TOP > > ドライマウスは口臭に!唾液が少ない人におすすめの唾液を増やす運動

ドライマウスは口臭に!唾液が少ない人におすすめの唾液を増やす運動

ドライマウスという言葉を聞いたことがありますか?目が乾燥するドライアイと同じように、最近ではメディアでも目にすることが増えたかと思います。

ドライマウスとは別名を口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)といい、唾液の分泌量が少なく口の中や喉が渇いた状態になることを言います。

ただそれだけ?と思ったかも知れませんがドライマウスによる悪影響はたくさんあり、悩んでいる方も少なくありません。

口の中がパサついて食べ物を咀嚼し飲み込むことがしにくい、虫歯や歯周病になりやすい、口臭の原因にもなる、また唾液は健康を維持するために大切な働きをするのでこの分泌量が減少していること自体も良くありません。

現在ドライマウスと診断されている方は800万人にも上ります。しかもドライマウスは「自覚しにくい」という性質上、気付いていない方も含めると予備軍は約3000万人に届くと言われています。

そんな身近なドライマウスをこれから詳しく説明していきます。また予防法や改善法も紹介いたしますので、口の渇きなどの症状に少しでも思い当たるふしがある方は特にこの記事を読んで口内の健康に役立ててほしいと思います。

ドライマウスの症状とそれによる悪影響がこわい!

口腔乾燥症(ドライマウス)は男性よりも女性に多く、また年齢を重ねるにつれて症状を強く自覚される方も多いです。口腔乾燥といっても種類があり、水分不足によるものと、その他何らかの原因によるものとは違います。

どちらも唾液の流出が悪くなることで口腔乾燥を引き起こしますが、前者は単に水分不足によるものですので十分に水分を補給することで解消される生理現象です。

口腔乾燥症(ドライマウス)とはいくら水分補給をしたところで改善はされず、原因が唾液腺の機能低下、または口腔機能の低下から来るものを言います。

ドライマウスは、それ自体が病気というわけではありませんが、口の中が乾いた状態が長く続くと主に以下のような症状を引き起こします。

初期症状

  • 口内のねばつき
  • 歯垢が増える
  • 舌苔が厚くなる
  • 口臭が強くなる
  • 水分量の少ない食べ物が飲み込みにくい(パンやクッキーなど)
もう少し症状が進むと…

  • 舌の不快感
  • 舌が痛くて食事がとれなくなる
  • 味が良くわからなくなる
  • 喋ることが困難になる
  • 口が乾き、夜間に起きてしまう
  • 舌がひび割れる

などなど

また他には虫歯や歯周病、口内炎なども引き起こしやすくなり、放っておくと味覚障害などになる危険性もあります。

唾液は健康と深い関わりがある

唾液はよく噛むことで分泌が促され、通常1日に1~1.5リットルほど分泌されます。代表的なのがその殺菌効果で、口内に残った食べかすや細菌を殺菌し、口臭抑制、虫歯・歯周病を防ぐなどの働きがあります。また殺菌効果以外にも健康に関するたくさんの機能を持っています。

消化作用
唾液アミラーゼという酵素がデンプンを分解・消化する。
潤滑・補助作用
咀嚼や飲み込むときスムーズに食べ物が食道に流れるよう補助する。また口内を潤し、発音を滑らかにする。
保護作用
舌や口内の粘膜を潤わせ、乾燥から守る。
味覚作用
食べ物を溶かし、味覚を感じやすいようにする
緩衝作用
口内のpHを一定に保ち、細菌の増殖を抑える
再石灰化
溶けだした歯にカルシウム・リンなどのミネラル分を補給する

ドライマウスの原因は?主に生活習慣による唾液分泌量の減少

ドライマウスの原因は唾液の減少であり、それを引き起こしているのはストレスや不規則な生活など含め多様な原因が重なっていることも少なくありません。下に主な原因を上げました。

