TOP > > 閉経後は骨粗鬆症の危険大!エストロゲンが減って骨は急にスカスカに

閉経後は骨粗鬆症の危険大!エストロゲンが減って骨は急にスカスカに

閉経前後の更年期と呼ばれる頃から、女性の体は徐々に変化してきます。女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少することで、様々な病気にかかりやすくなってしまうのです。

そのひとつが骨粗鬆症。エストロゲンの減少によって、骨はどんどんスカスカになっていってしまうのです。

エストロゲンは骨を守ってくれていた

エストロゲンは、女性らしいふくよかな体つきや瑞々しい肌を作ってくれます。そして骨を守る働きもしていたのです。

どんな時も変化ないようにみえる硬い骨ですが、実は常に新陳代謝を繰り返しています。破骨細胞によって古い骨からカルシウムが溶け出して壊れていき、骨芽細胞によって骨にカルシウムが蓄えられてまた新しい丈夫な骨が出来上がっていきます。

更年期になるまで、エストロゲンは破骨細胞の働きを抑えてくれていました。エストロゲンのおかげで、骨からカルシウムが溶け出すスピードと骨にカルシウムが蓄えられていくスピードのバランスがとれていたのです。

他にもエストロゲンはビタミンDの動きを良くして、食事からのカルシウム吸収を高めてくれていました。

しかし閉経近くになってエストロゲンが急に減少してしまうと、破骨細胞の働きを抑えるものがなくなります。骨に蓄えられるカルシウムよりも、溶け出してしまうカルシウムのほうが増えてしまい、骨はどんどん弱くなってスカスカになっていってしまうのです。

骨がスカスカになっていても、なかなか気づかない

骨粗鬆症の怖いのは、骨がスカスカになっていっていてもなかなか自分でそれに気づかないことです。ひどくなると圧迫骨折と言って、骨が自分の体重を支えきれなくなり押しつぶされていくこともあります。しかし徐々に起きているため、骨折しても気づけないことも多いのです。

お年寄りになると背中が曲がってくるのはこのためです。背中が曲がるために背が縮んでしまうだけでなく、心臓や肺が圧迫されて動悸や息切れが起きたり、胃腸の調子が悪くなって胸やけすることもあります。このような症状があっても、その原因が骨粗鬆症とは気づかないかもしれません。

そしてある日突然骨折をして、骨粗鬆症に気がつきます。でも骨折してしまってからでは遅いのです。足の付け根部分を骨折してしまうとしばらく入院生活となり、そのまま寝たきりになってしまうことも少なくありません。

寝たきりになってしまうと、今までの生活とは一変してしまいます。また寿命も短くなってしまうとされます。

骨粗鬆症を予防するには

骨粗鬆症を予防するには、まず自分の現在の骨の状況を知っておいて下さい。閉経前からは必ず定期的に骨密度検査もするようにしましょう。そして生活習慣も見直していって下さい。

この時期になると残念ながらもう骨を作っていくことはできませんが、骨量が減少していくスピードを緩やかにさせることはできます。

それにはまずカルシウムを摂ることです。牛乳・乳製品、大豆製品、小魚、小松菜や青梗菜といったような野菜をバランスよく摂るようにしていきましょう。納豆も骨粗鬆症の予防によいと言われます。

そして運動も大切です。骨に負荷をかけると、骨は強度を保たないといけないと判断します。それによって骨量減少が抑えられるのです。無理はしない程度に、日常生活の中でなるべく歩くようにしたり、エスカレーターではなく階段を使うようにしてみて下さい。

タバコを吸う方は骨粗鬆症になりやすいので、できれば禁煙したほうがよいでしょう。また遺伝的な傾向も強いため、親が骨粗鬆症だったという方は特に気をつけていくようにして下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る