TOP > パニック障害

パニック障害の症状

パニック障害とは、パニック発作と呼ばれる、強い不安をもった発作が突然起きる症状を繰り返す病気で、不安障害のひとつです。原因ははっきり分からないとされていますが、脳機能異常に問題があるのではないかと言われています。

症状としては、原因やきっかけがないにもかかわらず、急に不安が強くなり、激しい動悸や息切れ、胸の不快感、息苦しさ、異常な発汗などを伴い、このまま死んでしまうのではないかという恐怖感に襲われます。

ほとんどの場合、10分から1時間で発作は治まります。

初めて発作を起こされた方は、心臓発作と勘違いして救急車などで病院を受診されるのですが、病院に到着する頃には発作も落ち着き、さまざまな検査をしても異常が見られないというのが、このパニック発作の特徴でもあります。

パニック発作を起こすと、またいつ起きるのかという不安(予期不安と呼びます)を抱えることになり、一人で電車に乗ることや外出することに不安(広場恐怖と呼びます)が生まれ、パニック発作、予期不安、広場恐怖が悪循環となって、うつ病を併発する場合があります。

精神科や心療内科を受診し、薬物療法、認知行動療法に取り組みましょう。また、家族や周囲の人は、気の持ちようではなく、病気なのだということを理解し、患者を支えてあげてください。

こちらのカテゴリでは、パニック障害はどんな病気であるのか、パニック障害の予防方法とは、パニック障害の対策法とは、などをご紹介しています。

パニック障害の知識

パニック障害の原因はまだはっきり分かっていませんが、過労や睡眠不足、風邪などの身体に悪条件がある、ストレスが蓄積している、などが引き金になって起きる傾向が見られます。

短時間の発作ではありますが、動悸やめまい、発汗、息苦しさなど、とても苦しい病気です。必要であれば仕事を休養し、リラックスした環境で過ごすのも、症状を改善するにはよいでしょう。

心療内科、精神科を受診し、抗不安薬や抗うつ薬を飲むことで、症状は落ち着いてきます。

・パニック障害はこんな病気です
芸能人が続々告白!パニック障がいって一体なに?

パニック発作はまだあまり知られておらず、理解をしていただくのは難しい現状にあります。症状が人それぞれで、個人差が大きいものであることから、分かりにくいこともあるでしょう。症状の例として、いくつかご紹介いたします。

ご自分や家族の方に当てはまるような症状があれば、精神科や心療内科を受診されてみられてください。

・症例を参考に
患者の数だけ症状があるーパニック障害患者の症例まとめ

パニック障害の予防方法とは

パニック障害の原因は、今もなおはっきりとはしていません。ですが、脳内神経伝達物質のバランスが崩れることが原因のひとつではないかということが分かってきています。

恐怖や不安を感じたとき、脳内にはノルアドレナリンという物質が増加し、興奮しているときは、ドーパミンという物質が増えています。

それらを抑える役割をするのが、セロトニンという物質ですが、パニック発作を起こされる方はセロトニンが分泌されていないということが分かり、発作にはこのセロトニンが大きく関与しているのではないかと言われています。

そこで、セロトニンを増やす食事を取り入れることが、予防に役立つのではないかと考えられ始めています。

・予防に効果がある食べ物とは
突然不安に襲われるパニック障害を予防する!その鍵は食べ物だった

パニック障害の対策方法とは

パニック発作は、患者にしてみれば、とても苦しく辛い症状です。ですが、発作が落ち着くと、何も問題がないように見えてしまいますし、うつ病を併発してしまうと、ダラダラして怠けている。というような印象を持ってしまいます。

家族や周囲の人は、パニック障害が気の持ちようなどではなく、病気であることを理解する必要があります。また、規則正しい生活、バランスのよい食事、十分な睡眠が確保できるよう、サポートをしてあげてください。

・周囲の人ができること
パニック障害の子供を救え!病気を長期化させない為に出来ることは?

パニック障害克服法とは

パニック障害は、精神科や心療内科を受診すると、薬物療法、認知行動療法という治療法を勧められます。ですが、薬を服用するということは、副作用もあるということを覚えておく必要があります。

パニック発作を起こすと、このまま死んでしまうのではないか?という恐怖に襲われますが、パニック発作で死に至ることはありません。このことをしっかり理解するだけでも、薬に頼る必要がなくなる場合があります。

このほかに、食事でセロトニンを増やす。腹式呼吸で自律神経をコントロールし、発作を起こりにくくするなど、自分でできることは意外とあるものです。

・焦らず気長に
パニック障害は克服できる!薬に頼らずパニック障害を自分で治す方法

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

  • パニックストレス女性

    パニック障害になりやすい人の特徴は?発作の症状と4つの対処法

    パニック障害は理由もなく急にパニック発作が起こる一種の不安障害です。パニック障害を引き起こす人に多い気質やライフスタイル、そして発作の兆候が見られた時の対処法について説明していきま...

