TOP > > パニック障害を治す!不安を減らすために、日常心がけることとは

パニック障害を治す!不安を減らすために、日常心がけることとは

普段と変わらない日常で、いきなり非日常を体験するパニック発作。その衝撃は想像を絶し、死を感じます。激しい動悸、めまい、呼吸ができなくなり、身体がこわばり動けない、冷や汗が信じられないほど流れ、現実感を失う…。病院で検査するも異常なしとの結果。こんなにはっきりと症状があるのに、異常なし…。

病院を転々としますが、結果は同じです。これがパニック症(障害)の典型的なパターンです。パニック症(障害)は精神疾患のひとつで、ストレスなどの原因により、脳に器質的な異常が生じたものです。そこにさらにストレスが負荷されると発症します。

発作の原因が不明の時にすぐに行うこと

この障害には危険な特徴があります。本人にストレスの自覚がなく、精神疾患と認めないことです。これはとても深刻な問題です。病院を転々としますが、本来行くべき精神科へは頑なに行きません。

そのために、悪化もしくは10年以上の長期化などに陥ってしまうことがあります。まず、必要なことは、身体に異常がないとの診断結果が出たら、かならずメンタルクリニック、心療内科、精神科などに行ってください。ますますパニックが悪化し、予期不安から、広場恐怖という家から出られない重症に陥る可能性があります。

“治る”病気です

この病気は“治る”病気です。安心してください。ものによっては治らないなどと書いているものがありますが、言葉の問題です。治ります。克服し、以前より幸せに暮らしている人もたくさんいます。不安にならず、安心してください。

日常的に行う不安感の克服

パニック症(障害)は精神疾患の中でも、薬がよく効く疾患です。かならず医師に処方された薬を飲んでください。さらに、考え方や感じ方などの心情面が大きく関わります。普段から、以下のことを心がけてください。

知識をつける

安心を手に入れましょう!パニック症(障害)の発作は強烈ですが、死ぬことは決してありません。気絶もほぼありません。まず安心し落ち着いてください。不安感や恐怖感は実際に感じますが、脳が間違って作り出したものです。

意思の力で克服できます。それには、「脳が間違って作り出しているもの」との認識が必要です。「また、脳が勝手に暴走してる!これは自分じゃない。冷静に対処してやる!」と考えます。大変ですが、かならず勝てます。

極小数ですが、まれに気絶することもあります。血圧の急な低下によるものです。対処できるので安心してください。本当に意識が遠のきそうになったら、足や腕などに力を入れてください。血圧が上昇し対処できます。そうでない時はあまりおすすめできません。逆効果になります。

周りの人に伝える

自分の家族、友人、職場などにパニックのことを伝えます。職場などに伝えるのは気がひける方は、軽く自分の状況を話し、その時のサポートをお願いしておくと安心できます。不安がパニック発生の大きな原因になるので、周りの人が知っていてくれるという安心が、とても自分を落ち着かせます

不安の発症原因を把握し慣れる

パニックが起こる状況はある程度決まっています。自分の心因と絡んでいるからです。人と話す時、人前で話す時、電車やバスに乗る時、出張などに行くときなど。その原因が見つかったら、徐々にそれに慣れていく練習をしましょう。本当に少しずつです。誰かに手伝ってもらうことも必要です。パニック障害に対し、「慣れ」はとても強力な武器です

脳を落ち着かせる

これは瞑想や呼吸法です。瞑想は前頭葉を活性化させ、暴走している扁桃体を落ち着かせ、基底核の誤作動を正します。長期的に行うことで、機能的異常を正常に戻します。

さらに感情をコントロールする前頭葉の一部を拡大させるので、常に穏やかで優しく、冷静な感情を手に入れることができます。腹式呼吸や丹田呼吸も似たような効果があります。常日頃から行うことをおすすめします。

気を逸らす

日常的に襲ってくる不安感には、焦点を合わせないことが重要です。襲ってくること自体は事実なので、そういうものだと受け入れますが、そこに集中してしまうと、脳が不安に対し活性化し続けます。

不安の予兆の段階で、他に気が紛れることに集中してください。目の前の仕事でも、ゲームでも本でも音楽でも何でも構いません。うまく逸らせなくてもかまいません。焦る必要もありません。そのうち上手くなるので、繰り返し行ってみてください。

その他の対処法

普段から睡眠をしっかりとり、しっかり食べて元気をつけてください。カフェインやアルコール、それからタバコは控えましょう。これらは特に悪影響があります。

克服後の人生を楽しみに!

パニック症(障害)はインパクトが大きいだけに、克服後は人生観が変わることがあります。普通の生活の素晴らしさに気づきやすいのです。ですから、ぜひ自分のペースで克服し、後に待っている幸福感をじっくりと満喫してください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る