TOP > > スポーツマンがなりやすい肘の痛みは変形性肘関節症。その対処法とは

スポーツマンがなりやすい肘の痛みは変形性肘関節症。その対処法とは

スポーツと関節症の関係

スポーツと切っても切り離せないのは、体への負担です。十分に準備運動をしていても、熟練であっても、なぜ故障が起こるのでしょう。スポーツによる故障の原因は怪我だけではなく、関節や筋肉を酷使することも大きく関わっています。

野球、テニスやゴルフなど、肘関節を酷使するスポーツは肘の関節症を引き起こします。長時間スポーツを続けていると、負担がかかる関節部が炎症を起こし痛みますね。通常ですと、冷やして痛みが引くまで安静にしていますと炎症も治まります。

この炎症が治まらないうちに、繰り返し、長年、肘の関節に負荷をかけ続けていますと、関節軟骨がすり減り、変形が起こります。また、骨棘(こっきょく)と呼ばれる骨でできた突起物が関節内部に発生してきます。このような肘関節部の変形による関節症が〔変形性肘関節症〕です。

変形性肘関節症は、

  • 一次性:スポーツなどによって、肘関節に限度を超えた負荷がかかった場合に起こるもの。
  • 二次性:怪我などの外部要因によるもの。

このように分類されており、一次性の変形性肘関節症患者はスポーツ選手に多いのが特徴です。

セルフケアは危険!整形外科を受診しましょう

変形性肘関節症は、症状が進行する場合がありますので、長く関節症を抱えている方は一度、整形外科を受診すると安心です。湿布を貼っていれば治るから大丈夫と思っていませんか?そのときは痛みが緩和されているようでも、根本治療にはなりませんのでご注意を。

関節症の治療には時間がかかりますし、なかなか改善がみられないことで通院を途中でやめてしまう例もあるようです。しかし、恐ろしいことに重度になると関節が固まってしまい、スポーツだけでなく日常生活もままならなくなる可能性がありますので、きちんと正しい治療を受けましょう。

保存的治療

日常生活に支障がなければ、保存的治療が行われるのが基本です。日常生活への支障レベルの具体例を挙げますと、

  • 食事を口に運ぶことができるか
  • トイレの処理をできるか

等の、身の回りのことが自分でできるかどうかが目安になります。

〔薬物療法〕消炎鎮痛剤で痛みを緩和する対症療法
〔理学療法〕温熱、レーザー等での痛みの緩和。可動域維持のためのリハビリ
〔安静・外固定〕シーネ、装具で固定。運動の制限

症状の軽減が主な目的ですが、リハビリは進行を食い止めたり、動きをよくしたりと、予防や改善も期待できます。

手術的治療

関節の可動域があまりに狭まっている、常に疼痛がある、日常生活に支障がある等の場合は、手術的治療も医師により検討されます。特に、スポーツ選手や大工といった仕事に支障が出る患者の場合は、手術による根本治療をすすめられることが多いようです。

肘関節内部に発生した突起物“骨棘”は、その性質上、関節の動きを制限してしまう場合が。さらに進行すると骨棘が折れて関節内に“遊離体”となってさらに動きの障害となります。

この骨棘の剥がれた“遊離体”は、突然激しい痛みが起こり曲げるも伸ばすもできなくなる“ロッキング”と呼ばれる症状の原因ともなります。遊離体は動きがあるため関節内に入り込み、つかえたり痛みを引き起こしたりするのです。

手術的治療は、可動域を正常に戻し、痛みを取り除くため、骨棘や遊離体の摘出手術などの症状に合わせた手術が行われます。

なるべくなら手術は避けたいと考えてしまいがちですが、またスポーツを楽しみたい、日常生活を取り戻したいという希望を、主治医とじっくり相談したうえでの判断が大切ですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る