加齢
誰もが避けられない唾液減少の原因が「加齢」。年齢を重ねると一般的に唾液分泌機能が低下します。また咀嚼することは唾液を増やす働きがありますが高齢者は口の周りの筋肉や歯の衰えによって咀嚼回数が自然と低下することも原因になります。
ストレス・神経症
精神的な緊張状態からくるもの。唾液の分泌は自律神経がコントロールしています。ストレスを感じると交感神経が活発になり唾液が減少します。
女性ホルモンの低下
女性は更年期以降、女性ホルモンが低下し、それによって唾液が減少します。
病気
糖尿病、腎臓病、腎不全、代謝系の異常などの「病気」によるもの。また女性に多い「シェーグレン症候群(外分泌腺に炎症が起こり、涙や唾液が減少する病気)」という膠原病もドライマウスを引き起こします。更年期障害、うつ病にも口腔乾燥が伴うことが多いです。
薬剤の副作用
血圧降下剤、睡眠薬、抗うつ剤、利尿薬などには唾液の量を減少させるものがあります。
生活習慣
口呼吸、早食い、柔らかいものしかあまり食べないなどの習慣は口の周りの筋肉を衰えさせてしまいます。それにより咀嚼回数の減少、唾液腺の機能低下と悪循環に陥ります。

特に年齢を重ねるほど唾液腺の機能は低下する傾向にあるので高齢者の方は特に十分咀嚼することが必要になります。またカフェインの過剰摂取や日常的な飲酒・喫煙も唾液減少の原因になります。

あなたは大丈夫?簡単ドライマウスチェック

簡単なチェック項目でドライマウスでないかを知ることができます。当てはまる項目が多い方はドライマウスである可能性が高いです。

口の中が乾く
唾液があまり出ていないようだ
口臭が気になる
食べ物が飲み込みにくい
舌や唇がひび割れていたり、ヒリヒリする
舌がもつれる感じがする
ロの中がネバネバする

花粉症の方はドライマウスに注意!

花粉症の症状と言えば、鼻水が出る・詰まるなどがあります。鼻での呼吸ができませんので自然と口呼吸になってしまうのですが、口呼吸は口内が乾燥する原因になります。

また花粉症を緩和する抗アレルギー薬の中には唾液を減少させるものもあるので、花粉症の時期に特に注意し、保湿を行いましょう。

日常生活で心がけるべし!口の中の乾燥を予防・改善する方法

普段あまり唾液の量など意識することはないと思いますが、唾液はドライマウス予防以外にも大切な役割を果たす重要なものです。ドライマウスの予防・改善に取り組むことは体全体の健康にも役立ちます。

普段何気なくしている生活習慣はドライマウスに深く関係します。この機会に改めて見直してみましょう。

1.口の中の潤いケア
喉が渇いてから飲むだけではなく、こまめに水分補給をして口内の潤いをキープしましょう。人間が一日に必要な水分摂取量は2~2.5l(食べ物中に含まれる水分も含め)なので、それを目安に水分を摂りましょう。

飲みたくないときは無理をせず、気が付いたら水かお茶を口に含ませたり、うがいをするのでも効果があります。また室内では冷暖房は効かせすぎないようにし、加湿器などで湿度を保つようにしましょう。

それが難しい場合はマスクを付けたり保湿ケア用のマウススプレーを使用することも効果的です。特に冬場は乾燥が激しいので特に室内の温度・湿度には気を配りましょう。

2.鼻呼吸にする
花粉症の方はドライマウスになりやすいと書きましたが、それは口で呼吸するときに口内が乾燥してしまうからです。普段から気付いたらできるだけ口を閉じ鼻呼吸をするようにしましょう。もし歯並びが原因の口呼吸なら歯科矯正を行うことをおススメします。
3.なるべく硬いものを食べ、よく噛むように意識する
噛むことは唾液の分泌を促す効果があります。ドライマウスになると、食べ物が飲み込みづらくなるので堅い食べ物を避けてしまいたくなりますが、だからと言って柔らかいものばかりを食べていると悪循環になってしまいます。

普段からよく噛むことを習慣にし、少々歯ごたえのあるものをメニューに取り入れるのもいいでしょう。とにかく噛むことで脳に刺激が伝わりますので、ガムを噛むことも効果的です。

