TOP > > 恐ろしい事実・・・歯周病は出産にも悪影響を与える!

恐ろしい事実・・・歯周病は出産にも悪影響を与える!

もしあなたが、近い将来妊娠・出産することを考えているなら、ぜひ、すぐにでも歯科に行って、口内のチェックを受けてみて下さい。「虫歯がないから、別に歯科に行かなくても大丈夫」などと言っていてはいけません。

妊婦が警戒すべきは、虫歯だけではないのです。どういうことかというと・・・実は、妊婦が歯周病になってしまっていると、出産に大きな悪影響を与えてしまう可能性が高いのです。

歯周病にかかった妊婦は、早産や低体重児出産のリスクが高い!

近年医学界で急速に認知が高まってきた話題として挙げられるのが、「歯周病と早産・低体重児出産の関係」です。これまで、早産や低体重児出産の原因と言えば、年齢やそれまでの生活習慣、妊娠中の過ごし方などが挙げられてきましたが、それだけでは説明のつかない早産・低体重児出産も数多くありました。

そうした「解明できていなかった、早産・低体重児出産のリスク要因」として、歯周病が大きく関係しているのではないかということが、だんだん分かってきたのです。

今では日本も含めた先進国のほとんどで、「歯周病=早産や低体重児出産のリスク要因」ということが認知されており、日本でも、自治体などが妊婦に対してブラッシング指導や歯科検診をおこなうなど、積極的な歯周病予防・対策がとられるようになってきました。

なぜ、歯周病が早産や低体重児出産のリスク要因となるのか?

さて、ここで気になるのは、「そもそもなぜ、歯周病が早産や低体重児出産のリスク要因になってしまうのか」という根本的な部分ですよね。

これを医学的に詳しく説明すると長くなりますので、ざっくりと簡単に説明すると、「歯周病によって発生する物質の中に、陣痛促進剤の成分と同じものが含まれているから」なのです。

つまり歯周病になった状態で妊娠すると、「妊娠中に、常に陣痛促進剤のような成分が妊婦の体の中を駆けめぐっている」というような状態になるわけです。確かにこんな状況では、早産や低体重児出産のリスクが上昇するのは当然ですね。

このリスクを減らしておくためには「妊娠前に歯周病がないかどうかチェックをし、もし歯周病であればそれをきちんと事前に治療しておく」ということが、何よりも大切なのです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る