TOP > > なぜ?親知らずを抜いた方がよいとされる2つの理由

なぜ?親知らずを抜いた方がよいとされる2つの理由

歯の中で最後に口の一番奥に生えてくるのが親知らず。だいたい20歳頃に生えてくると言われますが、10代に生えてくることもあれば20代よりもっと後に生えてくることもあるようです。親知らずの抜歯は痛いし怖いというイメージがあり、生えてきてもできれば抜きたくありませんよね。

では、なぜ親知らずは抜いた方がよいとされているのでしょうか?また、抜かなくてもよいのはどんな親知らずなのでしょうか?

親知らずは虫歯になりやすい

親知らずは抜いた方がよいとされる1つ目の理由は、口の一番奥にある親知らずは歯磨きがしづらいために虫歯になりやすいということです。

親知らず自身だけではなく、1つ手前の歯との隙間の汚れが取れずにその歯も虫歯になってしまうことがあります。さらに一番奥の歯は器具による歯医者さんでの治療も難しい場合があるので、虫歯になった時、あるいはその前に抜いてしまう方がよいのです。

歯並びが悪くなることも

2つ目の理由は、歯並びへの影響です。現代の日本人の顎の大きさでは、特に下顎の親知らずはまっすぐに生えてくることはなかなかありません。横向きに生えたり斜めに生えたりしている場合、親知らずに押されるような形で他の歯の並びに影響が出る可能性があるのです。

歯並びの悪さは見た目が良くないということはもちろん、やはり歯磨きで汚れが掃除しづらいので虫歯になりやすくなってしまいます。ですので、このように歯並びに影響が出る場合も抜いた方がよいとされています。

抜かなくてよい親知らず

前述の抜歯した方がよい2つの理由とは反対に、親知らずが虫歯ではなくちゃんとした向きで生えていて、きちんと歯磨きも行き届くような状態の場合は抜かなくてもよいと言えます。

ただし、親知らずは人によって上下左右4本とも生えてくるとは限りませんし、全てまっすぐ生えてくるとも限りませんので、噛み合わせの面で問題があると判断されれば、やはり抜いた方がよいということになるでしょう。また、親知らずが1本も生えてこない人もいます。

まずは歯医者さんで自分の親知らずは抜いた方がよいものかどうかを確認してみましょう。親知らずの抜歯は、他の歯に影響を与える前に済ませたいのはもちろん、傷口の治りが早いという理由などから年齢的にも若いうちの方がよいとされています。

抜歯は勇気がいりますが、他の歯を守るために必要がある場合には早めに対処されることをおすすめします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る