TOP > > 実は恐ろしい病気が隠れている?息切れから考えられる5つの病気!

実は恐ろしい病気が隠れている?息切れから考えられる5つの病気!

激しい運動後の息切れは、誰にでも起こり得る現象ですよね。でも、ふとした時に起こる息切れは、少し心配です。実は、息切れの症状を伴う病気がたくさんあります。そこで今回は、息切れを伴う主な病気を5つご紹介します。

息切れの原因は自然気胸?

1つ目の息切れの原因として考えられる病気は、「自然気胸」です。自然気胸の場合、息切れ以外に、胸の痛みを伴います。また、乾いた咳が出る事もあります。しかし、安静にしていれば症状が落ち着くという側面もあります。

軽度な場合は経過観察で様子を見る事が多いですが、重症化すると治療が難しくなっていきます。ですから、息切れ、胸の痛み、乾いた咳が続く方は一度病院で診察を受けてください。もしかしたら、息切れの原因が自然気胸である可能性も否めません。

息切れの原因は更年期障害?

2つ目の息切れの原因として考えられる病気は、「更年期障害」です。更年期障害は、閉経前後10年くらいに起こる症状で、多くの女性が経験する事で知られています。更年期障害では、頭痛、イライラ、腹痛、多汗など様々な症状が現れます。そしてそんな症状の一つに、息切れも存在します。

更年期障害が原因の息切れの場合、病気ではありませんので、それほど心配はいりません。しかし、生活に不便を感じるようでしたら、漢方科や婦人科などを受診して、更年期障害の治療を受けてください。

息切れの原因はバセドウ病?

3つ目の息切れの原因として考えられる病気は、「バセドウ病」です。バセドウ病は、甲状腺ホルモンの過剰分泌が原因で起こる病気です。手の震えや息切れ、倦怠感などの症状が現れます。

特に20代~30代の女性が、かかりやすい病気として知られています。悪化すると手術が必要になる事もあります。しかし、初期の段階でしたら薬の服用で症状が落ち着く事もあります。まずは病院で治療を受けてください。

息切れの原因は肺がん?

4つ目の息切れの原因として考えられる病気は、「肺がん」です。肺がんは、男性がかかりやすい癌として知られています。特に喫煙者は、非喫煙者と比較すると肺がんのリスクが高い事で知られています。ただ、肺がんの場合、早期発見できれば完治する確率が非常に高いです。

息切れ、胸の痛み、咳、体重の減少などがある方は、肺がんの疑いもありますので、一度検査をしておくと安心ですよ。

息切れの原因は貧血?

5つ目の息切れの原因として考えられる病気は、「貧血」です。貧血は、ヘモグロビンが減少する事で起こる病気です。女性に多く、息切れの他に、めまいや体のだるさを訴える人が多いです。また、妊娠中は貧血になりやすいですので、なるべく鉄分の多い食品を摂るようにしてください。

鉄分の多い食品は、鶏レバー、青のり、干しエビ、ホウレンソウなどがあります。貧血予防の為、こういった鉄分を多く含む食品を摂る事が必要です。

このように、息切れを伴う病気はたくさんあります。つまり、息切れが他の病気のサインとなっている場合があるという事です。ですから、息切れが続く方は、病院で診てもらった方が安心ですよ。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る