TOP > > 骨粗しょう症予防には睡眠が大切!強い骨を作るための快眠法

骨粗しょう症予防には睡眠が大切!強い骨を作るための快眠法

骨粗しょう症は、女性の多くがかかる病気として有名です。60代女性の2人に1人。70代女性に至っては、10人に7人もの人が骨粗しょう症だと言われているのですよ。つまり女性は年を取ると誰でも骨粗しょう症になるリスクがあるという事です。

骨粗しょう症予防にはカルシウムが良い事で知られていますよね。でもカルシウムだけではなく、睡眠も同じように重要です。実は眠っている間に成長ホルモンが分泌され、丈夫な骨を作っているのです。

特に22時から深夜2時は、成長ホルモンの分泌量が多い時間帯です。ですから、この時間にぐっすり眠る事が、強い骨を作る事につながるのです。そこで今回は、強い骨を作るための快眠方法を大発表します!ぐっすり眠って強い骨を作りましょう。

朝日を浴びて体内時計を整えましょう!

眠れないと悩んでいる方の多くは、体内時計がくるっています。ですから、まずは体内時計を整える事から始めてください。体内時計を整える最も良い方法は、朝日を浴びる事だと言われています。

朝日を浴びると、今までくるっていた体内時計が正常化します。体内時計が整うと、夜眠たくなり、ぐっすりと眠る事ができます。また朝日を浴びるメリットはもう一つあるんですよ。

これは朝日と言うよりも「太陽」なのですが、太陽を浴びると肌がビタミンDを作り出します。ビタミンDには、カルシウムの吸収率をアップする働きがあります。つまり、骨粗しょう症の予防になるのです。ですから、朝起きたら朝日を浴びるようにしましょう!

規則正しい生活と適度な運動をしましょう!

ぐっすり眠るためには、生活にメリハリをつける事が大切です。ダラダラ一日を過ごしてしまうと、体内時計がくるってしまい夜眠たくならないのです。ですから、規則正しい生活を送るように心がけてください。

また夕方ウォーキングなどの運動をする事もお勧めですよ。体を動かすことで体温が上昇します。そして眠るくらいの時間になると、適度に体温が低下していき自然と眠くなるのです。

ウォーキングやジョギング、ストレッチなど軽めの体操で構いませんので、無理のない範囲で体を動かしてください。これだけでも夜ぐっすりと眠れるようになるかもしれませんよ。

眠る前にリラックスする時間を設けましょう

不安な事や苛立つような事があると、どうしても眠れなくなります。やはりぐっすり眠るためには、リラックスする事が大切になるのです。モーツアルトの音楽を聴いたり、雑誌を読んだりなど好きな事をしてその日あった嫌な事をリセットしましょう。ゆったりとした気持ちになる事で、夜もぐっすり眠れるようになります。

このように体内時計を整えたり、規則正しい生活、適度な運動、リラックスをするといった方法で夜ぐっすりと眠れるようになるかもしれませよ。ぐっすり眠って強い骨を育てましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る