TOP > 歯周病

歯周病を詳しく知ろう

歯周病とは、歯のまわりにある歯茎や、歯の根の部分、歯を支えている骨に起きる病気の総称です。

歯ブラシのブラッシングが不十分であったり、砂糖を過剰に摂取することにより、歯の表面に歯垢がつき、歯垢の中にいる細菌によって感染し、炎症を起こすものです。

歯垢は、うがいでは取れません。症状としては、歯茎が赤くぷっくりと腫れたり、歯ブラシをすると血が出たり、口臭がひどくなったりします。

歯周病は、生活習慣病のひとつで、歯科に行けば治るというものではなく、食習慣や歯磨きのブラッシング法、喫煙などが関係しているため、生活の見直しが必要です。

慢性化すると、歯垢についている細菌が、血液中に入ったり、細菌を飲み込むことによって、体の中で病気を起こすことにつながります。

こちらのカテゴリでは、歯周病になりやすい人とはどんな人なのか、歯周病の症状、歯周病の改善策、歯周病の予防法などを、ご紹介しています。

歯ブラシをしないことは、歯周病の要因を増やすことになりますが、歯ブラシよりもっとリスクを上げるのは、喫煙です。

また、年齢を重ねるほど、歯周病になる方が増えるのは事実ですが、若い方たちにも、歯周病は広がっています。歯が正しく磨けていない方、喫煙される方、口呼吸をされている方は、要注意です。

・歯周病になりやすい人とは
歯周病の、もっとも大きなリスク要因って一体何?
若くったって要注意!歯周病になりやすいのはこんな人

甘く見るのは禁物!歯周病は生活習慣病のひとつ

口の中には、300~500種類の細菌が住んでいると言われています。その細菌は普段はそう暴れることはないのですが、細菌を抑える役割をしている唾液の量が減ると、その活動が激しくなる傾向があります。

噛むことで、唾液は増やすことが出来ます、しっかり咀嚼を心がけましょう。

・歯を失う!?
歯を失う原因№1の歯周病!なりやすい人とその予防法

歯周病の症状

歯周病は、気づきにくいものではありますが、歯周病になり始めると、そのサインを出していることがあります。分かりやすいのは、歯ブラシの後の歯茎からの出血です。

歯茎からの出血が確認されたら、歯科を受診されてみられることをおすすめします。

・サインを見逃さないで
自分では気付きにくい歯周病・・・このサインを見逃すな!

女性は、生理中、妊娠中、閉経後に、ホルモンのバランスが崩れやすく、歯周病を招きやすい状態になります。

自覚症状がないまま進行してしまうことも多いため、ある日突然歯が抜けた。ということにもなりかねません。歯磨き時に、歯茎の腫れや色のチェックをしましょう。

・ホルモンが関係する?
実は女性の方がなりやすい!女性ホルモンが脅かす歯周病

歯周病の改善策

歯周病の原因としては、口の中の細菌による感染がほとんどなのですが、その細菌を抑える役割をしているのが、唾液です。唾液は汚いものなどではなく、口の中を清潔に保つために必要なものなのです。

そこで、歯周病の原因となる細菌を増やさないためにも、唾液の分泌量をアップさせることが、重要です。

・唾液で歯周病を改善しよう
唾液が少ない人におススメの対策!舌を動かして簡単に唾液分泌up!
歯周病予防のカギは「唾液力」アップにあり!?

歯周病の予防法

歯周病の予防法としては、やはり歯磨きが最も有効です。今は、柄が曲がったものや、毛先の細い歯ブラシなど、その種類も豊富で、どれを使おうかと悩まれる方も多いでしょう。ですが、歯科医の方たちが勧められるのは、柄もまっすぐな、とてもシンプルな歯ブラシ。

また、歯の表面を磨くだけのブラッシングではなく、歯茎にもあたるようにブラッシングすると、予防効果が上がります。正しい磨き方、ご存じですか?

・歯ブラシの選び方とブラッシング
歯周病予防のための、歯ブラシの選び方のポイント
歯周病予防に効果的なブラッシングはこれだ!

歯周病の細菌を抑えてくれえるのは、唾液です。その唾液の分泌量をアップさせる食生活をすることで、歯周病を予防することが出来ます。柔らかいものではなく、少し硬めのもの、大きめに切ることで、噛む回数も増えます。噛む回数が増えれば、唾液分泌もアップします。

・食生活で予防しよう
歯周病予防に役立つ、食生活の基本ポイント

歯周病が引き起こす病気

歯周病の怖さは、その症状が慢性化すると、口の中にいた細菌が、血液中に入ったり、細菌を飲み込むことによって、体のあちこちに病気が引き起こされることです。たかが歯周病と、楽観視されないでください。

・歯周病が原因で起きる病気
その病気、歯周病が原因かも?!歯周病が起こす病気とデンタルケア
歯周病菌が引き起こす恐ろしい病気とは

中高年の80%の方が、歯周病に侵されていると言われている現代。歯周病を放置すると、様々な病気を引き起こし、命に関わることにもなりかねません。

歯周病で抜け落ちる歯を防ぎ、病気から自分を守るためにも、「8020運動(80歳になっても、自分の歯を20本)」を目指しましょう。

・発展すると命に関わる
痴呆症・心筋梗塞・糖尿病の原因は歯周病!?歯周病の恐怖と改善法
歯槽膿漏などの歯周病を甘く見るなかれ!放置すると身体も危険に!?

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る