TOP > > 歯周病の、もっとも大きなリスク要因って一体何?

歯周病の、もっとも大きなリスク要因って一体何?

歯周病の、もっとも大きなリスク要因って何だと思いますか?「歯みがきをしないこと」、と答えた人、正解です。ですが実際のところ、今の日本において「歯みがきをまったくしない」という人は、ほとんど居ませんよね。

それ以外の要因としては、「加齢」「食生活」「糖尿病」などが挙げられます。しかし、そんな要因よりももっと恐ろしい、大きなリスク要因があるのをご存知でしょうか。

歯周病の最大リスク要因を抱えているのは、喫煙者!

歯周病のもっとも大きなリスク要因とは、一体何なのかというと・・・ズバリ「喫煙」です。喫煙の習慣がある、ただそれだけのことで、歯周病のリスクは恐ろしく上昇してしまうんですよ。

喫煙者の歯周病リスクがどのくらい高いのか具体的に言うと、まず、歯周病が原因で歯を失う人の割合は、非喫煙者の倍もある、ということが医学的に分かってきています。そして「歯周病になるリスク」という点で比較すれば、その差はさらに広がって、3倍から4倍にもなると言われているのです。

なぜ、喫煙が歯周病を招くのか?

それにしてもなぜ「喫煙者」というだけで、非喫煙者と比べてこれほど歯周病リスクが高いのでしょうか。実はこれも近年の研究で、かなり解明されてきています。喫煙が歯周病リスクを上げる原因としては、主に以下のようなものが挙げられますよ。

○タバコの煙に含まれる有害物質が歯ぐきの血行を悪化させ、歯ぐきに酸素や栄養がじゅうぶんに行き渡らず、機能が低下してしまう。

○歯周病菌と戦うための白血球の機能も低下してしまう。

○歯ぐきを修復するための細胞の働きも抑えられてしまう。

○タバコの煙から歯ぐきを守ろうと、歯ぐきは黒っぽく硬くなるため、歯周病特有の赤みや腫れの症状が少々出ても気付きにくくなる。

○タールがついた部分は、プラーク(歯垢)もつきやすくなる。

・・・いかがでしょうか。ありとあらゆる面から、タバコの煙の有害物質が「歯周病を引き起こすための働きかけ」をしてしまう、ということがお分かりいただけたでしょうか。こんなやっかいな有害物質が、口の中のすみずみまで到達してしまうのですから、非常にタチが悪いのです。

しかし逆に言えば「禁煙すれば、それだけ歯周病リスクを減らすことができる」ということでもあります。喫煙は歯周病のリスク以外でも、健康面において何のメリットももたらさない、「害のかたまり」のようなものですから、ぜひ、1日でも早く、禁煙の決意と実践をしていきたいものですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る