TOP > > 歯の健康のために、普通の歯ブラシと電動歯ブラシどっちがいい?

歯の健康のために、普通の歯ブラシと電動歯ブラシどっちがいい?

歯周病予防のためのブラッシングに使う歯ブラシと言えば、自分の手で動かす普通の歯ブラシと、電動歯ブラシとがあります。どちらを使うのがおすすめなのでしょうか。

おすすめの歯ブラシは、さあどっち?

普通の歯ブラシと電動歯ブラシ、どちらがいいのかというと・・・普通の歯ブラシよりも、電動歯ブラシのほうがおすすめです。

その理由は、普通の歯ブラシによるブラッシング効果というのは、かなり個人差があるのですが、電動歯ブラシは「歯ブラシ自体が自動で小刻みに動いてくれる」という分だけ、ブラッシング効果の個人差が出にくい、ということです。

しかも、電動歯ブラシによる振動の細かさは、手動とはレベルが違います。どれだけブラッシング慣れした人でも、振動のスピードと細かさの点においては、電動歯ブラシに勝つことはできないでしょう。

電動歯ブラシは、「歯や歯ぐきに対するブラシの当て方」さえ間違いなければ、誰でもかなりのブラッシング効果を得ることができる、まさに「歯周病予防の最強お助けグッズ」と言えるのです。

電動歯ブラシの選び方

というわけで、歯周病予防のためのブラッシングには、普通の歯ブラシよりも電動歯ブラシのほうがおすすめ、ということになるのですが、「電動歯ブラシなら何でもいい」というわけではありません。やはり、より高いブラッシング効果を得るためには、良い電動歯ブラシを選ぶ必要があります。

電動歯ブラシを選ぶ際の最大のポイントは「振動数の多さ」です。より細かく素早い振動をしてくれる電動歯ブラシを選べば、それだけ汚れ落ちの効率も上がります。

あまりに安価な電動歯ブラシは、どうしても振動レベルが低レベルなものが多いですから、「電動歯ブラシとして正当な価格帯」のものの中から、振動数が多いものを選ぶといいでしょう。

また、電動歯ブラシ選びは「重量と持ちやすさ」もしっかり見ておく必要があります。「電池を入れると重すぎる」というような電動歯ブラシでは、ブラッシングの際に疲れて、短い時間で切り上げてしまう原因になりますし、柄の持ちにくさも、「ブラシを歯に正しく当てる」というのを阻害してしまう可能性があります。

軽くて持ちやすく、振動性にすぐれた電動歯ブラシを選んで、効率よく歯周病予防のブラッシングをしていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る