TOP > > 骨盤臓器脱って何?40代女性がかかりやすい意外な病気

骨盤臓器脱って何?40代女性がかかりやすい意外な病気

産後女性は要注意

妊娠・分娩は、人生にとって非常に重要なイベントであり、子孫繁栄にとって非常に大切なことです。しかし、女性の体を考えてみるとお産により、骨盤の筋膜や靭帯が緩くなり下腹部の臓器が下がってしまうリスクを抱えています。

特に40代を超えると、筋力が低下し、多くの女性が『骨盤臓器脱』と聞きなれない症状になることがあります。膀胱・直腸・膣が下がってきてしまい、尿漏れや場合によってはそれらの臓器が出てきてしまう病気です。

生死にかかわる病気ではないので、特に心配はいりませんが重症になりますと歩きにくいことや排尿、排便に支障が出て不快感が付きまといますので、患者にとってもつらいこともあります。これらのことをよく知って、対処していただくことが、大切になってきます。

骨盤臓器脱という病気

・症状

恥ずかしいため、誰にも相談できず悩んでいるうちに放置してしまう方も多いようです。主に分娩の時、骨盤の周りにある筋膜や靭帯を損傷してしまうことが原因と考えられています。

特に多産・難産は、この症状になりやすいリスクが高いといえます。また、これに加えまして、加齢や肥満が原因で腹圧がかかり続けることが大きく影響してきます。

寝ている時は腹圧が下がっているため感じないのに、夕方になると腹圧が上がり、臓器が下がるため症状が出てくるケースがほとんどです。

そのため、尿道や直腸が圧迫されるので、尿もれ・残尿感・頻尿(トイレが近い)・便秘という症状が出てきやすくなります。特に女性は尿道が男性に比べて短いため、尿道炎になりやすいようです。

腹圧が上がると尿もれの原因になるため、ぜんそくによるせき・くしゃみなど瞬間的に腹圧が上がると症状が出ることもあります。

複数の臓器が関係しているため、どこの医療機関へ行けばよいか迷いますが、尿障害であれば「泌尿器科」、膣逸脱であれば「婦人科」が良いと思います。できれば、両方の診療科を掲げている施設であればさらにベストです。

また、最近では「女性外来」というような女性のみを診療する施設も増えており、女性が受診しやすい環境になりつつあります。

・治療

症状の難易度によって異なってきます。軽症の場合は、膣や肛門の周りの筋肉を強化することによって改善することが可能です。

これは、骨盤底筋体操といって便をガマンするように肛門を締めること、尿をガマンするように下腹部を締めることを各10秒間、朝昼晩10回ずつくらいします。

そうすることによって、骨盤底筋という筋肉を鍛えることにより、2~3ヵ月くらいで効果を実感できるようになる方が多いようです。しかし、重症になりますとこの体操では効果が出ないこともあります。

その場合、「ペッサリーリング」という器具を子宮入口に装着することをしますが、痛みや感染症等の関係でおりものや出血があることから2~3ヵ月に1回医療機関で交換することが必要になります。

また、この方法が煩雑であることから、他の治療方法として手術をすることもあります。この方法は、子宮を摘出しその近くの部位を形成し、元の位置に戻すことも試みられています。

また、最近は「TVM手術」といっていわゆるハンモックの様なメッシュのシートを膀胱の下に装着し、臓器が下がらないように下から支える手術方法が患者から人気があります。

外科手術のように切らないで済むというのも患者から人気の秘密のようです。しかし、臓器に傷が付いたり、傷口からメッシュが露出したり、痛みも出る患者もいるというリスクもあります。

また、最新手術では後遺症のほとんどない内視鏡下腹腔鏡手術によって、子宮上部を切り取り、腰椎に接合して臓器を釣り上げる手術方法が開発されています。

しかし、この手術方法は、実施できる施設も少なく保険診療適応外になります。しかし、これら外科手術によって、再発はほとんどなく推移するため、主治医とよく相談して治療方法を選択することが大切です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る