TOP > > 歯を失う原因№1の歯周病!なりやすい人とその予防法

歯を失う原因№1の歯周病!なりやすい人とその予防法

日本人が歯を失う原因の№1って何かご存知ですか?何となく「虫歯かな?」と思っていませんか?でも虫歯じゃないんですよ。実は歯を失う原因の第1位は、「歯周病」なのです。初期の段階だと歯が抜ける事は絶対にありません。

でも歯周病が悪化していくと、徐々に歯がグラグラしていきます。そして最後は抜け落ちてしまうのです。「私は歯磨きをしているから大丈夫」と思っている方、油断は禁物ですよ。

実は成人男女の約8割近くが歯周病だと言われています。
つまりほとんどの人が歯周病なのです。でもかかっていない人もいます。そこで、歯周病にかかりやすい人と、その予防方法についてご紹介していきます。

唾液の分泌量が少ない人は歯周病になりやすい

「消化を良くするためによく噛んで食べましょう」と言われていますよね。でもよく噛むことのメリットは、消化を良くするだけではありません。唾液の分泌量もアップさせます。実は唾液の分泌量と歯周病には深い関係があります。

唾液には殺菌作用や抗菌作用があります。つまり唾液の持つ殺菌作用で歯周病菌を撃退できるのです。ですから唾液の多い人は歯周病になりにくいですし、唾液が少ない人は歯周病になりやすいと言えるのです。

将来歯周病で歯を失いたくない人は、しっかり噛んで食べてください。そうすると唾液の分泌量が多くなり、歯周病予防ができます。また酸味の強いものを食べたり、ガムを噛んだりしても唾液の分泌量はアップします。ぜひ参考になさって下さい。

乱れた生活習慣は歯周病になりやすい!

生活習慣が乱れると、歯周病にかかる確率がアップします。寝不足でストレスが溜まったり、喫煙者だったり、食事バランスが悪い方は要注意ですよ。ストレスがたまると唾液の分泌量が減り、歯周病になりやすくなります。

また煙草を吸う人はタールが歯にこびりつき、歯垢(しこう)が付きやすくなります。歯垢を放っておくと歯石になります。すると高確率で歯周病になるのです。更に食生活が乱れている人も歯周病リスクがアップします。

外食や即席めんで食事を済ませている方は、食物繊維やビタミンCが不足しがちです。食物繊維やビタミンCには、歯周病予防効果があります。ですから乱れた食生活で、こういった栄養が不足してしまうと歯周病にかかりやすくなるのです。生活習慣を整えて、歯周病のリスクを減らしましょう!

ホルモンバランスが乱れると歯周病になりやすい!

歯周病の原因は、たくさんありますが、ホルモンバランスの乱れもその一つです。特に女性は、更年期、妊娠中、月経時などにホルモンバランスが乱れやすいです。

こういった時期のホルモンバランスの乱れは、ある意味仕方がありません。ですから歯科で定期的に健診を受けてください。そうする事で、ある程度歯周病から歯を守る事ができます。また、ストレスもホルモンバランスが乱れる原因となります。この場合は、うまくストレスを発散してホルモンバランスの乱れを整え、歯周病を予防しましょう。

いかがでしたでしょうか?歯周病にかかりやすいタイプに引っかかっていませんでしたか?歯周病になると、最悪歯を失いますし、口臭などの原因にもなります。しっかり予防して歯周病にかからないようにすることが大切です!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る