梅干しや柑橘系のフルーツも唾液の分泌を促しますのでそれらも食卓に取り入れながら、少しづつ噛む力も鍛えていきましょう。

4.その他生活習慣の改善
お酒を毎日のように飲むという人はお酒を減らす、タバコを減らすなど生活習慣を見直しましょう。またストレスは唾液の分泌を減少させてしまいます。

簡単ではないかも知れませんが、ドライマウス改善のためにはストレスを減らす、上手に発散させることが大切になります。ストレスをため込みやすい方は、意識的にリラックスする時間を作るなどの工夫が必要です。

ドライマウス改善に役立つマッサージ&トレーニング

1.唾液腺をマッサージする

唾液腺をマッサージすることで唾液の分泌う促すことができます。とても簡単で場所も選びませんので気付いた時に行えますよ。

唾液の分泌をよくする唾液腺のマッサージ方法

2.舌の運動を行う

イラストのように舌を上下左右に動かし、最後に唇を舐めるようにぐるぐると回します。

ドライマウスを改善するための舌の運動方法

このストレッチ唾液の分泌を促します。舌をできるだけ大きく上下左右に動かして下さい。

次は唾液分泌を促すのに役立つ「口腔機能訓練法」というトレーニングです。2段階にわけて、無理のない程度で行ってください。

口腔機能訓練法1

なんだか顔の筋肉を使ってる!という感じがしませんか?続いてもう1段階、頑張って動かしましょう。

口腔機能訓練法2

唾液腺のマッサージも舌の運動もどこでも気付いたときにできますよね。続けることで改善を実感できると思います。だまされたと思って続けてみてくださいね。

病院での治療方法は対処療法や生活改善の指導が中心

乾燥がひどく、生活に支障をきたすようなら歯科・口腔外科で相談しましょう。病院での検査は安静時と刺激を受けたときの唾液分泌量を測り、基準値以下であれば口腔乾燥症(ドライマウス)と診断されます。

といってもドライマウスには根本的な治療法はなく、対症療法や生活習慣改善指導が中心になり、また必要であればカウンセリングなど精神的なアプローチをとることもあります。

対症療法では口内の粘膜保護のため

  • 人工唾液
  • 口腔乾燥改善薬
  • うがい薬

などを使い口腔内の保湿を行います。

粘膜保湿剤はスプレーを口内へ数回分噴射のた後、舌をよく動かし馴染ませます。重度であればその後ジェルを塗布します。1日の使用回数は症状の重さによって3~5回使用します。

また口腔機能が低下している場合は筋力をアップさせるための口腔機能訓練を行います。

その他、就寝時の唾液の蒸発を防ぐ保湿用マウスピースやガム治療、唾液腺マッサージなど症状に応じた対策を行っていきます。

加齢など避けられないもの、それ自体の治療が困難と思われるときに症状を緩和するこのような対症療法をとりますが、糖尿病などがドライマウスの原因の場合はまずその病気を治療することが先決になります。

ドライマウス予防・改善には何より唾液を増やすこと!

ドライマウスは口が乾くことだけでなく、重度になると不眠症・発育障害・摂食障害などに繋がる危険性も高めます。

ドライマウスの原因は多様であり、複数組み合わさっている場合も多いと書きましたが、
それでもやはり一番多い原因はストレス・口呼吸・食生活(早食いやあまり噛まないなど)
などの生活習慣から来るものです。

その他にも糖尿病や高血圧の薬の副作用からくるものも多いので、ドライマウスを根本的に治療するのには時間がかかります。しかし最近の治療法は実に様々なものがありどんどん進歩しています。

対処療法は細菌が肺に流れ込んで起こる誤嚥性胃炎の予防にもなりますので無意味では決してありません。根気よく続けていきましょう。

ドライマウスの予防・改善には何より唾液の量を増やすことが大切になります。次いで口内を清潔に保つことやストレスを減らすことなども有効なので、普段の生活の中でもできることはあると思います。

漢方やサプリメントなどの健康食品も販売されていますのでそれらも上手に活用しましょう。

ドライマウスは軽症のうちは自覚しにくいですが、治療を長引かせないためにも早期治療が大切です。また唾液腺の異常が原因の場合もありますので症状が重いときは早めに医師に相談しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る