TOP > > 閉経後は特にご注意を!ホルモンバランスの崩れで骨粗鬆症に

閉経後は特にご注意を!ホルモンバランスの崩れで骨粗鬆症に

女性ホルモンの減少に由来する骨粗鬆症

女性に多い骨粗鬆症ですが、その理由は元来、男性よりも骨量が少ないことにあります。もともと男性に比べ骨の量が少ない上に、女性は更年期を迎えるとホルモンバランスの乱れが著しくあらわれます。特に女性ホルモンの減少が骨の形成に影響を与えてしまうのです。

本来の骨粗鬆症の原因は老化現象の一つであり、骨代謝の異常によるものですが、閉経後、女性ホルモンの減少が原因で起こるものを「閉経後骨粗鬆症」と呼びます。

女性は60歳を超えると、全体のおよそ半数を超える方が骨粗鬆症に罹患しているといいますが、その殆どが、女性ホルモンの減少による「閉経後骨粗鬆症」といえます。

骨密度に関係する女性ホルモン

骨は人間の成長過程においての、一定の厚み、密度などの強さが保たれています。骨の成長が終了した後も、骨は代謝により強度を保ち続けます。

この仕組みはリモデリングと呼ばれるもので、破骨細胞による骨の吸収、骨芽細胞による骨の形成で、骨の質を変えない為に行われるものです。まず、破骨細胞により古くなった骨は破壊、吸収されます。そののち、骨芽細胞による形成で新しい骨になりその丈夫さを保っていくのです。

女性ホルモンの減少はこの、リモデリングに影響を及ぼします。女性ホルモンであるエストロゲンは、破骨細胞を活性化させてしまう働きがあります。その為、骨の吸収の速度が速くなり、形成の方が追い付かなくなってしまうのです。

骨の吸収、形成のバランスが崩れ、骨の内部の海綿骨の骨量が減ってしまう状態こそ、骨密度の減少というわけです。このような現象は閉経後だけでなく、無理なダイエットや月経不順などで、ホルモンバランスを崩している女性にも起こりますので、若年性の骨粗鬆症にも気をつけましょう。

閉経後に気をつけたい3つの注意点

1.骨の形成に必要不可欠なカルシウム、リン、ビタミンDを積極的に摂取する

骨の吸収が進んでしまうので、形成に必要な栄養素を十分に摂取しましょう。食事からの摂取と日光に当たることもお忘れなく。太陽を浴びると体内でビタミンDが生産されますので効果的です。

2.継続した運動をして体を鍛える

身体を動かし、骨に負荷をかけることによって、骨の形成を促す信号が活発になります。また、筋肉を鍛えることで骨への衝撃を軽減する効果が期待できます。続けやすく効果的なのはウォーキング。無理のない程度、散歩を日課にしましょう。

3.喫煙、飲酒を控える

喫煙は女性ホルモンの働きを低下させてしまいますので、閉経後、喫煙を続けるのは大変危険です。飲酒はたしなむ程度ならストレス解消にも良いですが、多すぎるアルコールは骨の形成に必要なビタミンDを大幅に減少させてしまうので、ご注意を。

意外と多いのは無自覚な骨粗鬆症

痛みや骨折などの症状が無ければ、発覚しづらいのが骨粗鬆症です。骨の密度が減っていることは普段の生活では全く気付くことができませんね。更年期、閉経を迎えたら定期的に骨密度を測定しましょう。

骨粗鬆症の恐ろしいところは、寝たきりになる可能性があるところです。ちょっとしたことで転倒を繰り返してしまったり、骨折を繰り返してしまったり。高齢になると治癒にも時間がかかりますので、その間に筋力も衰え、あっという間に寝たきりになってしまう恐れがあるのです。

元気でいても、体を動かすのが困難では楽しみも半減してしまいますね。いつまでも、心身ともに元気で過ごす為にも、閉経のタイミングに骨の健康を是非見直してみてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る