TOP > 動悸

動悸に詳しくなろう

普通に生活をしている時には感じない心臓の鼓動を、安静時に感じることを動悸と呼びます。動悸を感じるのは脈が突然早くなったり(頻脈)遅くなったり(除脈)する時です。

さらに、一瞬だけ「ドクン」と大きく鼓動する場合もあります。日常生活に支障がないことも多く、健康診断などで心電図を取っても異常がないという結果になることもあります。

ですが異常に気づかず、病気の発見が遅れ、気づいた時には命に関わるような症状が出ることもあり、注意しなくてはいけません。

こちらのカテゴリでは動悸の予防、改善策、動悸に隠れた病気、治療方法などをご紹介いたします。

・頻脈や除脈の目安
持病のない健康な成人の正常な脈拍数は1分間に60回から100回程度です。100回を超える場合を頻脈と呼びます。そして、1分間に60回以下の場合を「除脈」と呼びます。

動悸の原因

動悸の原因にはストレスや過労で起こる軽いものから、心臓や肺に関する命に関わる病気が起こるものまであります。動悸、不整脈を感じたらストレスかな?と放置せず、一度検査をしてみましょう。早めの対処で改善が期待できます。

・改善
ストレスからくる動悸やホルモンバランスが崩れて起こる動悸などはストレス解消やホルモンの調整などをすることで改善することができます。

寝る時の動悸が息苦しいせいで目覚めてしまう人に効果的な改善策

・簡単にできる予防法
動悸が激しくなると息切れもします。ちょっとしたことで息切れを起こしてしまうととてもつらいですね。息切れを予防することで動悸の予防にもなることもあります。

息切れの予防には血圧を急に上げるアルコールや塩分を控えるという予防法や食事で予防することができます。毎日の生活の中にできる範囲で取り入れてみましょう。

息切れに悩んでいませんか?ツライ息切れを予防する5つの方法!

治療

心配のない頻脈はストレスやアルコールで起こる一時的なものや驚いた時などに起こるものなどですが、1分間の脈が150回を超えると息苦しかったり、血圧が下がったりします。120回を超えるようであれば危険な状態です。

また、脈が遅くなったり早くなったりとバラバラな脈が続くのも要注意です。脈がおかしいなと思ったら、まず記録をとってみましょう。

受診する際に細かく医者に伝えることで正しい判断をしてもらえます。隠れた怖い病気を見つけるためにも症状を残らず医者に伝えることが大切です。

何もない時に突然ドキドキする頻脈。原因によっては治療が必要です。

・動悸に隠れた恐ろしい病気
動悸と同時に起こる症状に不整脈や呼吸困難、貧血などの症状が現れると深刻な命に関わる病気が隠れていることもあります。

こういう場合はできるだけ早く受診するようにしましょう。不整脈が原因ではない動悸は心臓などの重篤な病気が隠れている可能性が高いので特に注意しなければなりません。

実は恐ろしい病気が隠れている?息切れから考えられる5つの病気

・心房細動とは
ペースメーカーを使用すると規則正しく血液を全身に送り出すことができるようになります。

このペースメーカーの信号で動いている心臓の筋肉がうまく反応せず、ペースメーカーが勝手に不規則な信号を出すことにより、ひどくなると心臓が小刻みに震えるようになります

。この状態はいつ心臓が止まってもおかしくない状態なのです。少しでもおかしいと思ったらすぐに受診しましょう。

ただの動悸と勘違いすると大変なことに!心房細動はこんな危険な病気

・つぼ押しで改善
動悸で息が苦しくなった時に役立つツボがあります。腕の中央にある「げき門」というツボです。腕の内側、肘と手首の真ん中より少し手首に近い位置にあります。

この「げき門」は心臓発作にもいいらしく、救急車が来るまでの立派な応急処置になります。

・治療方法
治療方法は原因により様々です。動悸がなかなか収まらない場合や何度も起こる場合は治療が必要となります。原因となる病気(急性心筋梗塞や肺塞栓症、バセドウ病など)の場合はその病気の治療をすることで改善します。

薬物で改善するものに関しては薬物治療が適用されますが、それが効かない症状の場合は心臓の収縮と拡張のリズムを整えるためにペースメーカーや植え込み型除細動器などの治療方法があります。

また、心房細動など重症な場合は外科手術で直接原因を取り除くという治療もあります。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る