TOP > パーキンソン病

パーキンソン病を学ぶ

有名人の方もかかっていて、アメリカなどではチャリティも行われるなど、難病としての知名度は高いパーキンソン病ですが、認知症のようなものという誤解もあります。たしかに近いものがありますが、根本的な病気としての違いがあります。

・髄液検査で判断できる
パーキンソン病の発見には髄液検査でわかる!

どんな症状がでるの

パーキンソン病とは中年から高齢者にかけて増える病気の一つであり、運動がしづらくなっていくものです。例えば腕の曲げ伸ばしが出来ないようになり、筋肉が固まってしまうことなどが上げられます。手足が震えてしまうということも典型的な症状です。

主に脳による疾患だと考えられていて、進行性の病気の一種と言われています。つまり、どんどんひどくなっていく病気の一つといえるのです。

根本的な治療方法というのは確立していませんが、対処療法として毎日の生活の質を上げるという方法などが考えられており実行されています。

パーキンソン病は防げるか

こういった難病で一番気になるのは「どうやって予防したらいいのか」ということだと思います。

しかし今のところはパーキンソン病に関してこうしたら予防できるというような確実なものはありません。ワクチンなども存在していませんし、予防接種などもありません。

加齢によるものもありますが、若年性で発症するものもあり遺伝的な要素やその生活習慣によっても発症しやすくなったりしにくくなったりするなどの報告があります。

ただ、統計として多い・少ないという報告はありますが、それ以上の確定的な情報はないのが現状です。

・それでも予防したい
パーキンソン病の予防のためにしておきたい3つの事

パーキンソン病になったら

パーキンソン病に自分自身がなった場合、その兆候を感じたらすぐに病院へ行き専門の医師に診察してもらいましょう。

重要な事は早くからみつけて進行を遅らせることです。これは自分だけではなく家族に症状が見られた時も同様です。

手の震えなどの典型的な症状を見逃さないように、日頃から家族間のコミュニケーションを測っておきましょう。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

  • hand to support the old man

    痛風の原因、尿酸値が男性のパーキンソン病のリスクを下げる

    不公平な話ですが、研究によると高い尿酸値が男性においてのみ、パーキンソン病のリスクを下げることが判明しました。しかし高い尿酸値は痛風に直結します。判断に悩みますが、折り合いは付けら...

  • shutterstock_1288544832

    パーキンソン病は投薬治療の他「脳に電極を埋める」手術が効果的

    脳の活動異常によって発症するパーキンソン病は、徐々に身体が動かなくなる病気です。原因不明であり完治は難しい状況ですが、様々な治療法により進行を抑えることも可能です。中でも手術療法が...


  • パーキンソン病の発見には髄液検査でわかる!

    パーキンソン病は身体の運動量などの変化など発症しないとなかなかわかりにくく、発見することが困難な病気でした。しかし今回の試験で髄液を調査することでパーキンソン病が発見できることが分かりました。パーキンソン病と髄液検査法について解説いたします。 ...


  • パーキンソン病の予防のためにしておきたい3つの事

    パーキンソン病というと難病として名前を知っている人も多いのではないでしょうか。進行性の疾患ですが、適度な運動をしたり、効果があるとされる食べ物や飲み物をとることで予防に繋がると言われています。3つのポイントに分けて予防策をお教えします。 ...

キャラクター紹介
ページ上部に戻る