TOP > > 歯周病予防のための、歯ブラシの選び方のポイント

歯周病予防のための、歯ブラシの選び方のポイント

歯周病予防のために欠かせないのが、「正しいブラッシング」ですが、正しいブラッシングをするためには、「ブラッシングに適した歯ブラシ」をきちんと選ぶ必要があります。

市場には、実にさまざまなタイプの歯ブラシが出回っていますが、その中からどんな歯ブラシを選べばいいのか、それを見ていきましょう。

「歯周病予防のためのおすすめ歯ブラシ」は、意外とシンプル!

では、結論から真っ先に言いましょう。正しいブラッシングをするために、おすすめしたい歯ブラシのタイプというのは、実は「もっともシンプルなタイプ」なのです。

まず、歯ブラシの柄(持ち手)の部分を見ると、いろんなタイプのカーブがほどこされたものが多いですが、このカーブの存在は、一歩間違えると「ブラッシングの際の手の力を、うまく歯や歯ぐきに伝えられない」という、思わぬ欠点を生み出してしまうことがあるのです。

ですから、ブラッシングの際の手の力がストレートに伝わる、「ほぼまっすぐな柄」の歯ブラシでOKなんですよ。次に、ブラシ部分の大きさですが、これは自分の前歯2本分とほぼ同じくらいの「大きすぎず、小さすぎず」というものが最適です。

ブラシが大きすぎると、口の中で小回りがきかず、ブラッシングできない部分が出てきますし、逆に小さすぎると、よほど長時間しっかりブラッシングしないと、「磨き残しの部分」というのがどうしても出てしまいやすいのです。

そして最後に、ブラシの毛先についてですが、これも「まっすぐに生え揃った、シンプルなもの」でOKです。形が変わっていると磨き残しが出る原因となりますし、極細の毛先は、最初のうちは細かいところも磨けていいのですが、素人のブラッシングではすぐに毛先がへたってしまうケースが多いのです。

知らず知らずのうちに「へたって曲がってしまった極細毛先」で磨いていると、これもちゃんとしたブラッシングにはつながらなくなるわけですね。極細毛先を本当に効果的に使いこなせるのは、実はごく限られた「ブラッシング技術上級者」ぐらいなものなのです。

歯科医もシンプルな歯ブラシをすすめるという事実

ここまで聞くと、「本当にそんなシンプルすぎる歯ブラシでいいのか」と疑問をもたれるかもしれませんが、歯科でブラッシング指導を受けたことがある人なら、「歯科から渡される歯ブラシ自体が、非常にシンプルなタイプのものである」ということがお分かりいただけるかと思います。

そう、歯と歯ぐきの健康について誰よりも詳しい歯科医の目から見ても、「結局はシンプルなものが、素人のブラッシングに対しては一番間違いが起こりにくい」ということが分かっているんですよ。

ですからシンプルな歯ブラシは、見た目は頼りなさそうに見えますが、もっとも「素人にとっては正しく使いやすい、正統派の歯ブラシ」と言えるのです。

歯間ブラシやデンタルフロスも活用しよう

というわけでブラッシングにもっとも適しているのは、「ごくシンプルな形状の歯ブラシ」ということになるのですが、残念ながら歯ブラシだけでは、歯のすき間の汚れまできちんと落とすことは困難です。

そこで活用したいのが、歯間ブラシやデンタルフロスなどの、「歯のすき間そうじ専用グッズ」です。これらを併用することによって、歯周病予防効果は飛躍的にアップしますよ。

歯間ブラシやデンタルフロスにもいろんなサイズがありますが、「多少の引っ掛かりを感じるけど、歯の間を通る」というサイズのものが最適です。使い始めでサイズが全然分からない、という人は、まずは細いものから試してみるといいでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る