TOP > > 年を取ってからでは遅すぎる!食事から始める骨粗鬆症予防

年を取ってからでは遅すぎる!食事から始める骨粗鬆症予防

骨粗鬆症って?

今では誰もが耳にしたことのある病名、骨粗鬆症。みなさんはこの病気にどのようなイメージを持たれていますか?おそらくは高齢者に発症する病気であるとか、骨がスカスカになって骨折しやすくなるだとか、男性よりも女性に多いという印象があるでしょう。

これらはおおむね正しいです。骨粗鬆症が発症するのは高齢者に多く、40代ではほとんど発症しません。そして骨がスカスカになるという表現も適切であり、大腿骨のような太い骨さえも簡単に折れるようになってしまいます。また、女性の発症率は男性のおよそ4倍なのです。

こうした印象から、骨を丈夫にするためにカルシウムを摂れば良いのだということは分かりますが、栄養学的な観点から見るとそれでは不十分なのです。では、どうしなければならないのか。骨粗鬆症について正しい認識をしながら確認していきましょう。

骨粗鬆症は40代から進行する

骨粗鬆症の定義は、簡単に言うと骨密度の減少です。骨密度というのは骨の強さを表す指標です。骨の成分であるカルシウムなどのミネラルを骨量という言い方をしますが、この骨量はどんな人でも40代から(30代からとも言われています)徐々に減少します。これは加齢現象であり、避けて通ることは出来ない道です。

加齢が進むと、女性の場合閉経を迎えます。実はこの閉経がターニングポイントとなる時期です。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、骨のカルシウムを吸収するホルモンを抑制する効果を持っています。

ですが閉経によってこのエストロゲンが分泌されなくなるとその効果は失われ、骨量が減少しやすい状態になるのです。これが、女性が男性より骨粗鬆症になる割合が高い理由です。

60歳以降になると、加齢によってホルモンのバランスが変わり、より一層骨量を維持できない状態となります。食事がおろそかになったり、家にひきこもりがちだったりすると、さらに骨量は減少し、やがて骨粗鬆症となります。

これらのことから分かるように、骨粗鬆症は年を取ってから罹る病気ではなく、若い内から徐々に進行していく病気なのです。

まずはカルシウム、そしてビタミンD

先ほどカルシウムだけでは不十分と説明しましたが、カルシウムを摂ることがもっとも重要であることに変わりはありません。カルシウムが骨の主要成分なのですから。そのカルシウムですが、元々あまり吸収率の良いものではありません。ですから、どのようにしてカルシウムを上手に吸収するかが大事になってくるのです。

そこで注目すべきはビタミンDです。ビタミンDは体内でカルシウムを腸管から吸収しやすくする働きをします。また、骨にカルシウムを沈着させたり、カルシウムが尿中に流れ出るのを防ぐ役割をしてくれます。

魚に多く含まれているビタミンDですが、これは体内で合成することが出来るビタミンです。しかし黙っていて合成されるわけではありません。合成には太陽の光を浴びることが必要なのです。つまり、お金や時間をわざわざ費やすことなくビタミンDは一定の量を作ることが出来るということです。

ここで疑問に思う方はいらっしゃいませんか?ビタミンDの原料は一体何かということを。実はビタミンDの材料になるのは、コレステロールです。悪いイメージばかりがつきまとうコレステロールですが、ホルモンの合成や生体膜に関与したりと、コレステロールは重要な物質なのです。

このことから分かるように、ビタミンDは紫外線を浴びることによって体内で合成されますが、食事がおろそかで栄養が足りていなければ材料不足となり、ビタミンDは思うように合成されないのです。

まとめ

骨粗鬆症の予防は、若年期からのカルシウム摂取が重要です。その上でビタミンDの摂取や合成を考えると効率よくカルシウムを摂取することが出来ます。もちろん、骨粗鬆症を予防するために重要なポイントはこれだけではありません。ですが基本は、こつこつとカルシウムを摂り、骨を強い状態に維持することです。

牛乳、ヨーグルトなどのカルシウム源を食べ、晴れた日には歩いて買い物に行くなど、普段の生活で可能なことから実践していくと良いでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る