TOP > パーソナリティ障害

パーソナリティ障害のデメリットと治療法

パーソナリティ障害である人は生きるのが辛いと言われています。普通に生きる事ができる人なら問題はありませんし、会話や常識を身に着けているなら問題はありませんが、パーソナリティ障害であるとどうなるのでしょうか?

パーソナリティ障害とはなにか

一般的な常識、日本でも世界でもこういう風なルールというものがあります。例えば挨拶をすると言ったようなことや仕事をしなければいけないなどです。

しかしこういった常識やルールというものを自分の中でつくりだしてしまうことによって生きづらくなる人がいます。それがパーソナリティ障害と呼ばれるものです。

パーソナリティ障害はもともとは人格障害といわれていましたが、差別的な意味合いが強すぎるということで名前がかわりました。
パーソナリティ障害になることの不都合として、調和を乱す行動をするため、社会に溶け込めない、ということがあります。

わかりやすい例ですと、1人で孤立してしまうという、話しかけられても無視をする、そっけない返事をするなど、自分から孤立をする人もいます。
自分だけの世界をつくってその中に入ってこようとする人を排除するという場合もあり、様々な性格が存在します。

パーソナリティ障害の治療

社会生活を送る上でパーソナリティ障害は仕事ができない、学校に行けない、友だちをつくることが出来ないなどのデメリットがあるために、治療をする必要があります。

治療方法は薬物を使って精神安定をはかるものですが、加齢によって多くの人と関わっていき徐々にパーソナリティ障害が緩和されるということもわかっています。

若いうちはどうしてもパーソナリティ障害が起こりやすいですが、多くの人に出会って多くの人生や生活というものに触れ合っていくことは予防にもなるのかもしれません。

・パーソナリティ障害を克服しよう!
パーソナリティ障害を克服するために本人や家族が取るべき適切な対応

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る