TOP > > シリアスな場面でなぜか笑ってしまう…失笑恐怖症の原因と治療法

シリアスな場面でなぜか笑ってしまう…失笑恐怖症の原因と治療法

シリアス笑い

「今、笑ってはダメ」と言われると逆に笑いたくなってしまって、プッと拭き出したりニヤニヤしてしまったことはありませんか?

「○○してはいけない」と思うとかえってそのことが気になって、したくなるのが人の心理というものです。

しかし、お葬式や重要会議の最中などシリアスな状況でうっかり笑ってしまったら大変。ひんしゅくを買ってしまいます。

また、悪気はないのに笑ってはいけない状況で笑ってしまう「失笑恐怖症」という病気もあるのです。今回は、某タレントも子どもの頃から患っているという失笑恐怖症について説明していきます。

おかしくないのに笑ってしまう「失笑恐怖症」は不安障害の一種

笑ってはいけない場面でおかしくないのに笑ってしまうのは「失笑恐怖症」という不安障害の可能性があります。

失笑恐怖症は恐怖症(特定の物に強い不安を感じる症状)の一種です。ちなみに、恐怖症には対人恐怖症、高所恐怖症、動物恐怖症…などさまざまな種類もあります。

高所恐怖症は高い所が怖い、失笑恐怖症は失笑(笑ってはいけない時に笑い出すこと)が怖い病気というわけです。

つかみどころのないキャラクターで茶の間にも親しまれている漫画家の男性タレントは、子どもの頃から笑ってはいけない状況で笑いが止まらなくなってしまうため、葬式でニコニコして周囲を激怒させるような失敗も数々あった、ということです。

しかし本人はけっしてふざけているわけでもなく、「笑わないようにしなければ」と思えば思うほど笑いたくなり、周囲の空気が凍りつく中で笑いが止まらなくなってしまうのだといいます。

「高い所が怖い」「蛇が大嫌い」「異性には緊張しやすい」といった苦手なものは、誰にでも一つはあるもので、通常の生活に支障がなければ、それほど気にしなくても大丈夫です。

またシーンと静まり返っていると、ちょっとした物事がいつもよりおかしく感じられ、拭き出しそうになるのもよくあることなので、すぐに「自分は失笑恐怖症ではないか」と気にすることもありません。

しかし次に挙げるような症状によって、深刻に悩むようになったり生活や仕事に悪影響が出たりするようになったら、失笑恐怖症の可能性も考えられます。

  • おかしくないのに笑いがこみ上げてくる
  • 緊張すると笑ってしまう
  • 笑ってはいけないと思うほど笑ってしまう
  • 人前で症状が起こり、一人でいる時は症状が出ない
  • 笑ってはいけない場面で笑ってしまうのではないか、と恐怖を感じている
  • 笑っている自分が周囲からどのように見られているか、とても気になる

シリアスな場面で笑って周囲に失礼な態度を取るという失敗は大きなトラウマとなります。そして、そのトラウマが「笑ってはいけない」という緊張をより強くし、症状を悪化させてしまう恐れもあるのです。

「失笑恐怖症 漫画家」検索結果

・・・なるほどなるほど。

照れ笑いに似てる?失笑恐怖症の原因

では、どうして失笑恐怖症が起こってしまうのでしょう。

失笑恐怖症は対人恐怖症の一種とされています。対人恐怖症は人と接する時に過剰な不安を伴うため、人と接することを避けるなど社会生活に支障をきたしてしまう病気です。

失笑恐怖症は人と接する時に起こる強い不安から逃避するため、笑いという行動をとることで緊張を緩めようとして起こります。この行動は気まずい時にごまかそうとして起こる「照れ笑い」にも似ています。

照れ笑いでその場の空気がうまくおさまればよいのですが、笑ってはいけない時に笑ってしまうなど失敗をしてしまいその経験がトラウマになると、笑ってはいけない場面で緊張するようになってしまい失笑恐怖症に陥ってしまうのです。

照れ笑いで誤魔化そうとするシチュエーション、わかりますよね~。

対人の不安感から笑い、その場で失敗した!と感じるとその気持ちが強く残ってしまい、失笑恐怖症になるのです。

笑ってはいけないと思ったら実践してみて!失笑恐怖症の対処法

人前でのこのような失敗は誰にでも起こりうるもので、失笑恐怖症はそれほど特別な病気ともいえません。しかし失笑恐怖症を発症すると、そのストレスからうつ病や「社交不安障害」などの精神障害を併発することがあり軽く見ることもできません。

そこで失笑恐怖症の兆候のある人には、笑ってはいけない場面に遭遇しても緊張しなくなるよう、自分でトレーニングすることをおすすめします。

「笑ってはいけない」と思わない

まず、失笑恐怖症の原因となる「笑ってはいけない」という感情をなくすようにします。

なぜなら、「○○してはいけない」という否定形は、脳にとって「○○する」という行為を強調させる言葉になり、逆に「○○したくなってしまう」からです。

開き直る

難しければ、「笑ってはいけない」ではなく、「別に笑ってもかまわない」「誰でもこういう時は笑いたくなるものだ」と考えるようにしてみます。

これは、森田療法という心理療法の「笑いたくなる感情をあるがままに受け止める」というトレーニング法です。

失笑恐怖症の人は「笑ってもかわまない」と思うことで本当に笑ってしまわないかと心配になるかもしれません。

しかし大丈夫です。開き直ることでとらわれている意識から解放されて緊張しにくくなるので、「笑ってはいけない」という不安が起こらなくなってくるのです。

気を反らす

それでも「笑ってはいけない」という感情が湧いてきてしまう人は、ほかのことを考えて気を反らすようにするのもおすすめです。

例えば、全く関係ないテレビ番組や食べ物のことを考えてみたり、好きな歌を心の中で口ずさんだりするのも良いでしょう。違うことに意識が集中すれば、笑いについて考えることを忘れてしまいます。

気を反らすために、体の一部をつねって刺激を加えるのも効果的です。

トレーニングをしながら場数を踏んでいくことで、次第に自信がつき緊張しにくくなってきます。

しかし、すでに失笑恐怖症の症状が強く日常生活に支障の出ている人は、精神科を受診し専門治療を受けることをおすすめします。

治療にはカウンセリングや心理療法、抗不安剤などの薬物療法が用いられます。

  • 笑ってはいけない!と思わない
  • 開き直る
  • 違う事を考えて気を反らす

日々トレーニングすることで不安感を覚えなくなりますよ。

日頃から対人関係のストレスもなくしておこう

失笑恐怖症など対人恐怖症に陥りる人には、日頃から対人関係のストレスが強い人も多いです。

日頃から周囲の人と円滑なコミュニケーションができるように心がけたり、ストレス解消法を見つけたりして、ストレスが溜まらないようにしておきましょう。

本人は悩んでいても周囲からは「ふざけている」と思われるのが余計に辛い病気です。「自分は失笑恐怖症かもしれない」と思った人は、早めに対処してくださいね。

デデーン!〇〇、アウトー!

「笑ってはいけない」のシチュエーションで笑ってしまう…これはまた違う心理ですね、失礼。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る