因だと考えられている為、下半身を冷やさないようにしましょう。

腰痛や臀部痛がひどい方は骨盤のゆがみが原因の場合があります。腰回しや骨盤枕などでセルフケアする方法もありますが、専門の整骨院などで診てもらう方がよいでしょう。

又、吐き気やめまいを伴うほどのひどい腹痛がある場合は、早急に婦人科への受診をおすすめします。放っておくとどんどん悪化する婦人科系の病気もあります。

【症状別対処法】 頭痛/吐き気

生理痛の一症状として「頭痛」は多くの人の悩みです。ひどい人は吐き気も伴うほど。原因ははっきりと解明されていませんが、ホルモンの変化で血管が拡張され、どくどくと波打つような頭痛になったり、大量の血液が排出していくので、血流の変化であったりなどが原因とし言われています。

深く呼吸をし、リラックスして自律神経を安定させてください。血流の流れを整える為には足を動かす踏み台昇降などの運動が有効だと言います。

山道などでマイナスイオンと木漏れ日を浴びながらゆっくりと散歩してみてはいかがでしょうか。目の疲れや肩こりなどが原因の場合もあるので、座り仕事でパソコンなどの作業が多い方は、伸びやストレッチをして体と心をほぐしてみてください。

【症状別対処法】 眠気

生理前に何をしても眠くなる事がりますが、これは「黄体ホルモン」の影響だと言われています。別名「睡眠ホルモン」と呼ばれる黄体ホルモンは、妊娠中にも分泌され、体をやすめるようにサインを出しています。

黄体ホルモンの影響で体温が高くなり、体が熟睡しにくい状態になっています。その結果どれだけ寝ても眠い状態になります。カフェインなどの刺激物は精神的に不安をあおるので、なるべく控えるようにしましょう。砂糖の過剰摂取もなるべく控えたほうがいいです。血糖値の乱高下で眠気やめまいなどの症状がでます。

布ナプキンを使用すると、頭痛や腹痛などの症状がおさまったという話を聞きます。ケミカルな紙ナプキンとは違い子宮が直接ぽかぽか温まり、肌触りが良く快適に過ごせます。

人それぞれ自分の体と長く付き合っていく方法を見つけていく必要があります。もし、日常生活を送るのも不便なほどの痛みがあるのならば、婦人科でお薬をもらう事も賢明な選択肢です。

体が冷えてないかな?生活リズムをはどうかな?と自分の心と体の声に耳を傾け、時には薬に助けてもらいながら、大切な体の作用なのですからゆったりとした心で生理期間中を過ごせるようになりたいものです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る