TOP > > 虫歯の治療ができない人に!歯科恐怖症でも大丈夫な全身麻酔

虫歯の治療ができない人に!歯科恐怖症でも大丈夫な全身麻酔

自分自身や周囲の友人などの中で、虫歯が悪化しても中々歯医者へ行く勇気が出ない人は、案外たくさんおられると思います。例えば虫歯が化膿してリンパ腺が腫れ上がり、かなりひどい状態になっても歯の治療ができないというのは、もしかすると歯科恐怖症かもしれません。

そもそも私たち人間というのは、病院へ行って治療を受けることに対し、多かれ少なかれ何らかの拒否反応を抱くのが、一般的なイメージではないでしょうか?中でも歯医者というのは全く平気な人と、そうではない歯科恐怖症タイプとに、はっきりと分かれる医療機関ですね。

また歯の治療の際に避けて通れないものとして、治療時の痛みや、歯を削る時の独特な音があります。歯医者へ入ってあの金属音のような音を聞くだけで、反射的に涙が出そうになるという人も中にはおられるでしょう。

歯科恐怖症になる原因

こういった歯科恐怖症になってしまう原因について、一体どのようなことが考えられるでしょうか?やはり圧倒的に多いケースとしては、幼少期や小学生くらいまでの虫歯治療体験が、大人になってもトラウマとなり、歯医者へ赴くことができないという事態に繋がっています。

そして言うまでもなく、小さい頃の虫歯治療体験というのは、決して楽しい思い出ではなくて、「とにかく痛くて辛いのが歯医者さん!」というイメージが、潜在意識の奥深くに蓄積されてしまうわけですね。

歯科恐怖症を克服するために

以上のような点を考えると歯科恐怖症を克服するには、潜在意識の奥深くに根付いてしまった過去のトラウマを払拭する以外にありません。そのためにも大事なことは、治療前に担当医から納得のいく説明を受けることが先決でしょう。まずは歯医者との信頼関係を築けることが、安心のいく治療に繋がると思います。

その上で治療を進めていく途中であっても、どうしても痛みが我慢できないとか、この治療法は自分に適さないと感じたら、遠慮なく担当医に相談をしてみましょう。特に痛みに関しては最近の歯科治療において、様々な面で工夫をされている歯医者も多いですね。

歯科恐怖症に全身麻酔の治療

例えば従来の治療法で考えてみると、歯を抜いたりする時に局所麻酔を使用するのが、一般的な方法かもしれません。しかしその方法だと抜歯する箇所は麻痺してほぼ無痛なのですが、歯を引き抜く感触とか治療時の音など、そういう面でかなりストレスになると思います。

最近では歯の治療時に全身麻酔を適用している歯科もありますので、上記のような項目が不安に思われる人には、非常にお勧めの方法でしょう。歯科恐怖症を何としても克服したいなら、ぜひ一度お試し下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る