TOP > > 実は女性の方がなりやすい!女性ホルモンが脅かす歯周病

実は女性の方がなりやすい!女性ホルモンが脅かす歯周病

実は女性の方がなりやすい?!歯周病の原因とは

虫歯に並んでお口の三大疾患と呼ばれている歯周病。実は女性の方がなりやすいことを、みなさんは知っていましたか?

歯周病はプラーク(歯垢)が歯周ポケットに溜まることで発生し、しだいに酷い炎症を起こすようになります。一度溜まってしまった歯周ポケット内のプラークは、通常の歯磨きではとることができないため、定期的な検診とプラークの除去を歯科病院にて行ってもらうのが重要です。

こうしてみると、一見女性とは何ら関係のない歯周病ですが、女性ホルモンのバランスが崩れると口内の炎症を招きやすくなります。それが歯周病に繋がったり、軽度の歯周病を重度の歯周病へと悪化させることがあるのです。

女性ホルモンは減少しても増殖しても歯周病発症・悪化の原因となる恐れがあります。例えば生理や妊娠時は女性ホルモンが増加しますが、それが原因で歯肉炎になりやすくなったり、歯が敏感になって痛みやすくなります。

妊娠性歯肉炎という病気もあるくらいで、特に妊娠時は妊娠性歯肉炎から歯周病へと発展するケースが多く、注意が必要です。現在では歯周病が胎内の赤ちゃんの健康に関して、悪影響を及ぼす可能性についても指摘されており、楽観視はできません。

また、逆に閉経時には女性ホルモンが減少しますが、その際も歯肉の炎症を起こしやすくなります。さらには女性ホルモンが減少すると、骨粗鬆症になりやすくなる傾向にあり、多かれ少なかれ骨密度が低くなります。

歯は骨ではありませんが、歯を支えている部分は骨なので、骨密度は非常に重要です。骨密度が低下すると歯周病を悪化させて、歯の存続を困難にする恐れがあると言われています。

このように女性ホルモンのバランスが崩れると炎症が起きやすくなるため、女性は特に歯周病に気をつけた方が良いでしょう。中でも妊娠中や閉経時はホルモンバランスが崩れやすいので、いつもより気をつけてデンタルケアを行うことをオススメします。

歯周病は自覚症状が無いまま進んで行く

歯周病の恐ろしい点は、病気の軽い段階は””自覚症状がない””というところです。虫歯であればすぐに歯が沁みたり痛んだり、頬や顎付近が腫れ上がったりしますが、歯周病の軽い段階ではそういった感覚がありません。

多くの人は、歯医者には歯や歯茎が痛くなったり腫れたら行くものだと思っています。歯医者恐怖症の方も多く、少々歯が痛くても行かない人もいます。そういった理由から、歯周病になっているにも関わらず病院に行かないまま放置してしまい、酷くなってしまう方が多くいるのが現状です。

酷くなれば当然歯が抜けたり歯茎の一部が無くなってしまうこともあります。歯が無くなったり炎症が酷くなれば生活に支障が出るため、十分に注意しなければなりません。

病院へ行く目安としては、歯茎が腫れて出血したり、歯がきしんだり、なんとなく歯茎が痩せたなぁと感じたり、そういった小さな変化が判断基準となります。

特に注意しておきたい世代は中高年です。なんと日本の中高年のほとんどは歯周病にかかっているとも言われています。中高年に差し掛かると発症リスクが高まり、閉経の女性や歯周病を合併症として持つ糖尿病患者も増えるため、40代前後からは歯の健康により気をつけましょう。

歯周病も早期発見・早期治療が有効となる

他の病気と同様に、歯周病を悪化させないためには早期発見・早期治療が有効となります。

歯周病は知らず知らずのうちに進行していく病気です。ある程度進行しないと素人には見つけにくいという特徴があるため、子どもの頃のように定期的に歯科検診を受けることが早期発見に繋がります。

また、歯周病はプラーク(歯垢)が大きな原因となっています。可能であれば、定期的に歯科で歯垢と歯石をとってもらうことが歯周病予防になります。

それから毎日の歯ブラシもあなどってはいけません。歯石は歯垢が変化して発生するものですが、正しいブラッシングで歯石の元である歯垢を除去できます。歯ブラシも立派な歯周病予防になるというわけです。

正しいブラッシング方法を教えてくれる歯科病院もあるので、やり方が分からなければ検査がてらに一度教えてもらって実践してみることをオススメします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る