  • shutterstock_138176333

    パニック障害の有効な治療はウォーキング!適度な運動がベスト

    「パニック障害」はなかなか治りにくい心の病と言われています。昨今は良い薬も出来ているのですが、根本的な治療になっていません。様々な薬以外の治療法が考えられていますが、今回ウォーキン...


  • パニック障害は治るの?必ず治ります!!寛解と完治の意味の違い

    パニック障害は治ります。安心してください。パニック障害は「治らない」などと、ネットなどでもよく見かけます。これはどうしてこのような言葉が飛び交うのでしょうか。それは医学的用語の「完治」と「寛解」の違いにあります。ではそのそれぞれの意味を見てみましょう。...


  • パニック障害を治す!不安を減らすために、日常心がけることとは

    パニック障害。非常に強く死をも感じさせる発作を生じます。しかし、病院などの検査では身体に以上がありません。これは精神疾患になります。この病気を克服するために、日常行うことをご紹介します。まずは知識により安心を手に入れることが回復の第一歩です。...


  • パニック障害での突然のパニック発作!直前直後、緊急時の対処法

    急なパニックで死を感じてしまうパニック症(障害)。このパニックはそれは強烈で、激しい動悸、身体は硬直し、過呼吸に陥り、奈落に落ちていくような感覚に襲われます。このパニックに起こりそう、また、起こった時にどうしたら良いのか。この混乱のなか冷静になるための対処法をご紹介。...


  • 原因不明の発作。一過性と言われたら危険!それはパニック障害

    日常的な場面で起こる深刻な発作。死を覚悟するほどの強烈な発作を起こしたのに、病院では原因不明。「一過性のもの」「過呼吸」と言われ片付けられることが多いのです。これはパニック症(障害)と言われる精神疾患ですです。精神科に行くのは気が引けるかもしれませんが、すぐに受診を!...


  • 20代の女性に多いパニック障害!楽に心が落ち着つく方法を紹介

    最近若い世代でパニック障害が増加しています。特に20代の女性が増加しており、日常の生活レベルの低下に繋がっているようです。急な不安や恐怖は自分では処理できずに困惑してしまいますが、ちょっと考え方を変えるだけで心が軽くなるのです。心を落ち着かせる方法を紹介。...


  • 嘔吐に不安を感じる人は嘔吐恐怖症かも?どんな人は治すべき?

    自分や他人が嘔吐することに強い不安を感じてさまざまな支障が出てしまう不安障害を嘔吐恐怖症といいます。誰でも嘔吐に不快感を持つのが普通ですが、こんな症状が見られる人は嘔吐恐怖症が疑われるので治療を受けたほうが良いと考えられます。 ...


  • 突然不安に襲われるパニック障害を予防する!その鍵は食べ物だった

    電車やエレベーターなどで急に不安が襲ってきて、心臓の鼓動や呼吸が乱れてしまい、また酷い時には気を失う場合もあります。これがパニック障害と呼ばれている病気であり、脳内物質のバランスが崩れることで発症するとも言われています。パニック障害を予防する食生活を紹介。 ...


  • パニック障害は克服できる!薬に頼らずパニック障害を自分で治す方法

    パニック障害という症状はなかなか人に理解してもらえないところも多いのですが、芸能人にもパニック障害をカミングアウトしている人がいることから注目されています。どうしても薬に頼ってしまいがちですが、くるしに頼らずパニック障害を克服する方法を紹介します。 ...


  • パニック障害の子供を救え!病気を長期化させない為に出来ることは?

    突然の動悸、過呼吸、めまいなどの症状で、時には救急車を呼んでしまうこともあるパニック障害。本人もご両親も戸惑ってしまうことでしょう。この病気は概して予後は悪くありませんが、放置しておくと他の精神疾患を併発する可能性も。病気が長期化しない為に出来ることは何か?親の視点から考えます。 ...


  • 患者の数だけ症状があるーパニック障害患者の症例まとめ

    自分の症状はパニック障害?と気になってる時や、自分の症状が一般の症状と異なる時は不安な気持ちになりがちです。そんな時はついついインターネットで症例を探してしまう…という方は少なくないのではないでしょうか?ここではパニック障害患者の実体験をまとめてみました。 ...

キャラクター紹介
ページ上部に戻る